RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO 回顧編 

RSRから半月。ハミガキSPAでもらったクリニカを使い切った時に本当の夏の終わりが訪れるだろう。
振り返ってみて今後に活かせる情報を書き留めておこうと思う。

■暑さ対策

2016はRSR史に残る猛暑だった。

RSRといえば暑さよりも夜の寒さが有名だが今年は規格外。本州に比べればマシとはいえ蝦夷梅雨による高湿度で、さらに開催期間中はずっと快晴に恵まれた。

自分は紫外線に比較的強いほうだが、それでも両腕は熱傷一歩手前くらいにコンガリ灼けた。
リストバンド部分の現場灼けは毎年覚悟しているが、さすがに今年の刺すような直射日光には危険を感じた。来年はUVカットの速乾アームカバーを用意する必要がある。


■行動用バッグ

昨年はメインの大型バッグをテントに残して別に用意した小型のデイパックで行動したが、今年は登山に使っている高性能の34Lザックひとつで現地までの移動用と会場内の行動用を兼ねた。

結論としては小型軽量なデイパックより多少大きめでも高性能なザックのほうが快適だった。
ハーネスの造り、チェスト&ウスエトストラップの存在、背中へのフィット感、そして背面メッシュの通気性。会場内の移動距離は少なくても一日あたり十数キロに及ぶ(※auケータイ調べ)ので、見栄を張らずいい物を使ったほうが負担は少ない。
山用のザックを下界で使うのはオーバースペックと考える向きもあろうが、スペック不足でやせ我慢というのもスマートじゃない。


自分が持って行ったのはオスプレーの旧型エクソス(↑は後継現行モデル)。背負いやすいフレーム入りで1kg弱という軽さ。
背面のメッシュネットで背中との間に2~3cm隙間ができて風が通るので涼しく、蒸れない。今年の暑さでは背中が密着する普通のデイパックではキツかっただろう。

会場内で34Lという容量は確かに大げさだがスペースに余裕があるのは悪いことではない。フリース、雨具のほかに、座布団やチェア、グラウンドシート、ちょっとした食料やドリンク、さらには物販コーナーでTシャツやタオルを買ってもいちいちテントに置きに戻らなくて済む。


■アルコール補給

公共交通機関で会場入りするメリットは憂いなく酒が飲めるという一点に尽きる。しかし会場内でのアルコールは一杯500円が相場。そしてプラカップでの受け渡しは持ち運びに不便で、チビチビ楽しむには不向き。

去年はパウチ入りの日本酒を持ち込んだが、今年はウイスキー。ジムビームの200mlPETボトルが軽くて携帯しやすい。(アーリータイムズにも200mlPETがあるらしいが近所では手に入らなかった。)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【単品】ジムビーム 200mlペット【ウイスキー】【バーボン】
価格:408円(税込、送料別) (2016/9/2時点)



これがなかなか使える。ビールに投入したりポカリに混ぜて即酔いしたり(危ない)、最終的には水(チェイサー)持って直ラッパ呑みしたり。微温い酒が大丈夫ならだが、これだけでだいぶ節約できる。


■TAIRA-CREW

これまで存在は知っていても行ったことがなかったTAIRA-CREW。ボヘミアンガーデンに行ったついでに寄ってみたら思いの外いい環境で、唯一猛暑の苦痛を感じない場所だった。

taira-gate
入り口には木を編んだトンネル型のゲート。エゾシカの骨がイイ雰囲気。

taira-shop taira-stage
左はTAIRA-CREW内唯一の飲食ブース、右は手作り感のあるステージ前。

taira-pa
これは二日目の17時ちょっと前。まだ明るく陽は高い時間帯だが、日陰自体が少ないRSR会場でこの木陰の涼しさはありがたかった。


今年は帰宅後の筋肉痛はほぼなかったが体幹(?)の疲労でクタクタになってしまった。もう体幹やインナーマッスルを意識して鍛えないとダメな年齢なのか・・・。


あ、それとすごく細かい情報だけど会場内のコンビニには「マスク」が売られていない。今回は晴天で砂埃が舞っていたこともあって必要性を感じた人もいたと思う。

自分の場合は同じテントで泊まった友人(猫飼い)に付着していた毛で猫アレルギーを発症、呼吸困難でエライ目にあった。たまらず疲れた身体にムチを打ってサンクスとローソンまでマスクを買いに出るも無駄足。やむを得ず物販で買った布袋寅泰のマフラータオルを顔にグルグル巻いて寝たのであった。

野外フェスでの猫アレルギーは想定外で、さすがに対応できず。かさ張るものでもないので来年からは使うあてがなくてもマスクは携行しようと思う。
[ 2016/09/02 10:31 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO  

振り返れば3年連続でのライジングサン参戦。今年はヘブンズテントサイトを確保して公共交通機関&シャトルバスを利用。

テントサイト「タンチョウ」はヘブンズレストラン側(サンステージ正面)に位置し、悪くいえばどのステージにも近くないためか比較的不人気のサイトらしく、混雑して行列が居並ぶテントサイト券引換所でもほぼ待ちナシで即テントスペースを確保できた。「どうせ拠点には寝に帰るだけ」という人にはオススメ。

今年はベストアクトを選ぶのが難しいくらいグッドステージが多かったという印象。観覧ステージは以下のラインナップ。

【12日】
ONE OK ROCK
BABYMETAL
LIFE IS GROOVE

ペトロールズ
岡村靖幸
布袋寅泰

SPECIAL OTHERS

【13日】
大森靖子
水曜日のカンパネラ(途中から)
大黒摩季
田島貴男
矢井田瞳
cero
THEイナズマ戦隊
ベッド・イン
GRAPEVINE
(以下テントで休息)


特に良かったものは赤文字にしてみた。ワンオクは去年のステージは「夜だったから客が疲れていてノリが悪かった」的なことを言っていたが曲目・歌唱は去年のほうが上だったような気がするし、客に支配力が及ばないからってヘッドライナーがあからさまにイライラしちゃいかんわな。
それに引き換えBABYMETALはパフォーマンスのエンタメ性と完成度で群を抜いていた。神バンドのブ厚い演奏も最高だったし『KARATE』の盛り上がりは半端なかった。

そしてムッシュかまやつの出演キャンセルが惜しまれるボヘミアンガーデンでのLIFE IS GROOVE。KenKenのベースと山岸竜之介のギターが超絶で踊りまくってしまった。自分の好きなベースとギターの音はコレだ、と確信した。もっと評価されるべき。

さらにお待ちかね、岡村靖幸。特にファンというわけではないので動物園の珍獣を観るくらいのノリで行ってみたら完全にやられた。ファンじゃない人間の心にまで勝手に押しかけてハートを届けてくるアーティストは多くない。隙あらば「北海道ベイベッ・・・」を連呼して結局ステージ中に40~50回は「北海道」って言ったんじゃないだろうか。

そしてキャンパーズ枠の大御所、布袋寅泰。BOOWY時代の名曲からソロ時代の名曲まで30代~40代には最高のラインナップで揃えてきた。スリルからポイズンの流れはアドレナリン出まくり。サウンドチェックマンがマイクの高さをメジャーで測ったりマイクテストで届かなかったりするさまで待機中の客は盛り上がった。


二日目は何といっても復活を遂げた大黒摩季。ベストアルバム構成といって差し支えないヒットソング連続熱唱でレッドスターフィールドに夏がくる。北海道出身ということもあって復帰ステージでの盛り上がりに感極まっていたがJ-POP全盛期のミリオン曲を山ほど持っている強みで夏フェス向きのアーティストだとも思った。

このあたりから疲労が色濃くなってきていたが、ボヘミアンで田島貴男、TAIRA-CREWで矢井田瞳をマッタリ聴いてceroへ。今回確信したけどレインボー・シャングリラはハコの中の音響が非情に悪い。低音がこもってステージに近い場所ほど曲を楽しめない。PA前で音質はギリギリ、いっそ外に出たほうが音もよく風もあって快適だ。

そしてライブハウス感のあるdef garageで観たベッド・イン。イロモノっぽいけど演奏力もあって曲もいいという新世代のパフォーマー。お色気とバブルギャグMCもあって面白さは随一。90年代J-POPの正統後継者といっていいキャッチーな楽曲に現代的な妥協のない演奏力を合わせたステージは、実は隙がない。予習ナシでも楽しめちゃうタイプのミュージシャンだ。

 Generations [ LIFE IS GROOVE ]

 BEST OF BEST 〜All Singles Collection〜 [ 大黒摩季 ]

 RICH [ ベッド・イン ]
[ 2016/08/19 11:16 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO 

昨年に引き続き単独参戦と相成った石狩湾新港での野外音楽フェス「ライジングサンロックフェスティバル」。今年は2日目だけの参加で野営道具が不要だったため身軽だった。

今年の出演者もそれなりに粒ぞろいなのだが、過去に何度も観たアーティストも含まれるので今年の参戦動機はやや薄め。それでも強行したのはやはり大御所枠「安全地帯」の出演があったからにほかならない。


観覧スケジュールは以下のとおり。

(15日)
クリープハイプ
クラムボン
中納良恵
cero
聖飢魔II
安全地帯
Perfume

東京スカパラダイスオーケストラ
MONSTER大陸
Rei
T字路s

Tricot
10-FEET



結論からいうと今年は「期待していたアーティストにハズレが多く、予習していなかったアーティストが期待以上」という珍しい年になった。

すでに各所で伝えられているように、大本命の「安全地帯」が地雷ステージだったのは衝撃。キレッキレのパフォーマンスを発揮する「聖飢魔II」を泣く泣く途中離脱してサンステージの前列で待機していたのだが、周囲の人からも「玉置浩二は本当に現れるのか」不安視する声がチラホラ。

最初はステージ袖からの入場曲にわざわざDJが生プレイするのか・・・!と思ったが、いつまでたっても安全地帯が出てこぬまま10分ほど経過。玉置浩二を除く安全地帯メンバーが演奏に加わり、また数分の場つなぎをしてようやく玉置浩二が登場し「じれったい(DJミックス)」、そして「悲しみにさよなら」を披露!
・・・そしてメンバー紹介から円陣を組み、バンドメンバーとDJ&C.C.ガールズ(青田典子)の全員で手を繋いでお辞儀、そのまま退場!客席ポカーン!
大入りのサンステージでコレジャナイmixを2曲やっただけで「全部やりきった感」を出して撤収。あのときの唖然とした空気と徐々に広がっていくざわめきは言葉では伝わらない。まさに客席がひとつの感情を共有したステージ。あの一体感は一生涯忘れることはないだろう。

当然のアンコールに玉置浩二が応え、ステージ下に降りてきてお立ち台(2mくらいの至近距離!)で「田園」を弾き語り、「夏の終わりのハーモニー」をアカペラで熱唱。本当にマイクがオマケって感じの圧倒的な声量と歌唱力を魅せつけて帰っていった。狐につままれたようなステージだった。ちなみに玉置浩二の衣装はアシンメトリーなドクター・ストレンジ(アメコミの)って感じだった。

あと「クリープハイプ」も結構期待していたのだが、肝心の尾崎世界観(vo.)の高音がアウトオブコントロール。音源を正確に再現しろという気は全くないが、高低・強弱ともに座標を見失ったように不安定で聴きづらく、やむを得ず途中離脱。まあ『ラブホテル』『憂、燦々』『オレンジ』『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』あたりは聴けたのでOK。スカパラでもゲスト出演してたが同じような歌声だった。

「Perfume」は安定のパフォーマンスでエンタメ性は抜群。今回予想以上に楽しめたのはボヘミアンガーデン。中納良恵・MONSTER大陸・Rei・T字路sはほぼノーチェックで何となく観に行っただけだったがいずれも実力派で、圧巻のパフォーマンス。このあたりを知れただけでも行った価値はあったと思える。

そして夜中の大本命「tricot」も期待以上のゴリゴリしたセットリストで大盛り上がり。あれほど男前なロックバンドは男バンドを含めてもなかなかないんじゃないだろうか。「個性的な音楽プラス可愛い」っつーのは最強だな、と思った。
[ 2015/08/22 14:07 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO (装備編) 

今年のRSRは初の全日程単独参戦&公共交通機関移動ということで持っていける荷物に限りがあった。
だいぶ荷物を削ったつもりだったが、やはり1人でキャンプに必要な道具を持って行くのは楽ではないことがわかった。反省のために今回持っていった装備の使い勝手などを記録しておこうと思う。

まず自分はボヘミアンガーデンでのアクトを一度も観ることがなかったので、FORESTテントサイトを確保したこと自体がミステイクで、あとあと苦しむ原因のひとつになった。
FORESTテントサイトの利点はHEAVEN'Sテントサイトと同じ値段で2倍のスペースを確保できる点にある。しかし省スペースなソロテントではそのメリットは活かされず、また自分の行動範囲から遠いがゆえにテントを休憩拠点や荷物置き場として有効活用できなかった。本当にただ初日の夜に寝に帰るだけのスペースとなった。
[ 2014/08/19 13:09 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(1)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO 

8月15日~16日に開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)」に参加してきた。

近年は岩見沢で開催される「JOIN ALIVE(ジョインアライブ)」ができたこともあってRSRからは遠ざかっていたが、今年はラインナップの豪華さに惹かれて4年ぶりの参戦。 (→RSR2014タイムテーブルはコチラ)

過去のRSRで初日だけ単独参戦した経験はあったが、今回は初の全日程単独参戦となった。出演アーティストが出揃うまで参戦の決断が遅くなったので拠点はFORESTテントサイト。現地までの移動も初めてシャトルバスを利用した。

観覧スケジュールは以下のとおり。

(15日)
レキシ
パスピエ
AA=
木村カエラ

salyu x salyu
BOOM BOOM SATELLITES


(16日)
Scoobie Do
爆弾ジョニー
ゲスの極み乙女。
predawn
GRAPEVINE
OKAMOTO'S
the pillows

ONE OK ROCK
山下達郎
PSYCHEDELIC FOUNDATION

フィッシュマンズ


今年は体力とペース配分を考えてまったり動こうと思っていたのに、終わってみれば観覧ステージ数は過去最高レベル。
「絶対に前列で観たい」という重要アクトは事前に水分摂取を控えて一時間前から待機するなどストイックに攻めたが、それ以外は少し離れた場所で横になってノンビリ聴いて済ませたりもした。
体力的にギリギリとはいえ最後までオチず朝陽が拝めたのはステージ合間の「30分待ち」などで細かく昼寝休憩をとった結果だと思う。

あの暑さのなか人混みで待機し続けるってのはそれだけで結構なストレス。サンステージやアーステントは中途半端に前に行っても観覧環境が悪くなって体力を削られるだけの場合があるので、ステージとの距離にこだわらない観方というものをこの歳になって初めて身につけた気がする。

どれも楽しかったのでベストアクトを挙げるのは難しいが、パフォーマンスの凄みにうち震えたのは「salyu x salyu」かな。この難しい曲をライブで、しかも照明に虫が集まる野外ステージで再現する技術と集中力には度肝を抜かれる。最後まで独特の世界に引きずり込む至福のsalyu空間だった。



あとは皆それぞれ「順当に素晴らしい」ステージだったように思う。そのなかで他の出演者とは別にピックアップしておきたいのは「Scoobie Do」。

彼らは出演者リストには載っていないが、RSR開催直前に急遽出演が決定。初日はHEAVEN'S入場ゲート付近にて来場者へのウェルカムアクト「SCOOBIE DO ENTRANCE DANCE HALL」、2日目はRED STAR CAFEで 「Morning for DANCE HALL」を開催。

どちらも参加者が手持ち無沙汰な時間帯に楽しませてくれるステージで、2日目は朝から大賑わい。朝から酒を片手に踊れて最高だった。感謝!


装備編へ続く
[ 2014/08/18 14:27 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)