エガオノダイカ 感想 

タツノコプロ創立55周年企画のオリジナル作品「エガオノダイカ」を完走した。
2019冬の数少ないロボットアニメ枠ということで視聴を開始したものの、正直途中から嫌な予感がしていたことを告白しておこう。
そして一応最後まで観ないと評価はできないと思って見届けたが、おそらく大方の視聴者と感想は同じだ。

頭ハッピーセットかよ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エガオノダイカ 1【Blu-ray】 [ 花守ゆみり ]
価格:7047円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)



そりゃないぜ。
オリジナル作品の強みは自由度の高さにあるはずなのに、その自由に耐えられず崩壊する作品が後を絶たない。
エガオノダイカも話が進むほど設定の破綻が露呈していき、尺の問題など物ともしない「ヒロインの雑な暴走」の果てにヒマワリが咲く文字通りのお花畑END。
結果オーライで済ませる制作陣に恐怖すら感じる。悪い冗談だ。


以下ネタバレあり
[ 2019/03/27 00:31 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想 

 2017年4月2日(日)の夕方、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた。放送終了後に賛否両論が入り乱れるのはガンダムシリーズの常だが、今回も例に漏れず大きな話題になっている。



 最近とあるサイトで「創作物を減点評価で批評する不毛さ」をかいま見る機会があった。それを己の戒めとしつつ、しかし『鉄血のオルフェンズ』を観終わった率直な感想を記しておこうと思う。
 もはや「アリかナシか」という二者択一で作品を語るのはナンセンス。円盤の売上も消費者とのマッチングの成否を推測するデータに過ぎない。オリジナル作品はすべてアリというのが前提だ。


 しかしながらまず『鉄血のオルフェンズ』の脚本が極めて歪であると宣言しておかねばならない。というのも、そもそも鉄血世界が歪なものとして設定されており、歪な世界を管理する装置がギャラルホルンだからだ。妙な言い回しになるが、実際そうなのだから仕方ない。

 最終話の後半でようやくギャラルホルンが「現状維持のための暴力装置」ではなく「時代の要請に沿って世界の在り方を調節する機構」であることが視聴者に明かされた。
 つまりギャラルホルン自体は鉄血世界の現実を映す鏡に過ぎず、歪な世に合わせて腐敗しているだけで、必要があればいつでも本来の役割を果たす組織ということだ。

 結果的に視聴者が「ギャラルホルンを打倒すべき敵であるかのように見せる」というミスリードに引っ掛かったような構図だが、この結末は

ギャラルホルンはその存在目的ゆえに
いかなる行動も罪に問われない


という超越的な特権の上に成立している。内部監査はあれど、所詮は身内での話。クーデリア暗殺計画や歳星での弾圧、アインの人体実験、ハシュマル起動の失態、自ら封じた禁止兵器での民間人虐殺、ラスタルのダインスレイヴ自演など、作中で描写があった悪行だけでも非人道的な武装組織と言わざるをえないが、結局ギャラルホルンを咎め得る外的要素は最後まで存在しなかった。

 にも関わらず腐敗しているはずのギャラルホルンは暴走や独裁に走らない。四大経済圏からの極めて強力なシビリアン・コントロールが効いているという設定だそうだ。その理屈だと上記の非道行為は四大経済圏の文民が責任を負うはずだが、そんな様子は微塵もない。もっとも報道管制が徹底されているので、ギャラルホルンの行状を知るのは犠牲者と視聴者のみである。

 結論としてギャラルホルンは

作品世界の理不尽と脚本の破綻を封じ込めて
これと決めた着地点に問答無用で落とし込む装置


に過ぎなかった。そこにキャラクターや組織としての自我はなく、脚本の都合と作品世界に片足ずつ軸足を置き、作品内外において生ずる疑問や矛盾をギャラルホルンという組織の異常性に収束させて整合性を調節する。無罪特権と退場回避は、制作サイドから与えられたその対価だ。だからこそギャラルホルンという組織から離れたキャラクターはその特権をただちに剥奪される。マクギリス・ファリドとガンダムバエルはその典型だ。

 (※長くなったので以下追記)

[ 2017/04/28 13:30 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

ブブキ・ブランキ 星の巨人 第一話(13話) 感想 

 以前の記事「ブブキ・ブランキ12話(最終回) 感想 」では序盤の無用なわかりにくさが終盤までボディブローのように響いたことと、素材は決して悪くなかったことを指摘した。
 そして期待と不安の入り交じる第二期『ブブキ・ブランキ 星の巨人』の第一話。結論から言えば大成功だったと思う。


 宝島の落下と王舞のパーツ探しで舞台を台湾に移した新展開。一期を観ている前提での話ということもあって今回は物語にスンナリ入っていける導入だったように思う。一期の反省からか、薫子がチーム日本と視聴者への情報公開に協力的だったことが大きい。
特に黒い心臓やチームの借り受けは最初に言語化されたおかげで劉毅の登場シーンでの一連のやりとりで人間関係の把握が円滑だった。
 おそらくここを一期と同じやり方で描いていたらチームアジアの内部事情の把握が保留され、敵味方の線引きが分からないまま視聴者の混乱を招いていたであろう。もしかすると薫子に急遽説明キャラ属性を追加したために性格が多少ブッ飛んだ方向に改変された可能性もあるが、考えてみれば礼央子も相当ブッ飛んでいたわけだし大きな問題にはなるまい。

 さて『星の巨人』第一話で印象に残ったのはやはり台湾観光パートをはじめとしたチーム日本(女子)のハイテンション!一期でも中盤で突然ギャグ要素マシマシになって「何があった!?」と困惑したが、元々このくらいのノリを想定していて逆に重めのシリアス展開が暴走気味だったのかもと思った。まるでZガンダムがZZになったような。一期中盤までのシリアス要素も終盤で一気に茶番っぽく感じられてしまったのであれを二期で有効活用できるか期待したいところ。

 それにしても静流の東モノマネや観光パートは3Dアニメらしからぬ表情の豊かさで楽しかった。近年はキャラまで3DCG作画のアニメも増えてきたが、『蒼き鋼のアルペジオ』『亜人』『シドニアの騎士』『ベルセルク』など一連の作品群の中では『ブブキ・ブランキ』が一番の出来だと思う。
 黄金みたいなフワフワ髪の表現はまだ苦手なようだが、『山賊の娘ローニャ』あたりよりは陰影のつけ方など、セル画っぽく見せる技術が高い。セルルック3DCGアニメの未来はブブキ路線をブラッシュアップしていった先にありそう。あとは別のアプローチとして『Gのレコンギスタ』で採用された主線が鉛筆線っぽくなるセル画エフェクト。あれと相互補完していけばいずれ手描きとの差がさらに縮まるんじゃないかと期待している。

 『亜人』『シドニアの騎士』は硬質で非人間的な印象がそれなりにマッチしている部分があるから許容範囲内だが、今期の『ベルセルク』は大失敗と言わざるをえない。
 確かに断罪の塔編の戦闘は立体的な戦闘描写が多いし線が多いガッツの黒甲冑を手描きしたくない気持ちもわかるが、汚れた感じや重厚感のある画が苦手な3DCGと『ベルセルク』の相性が悪いのは明白だっただけに原作のもったいなさが際立ってしまった。せめて手描きパートがもうちょっとマシならとも思うが、そこも及第点以下だったのが残念。

 ともあれ3DCGの未来を感じさせてくれる『ブブキ・ブランキ 星の巨人』には今後も注目していきたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブブキ・ブランキ 星の巨人 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ Quadrangle ]
価格:20250円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)



[ 2016/10/06 11:21 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

映画『シン・ゴジラ』 

 遅ればせながら、庵野秀明の『シン・ゴジラ』を観てきた。


カッコイイ・・・


 もうね、ゴジラの目が逝ってるとか腕が小さいとかはどうでもいい話。歴代最強のゴジラと現代装備の自衛隊、そして事態対応のために奮闘する大人たち。すべてがカッコイイ。その一言に尽きる。


 コントロール不能の圧倒的なチカラ、自然現象による被害を「天災」という言葉で受け入れてきた日本人にとって、今回のゴジラはまさに神にも等しい領域に達した存在。
 日本神話の神々は水飛沫や火の粉などから生まれるが、核廃棄物を出自とするゴジラはまさに人間と自然の間に生み落とされた私生児にして「八百万プラス1番目」の最新の神だ。神殺しが人類の宿業とはいえ、今度は子殺しを為して生存を勝ち取らねばならないという皮肉。

 人類の罪と自然への畏怖、ゴジラとはこれぞ、というテーマを現代解釈で深く抉った社会派怪獣映画の金字塔だ。
 『シン・ゴジラ』は世界でもかなり特殊な国家である日本でしか成立しない葛藤やドラマがある作品だが、それでいいのだと確信させてくれた邦画として記憶されるだろう。


※以下、ネタバレあり

[ 2016/09/05 21:43 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

映画『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』  

 何を観るかは決めずに映画館へ足を運び、その場の気分で『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』を観てきた。

 『シビル・ウォー 【MARVELCorner】 [ マーク・ミラー ](コミック版)』

 アメコミは好きだが翻訳は遅いし高いしで追いかけておらず、近年はアートと設定をチラ見して楽しむ程度。実写映画のMARVELシリーズもあまり観ていない。それでも誰でも知っている有名ヒーローが殴りあうアクションは大迫力で、MARVELの予備知識ナシでもそれなりに充分楽しめる作品だった。

 ストーリーは民間人を巻き添えにして多数の犠牲者を出したヒーロー活動をきっかけとして活動への監視と制限を設ける「超人登録法」が導入され、その是非を巡って賛成派と反対派に分断されたヒーロー達が派閥同士で争う「シビル・ウォー(内戦)」に突入するというもの。
 活動への政治介入に否定的なキャプテン・アメリカと、責任と秩序を重んじるアイアンマンの対立。また同法成立のきっかけとなったテロ事件にはキャップの旧友であるバッキーの関与があり、問題は私情を挟んでさらに複雑な方向へ。


 南北戦争と911テロ以降のアメリカを意識した題材とのことだが、いかにもアメリカらしい「正しさ」同士の衝突といった印象。双方の主張に一定の正当性はありつつも妥協点は存在しない、アメリカ流の正義。そこに正しさという病をみた気がする。


(※以下ネタバレ含む)
[ 2016/06/29 16:42 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)