人柱 『EDWIN EFW503-126 ワイルドファイア』 

家電で人柱になるのは御免だが、服や靴なら望むところ!…嘘です。単に寒さに負けただけ。
いまだレビューのないEDWINの新作である高機能冬物ジーンズを人柱レビュー!

E-FUNCTION 503 LOW-CROTCH wildfire
【EDWIN】E-FUNCTION 503 LOW-CROTCH ストレート ワイルド・ファイヤ(濃色ブルー126) ※公式サイトで製品情報が掲載終了になったので画像を追加。


伊藤(仮)は平熱35℃台の低体温人間。一旦衣類内の温度が下がってしまうと自力での発熱効率が極端に悪いため、そうなってしまうとヒートテックインナーにセーターorフリースを着込んでもなかなか暖かくならない。
そこでここ数年は下半身も抜かりなく温めるべくGORE WINDSTOPPER ™(ゴアウインドストッパー)を採用したEDWIN製防風ジーンズで冬場をしのぐことに。

当初、伊藤(仮)が購入したのは初期型の「防風ファブリック剥き出しモデル」。風はホントにビタッ!と止めてくれるんだけど、寒冷地では冷えた生地自体が肌に密着してやっぱり体温は奪われるという残念な結果。それでも普通のジーンズに比べれば格段にマシだった。

その後オールシーズン仕様の「裏メッシュ版」と冬用の「裏起毛版」が出たものの、ライセンスの関係か2万円前後という非常に高価なモノだったため買い換えには踏み切れず。


そして今年2009年、秋冬モデルとして自社開発した防風透湿素材を使った裏起毛シリーズ「WILDFIRE(ワイルド・ファイア)」が登場。
これにより大幅なコストダウンが可能になり、下は8000円弱から防風・裏起毛ジーンズが手に入るようになった次第。
同シリーズは大きく分けて「ふつう」「ゴルフ用」「ロークロッチ」の3種類。伊藤(仮)が買ったのはEDWINの加工技術やら立体裁断やらを惜しみなくブチ込んだ「ロークロッチ」タイプ。

能書きはこのくらいにして以下、良い点と悪い点。

■良い点■
  ●ウインドストッパー採用モデルより安い
  ●ファブリック剥き出しモデルより暖かい
  ●色落ち加工が秀逸
  ●腰履き&立体裁断シルエット

■悪い点■
  ● 裾上げ不可 (※やればできる)
  ●展開サイズの間隔が広い(偶数インチのみ)
  ●不要なウォレットコード(?)風の付属品
  ●スレーキの耐久性に不安

「良い点」に関しては以前のものと重複する部分もあるので結局は「5000円程度安くなった」のが大きい。色落ち加工ナシの「ワンウォッシュカラー」だとさらにもう少し安い価格設定。シルエットは「腰履き仕様・立体裁断・サルエル気味」。サルエルタイプの微妙な布の引っ張られ感に好き嫌いがあると思うが、慣れればさほど気にならない。
余談だけどお手頃価格な「8000円弱」のほうのデニム生地は細かい縦線が入ったような風合い。「ちょっとダサイけど、まあ履いていくウチに良い具合に色落ちするだろう」…などと思ってはいけない。エドウィン製のこの手の生地は股やポケットが擦り切れる頃までほとんど色落ちしないので(経験者は語る)。

「悪い点」は実用面で困ることなので次回作では改善してもらいたいところ。立体裁断ジーンズは誕生から10年近く経つと思うがいまだに裾上げ出来ないという不便が解決できてないんだなぁ…。近所の服直し屋ならやってくれる気もするが、オフィシャルショップが対応してないのはいかがなものか。
しかもウエスト28インチと34インチでどっちも股下の長さが同じって、つまり「大で小を兼ねろ」ってこと?そりゃちょっと無理あると言いたい。展開サイズは不満があるけど、「S/M/L」だった前回よりはマシ…かな。そういうことにしとこう。

そして最近めっきり見なくなったウォレットコード(らしきもの)が付属してるんだけど、コレどうなの?ペラッペラな合皮よ、明らかに。コレいらねえから100円安くしてくれ。そんくらいのブツなので期待せぬように。

そして個人的に一番解せない改悪が前ポケット(スレーキ)。手の平がスッポリ隠れるくらい十分な深さがあって、起毛になっているので暖かいのはいいんだが、問題はその薄さ。不織布を何枚か重ねたくらいの弱々しさで、その気になればたぶん指で貫通させるくらいは余裕。カギ束を入れるとあっという間に底が抜けそうなのだが…。

しかし全体としては満足いく出来。氷点下でも濡れない限りはかなりの保温性を誇る。屋内や本州程度の気温であれば充分すぎると思う。
これで内腿あたりに開閉式のベンチレーションがあれば完璧だった。来期も改良の出来次第では買い換えも辞さない。


エドウインショップ(EDWIN)
[ 2009/12/10 18:18 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

おたから 『オムロン歩数計』 

先日、誕生日を迎えた伊藤(仮)です。
ブロッケンの誕生日に川村ゆきえのサイン入り写真集を贈ったお返しということでオムロンの歩数計を頂戴しました

歩数計

さっそく本日スカラベとウォーキングに行った際に携行しましたが、コレは良い。USBフラッシュメモリくらいの大きさで、ボタンが3つの簡単操作、表示も大きくて使い勝手は良好。

今日はたまたまいつも歩くコースよりも短いルートを通ったんですが、それでも8924歩!まったく意識してなかったけど、いつも1万歩くらいは余裕で超えてたようです。
折しも夏フェスに向けて肉体強化を誓った矢先、自分では買う発想の無かった歩数計をGETしたことでモチベーションも高められそうです。サンクス、ブロッケン


今年は『事前準備と装備の充実で快適に』をスローガンに掲げ、とりあえず普段履きを「ナイキ フリー」にして少しでも足を鍛えることに。コレはシューズ全体がグニャッとねじれたり曲がったりする構造なので通常のシューズでは鍛えにくい土踏まずやバランス感覚を鍛えられるシューズ。

NIKE FREE TRAIL 5.0 ナイキ フリートレイル5.0 黒黄赤’06

こんなやつ。伊藤(仮)が所有するのはコレの色違い。最初期モデルなのでもう廃盤っぽい。
現行モデルのほうはフィット感がさらに向上してるらしい。気になる。

あと当日は何を履くべきか悩むところです。去年大ブレイクしたメレルのカメ●オンはソールが滅茶苦茶すべるらしいんで除外。
ゴアテックス以上の透湿性をもつという話題の防水素材、e-vent(イーベント)を搭載したHI-TEC V-lite Rader2 EVENT JPを履いてみたい。
誰か履いている人がいたら感想を聞きたいんですが、新製品だけにまだレビューは見当たらないんだよね。人柱になるのもやむを得んか…。


アドベンチャースポーツ【HI-TEC】ハイテックVライト レーダー2 イベントJPブラック/レッド【cp...

 (※追記…その後、本当に人柱になってみた。)

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/03/31 16:17 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

おたから 『カシオ E03CA』 

さっきアクセス解析を見たら月間サーチワード1位が『サガノヘルマー』(58.3%)でした。
いわゆるひとつの仏契(ぶっちぎり)。Buenas noches,伊藤(仮)です。

先日、愛用していた携帯電話G'zOne Type-Rのボタンがひとつがいかれて初期型ファミコンの四角ボタンみたいなレスポンスに。全壊して操作不能になる前にと思い、3年ちょっとぶりに機種交換の必要が出てきたわけです。
かつてVodafone時代に愛機が便所に水没して以来、「金輪際 防水機能のない携帯は使わない」と神にでも何にでも誓った伊藤(仮)です。前回の機種交換ではそれを理由にauへと乗り換えたワケですが、ご存知の通りここ数年におけるau新機種の不甲斐なさたるや、ガンダム種死のシン・アスカもビックリのヘタレっぷりなわけですよ!

実写版シャア



 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より

現行のプラットフォーム、KCP+は東芝とSANYOをつなぎあわせて建造された極めて不安定なものである。しかも、au by KDDIがユーザーに対して行った施策はここまでで、入れ物さえ造ればよしとして彼等は「仕様」を盾に引きこもり、我々に機種の致命的不具合をサポートすることはしなかったのである!!

その結果は諸君らが知ってるとおりKCP+第一世代は黒歴史に終わった!それはいい!
しかしその結果MNPで脱庭が横行し!!W62CAのような高性能モッサリ機種を生み!
KCPの残党をかたるアルバーノの跳梁ともなった!これが機種変難民を生んだ歴史である!!

ここに至って私はユーザーが今後、絶対に人柱化を繰り返さないようにすべきだと確信したのである!!
それがE03CAに機種変更する作戦の真の目的である!!
これによって無駄に高機能な高価格端末を買わせようとするauを粛清する!!

諸君!自らの道を拓くため、難民のための機種を手に入れるために!あと一息!諸君らの力を私に貸していただきたい!そして私は・・・父、G'zOneの元に召されるであろう!!

(ジーク ジオン! ジーク ジオン!)


E03CA
au カシオ製 『E03CA』

え~、前置きが長くなりましたが現行の機種のモッサリ感がどうしても許せないので2006年に開発された法人用ケータイ『E03CA』を選んでみました。いわゆるカシオのGショックケータイの亜種。このシリーズは防水・耐衝撃設計なので安心感が違います。そしてこの『E03CA』最大の特徴はバッテリーの持ち!

E03CA02 

倍の大きさのバッテリーパックを搭載して待ち受け時間を2倍に延長するという力技。本体に電池部分を含めるとなんと厚さ3cmに達します。これでワンセグもおサイフも非搭載という潔さ!
しびれるぜ。ニックネームは「サイサリス」に決定。

E03CA03

ご覧の通り、「for Business」。法人用モデルなので「着うた」やエンタメ系のアプリは対応してないものも結構あるらしいんですが・・・前の機種でも結局最後まで無料ゲームひとつダウンロードしなかったもんな。今回も着メロはプリセットの「固定メロディ」に設定。ノーパケットでフィニッシュです

そして今回初の試みだったのが『白ロム』の利用。最近の複雑な料金体系が煩わしいってのと、どっちみち2012年には最近の機種以外は使用電波が変更になる関係で使えなくなるらしいし、かといって2年しばりのフルサポートで気に入らない新機種を買わされるのもイヤだったんで。

白ロムはヤフオクとか楽天市場とかでも売ってる未契約の端末で、これが未使用品でもけっこう安く手に入る。端末は買ってこようが誰かのお下がりだろうが関係なし。auショップで2100円払えば機種交換できるんです。

デメリットは「持ち込み端末は保証が効かない」ってことと、新シンプルプランのような「端末の自腹購入を条件にした基本料金を特別安く設定してある料金プランは選べない」という2点。前者はともかく後者はどうも納得いかないけど。

個人的にはケータイ使っててメーカー保証の世話になったこともないし、不具合が多い端末でもない限りは白ロムで充分というのがいまの素直な感想。
ちなみに今回は新品の端末代金+送料+機種変更手数料=合計10100円でした!YES!

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/01/27 23:49 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(0)

PACIFIC OUTDOOR 『エアロマウンテン2/3』 

今回は「おたから」・・・というのはちょっと違いますかね。しかしさんざんググっても国内での使用感レビューがまったくといってもいいほど見当たらないアイテムなので「情報としての価値」ってことで紹介。
PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドア)製の『エアロマウンテン2/3』

pacificoutdoor01 pacificoutdoor02 PACIFIC OUTDOOR

見よ、この斬新なデザイン!興味のない人は一生縁がない道具かと思いますが、簡単にいえばキャンプ等でテント泊するときに寝袋の下に敷くマットです。これは拡げると勝手に空気が入ってある程度膨らむタイプのもの。
某雑誌の「そろそろ銀マットは卒業しよう」という記事に乗せられた感もありますが、来週に迫った野外フェス(RSR)を口実に思い切って購入。購入には相当悩みました。
定価12000円前後という価格帯もさることながら、

購入者のレビューがどこにもない。

これは通販で買う場合、かなりのハイリスク。ここで買うのは俗にいう人柱ってやつです・・・。
モンベルのマットなら、さほど変わらない値段で携帯性・機能性ともに抜群で評価もかなり良かったんですが、あの無難すぎるデザインはちょっと面白味に欠けるので、ここはひとつ清水のstageからdiveする気持ちでこっちを選択。我ながら難儀な性格。

とはいいつつも自分も今まで銀マットしか使ったことがないので、他社のアレと比べてどうこう・・・という話が出来ないのが痛いところ。しかしあのPACIFIC OUTDOORの不親切な公開スペックよりはマシかと。

pacificoutdoor03 pacificoutdoor04

空気孔(?)はこんな感じ。思ってたよりシッカリしてて安心。しかし初回だからなのか、袋から出して広げてみたもののなかなか空気は入っていかず。しばし放置してみたものの、やっぱりあまり変化がないので息を吹き込んで膨らませることに。
自動でパンパンになるとは最初から思ってなかったけど、どれもこんなものでしょうか?
息を入れてやっと雑誌で見るようなパンパン状態に。厚みはだいたいCD3枚くらい。両脇のチューブ状の部分はもっと立体的でしたがコレが役に立つのかは不明。かなり不明。

pacificoutdoor05 pacificoutdoor06

そして購入を決断する際に一番気になっていたのは収納時のサイズ。どこを検索しても収納サイズへの言及がない。全部オフィシャル公開スペックのコピペ。そこって山用品なんかではかなり重要な要素なので表記がないのは商売的にも絶対オカシイですよね。
実物の収納サイズは実寸で直径が約15cm、長さは30cmほどでした。画像は愛用のナイキACGのバッグと並べてみたところ。色がモロにカブってます。

実際に寝転がってみて、沈み込むような感触がさすがに銀マットとは違って好印象。身体を動かしてみても横向きに寝てみてもフィットしてくれるのはキモチイイ。
名前の通り「2/3」サイズということで半身用ですが特に問題は感じません。あとは実際にフェスで使ってみてから追記しようと思います。


【お買い得商品】PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドアー) エアロマウンテン2/3

mont-bell【モンベル】 U.L.コンフォートシステムパッド180【寝袋用マット】
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/08/08 01:16 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

おたから 『kuroyumeTシャツ』 

奇遇にもちょうど旧校舎音楽室で「伊藤(仮)の裏スイートスポット」として黒夢をUPしようと思っていた矢先、体育用具室から怪電波をバリ3で受信。ナイスボギー!
いい機会なので音楽室よりも先に秘宝館で軽くヘヴィにアイドリング。

今回はオーラル学園メンバー一同にも思い出深い、そして伊藤(仮)のゲヘナな性分が垣間見えるアイテムとそれにまつわるエピソードを紹介。

kuroyume01 『kuroyumeTシャツ』CORKSCREW期)

リアルタイムでは学生だったので金もなく、21世紀になってからヤフオクでGETした逸品。
アルバム『コークスクリュー』期のジャケイラスト類はどれも秀逸で大好物なんですが、伊藤(仮)が文字通りエレクトするイラストがこれ。

kuroyume02 6本。

実に外で着にくいデザインですが、ここ一番で着用するのがロックの流儀だ、あはん・・・。

sekuhara !?

とある機会に実現した  ダライラマ VS 胡錦涛  「カワイコちゃん1名VSオーラル陣営」という、いきおい聖火リレーよりも緊迫した状況下での貴重な一枚。
はい、中央でオダっているのが伊藤(仮)です。MA-1の下にご注目。
Mr.マリックの言葉を借りればズバリ、「着てます」
確信犯的セクシャル・ハラスメント(Sexual harassment)に己がゲヘナ煉獄の釜を見た。

まあ相手の出方次第によっては2~3年服役するのにもやぶさかではありませんが、彼女が一切そこに触れてくれなかったのが悲しくもあり心地よくもあり。おれによし、貴様によし

dabidenohosi_sukui
もっと穢いものをみる眼で見てくれたって いいんだぜ

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/04/18 00:28 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(3)