スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠藤浩輝 『EDEN』 

話がなかなか見えてこず、完結までレビューを保留していた作品をついにピックアップ。
遠藤浩輝『EDEN』(全18巻)です。

 EDEN(18) 7&Y
「新しい宇宙の『神』に選ばれた気分はどうだね?」(作中より)

長かった・・・。月刊誌で実に11年を経てついに完結!最終巻を読んでやっと「はあ、そういう話だったのか」と思った次第。
しかしそれだけ長い期間があっただけに、物語が当初とは違う落とし所に落ち着いてしまったような感じもあります。少なくとも、序盤の電子戦(?)を含めた未来感あふれる戦闘シーンで読者が期待した話とはズレてる気がする。

とはいうものの、連載中の11年間、世界は激変しました。同時多発テロ、温暖化、エヴァンゲリオン。思うにこの3つが現代という時代のリアリティを表面化させてしまったんじゃないかと思います。国家・地球・個人、どのレベルでもヒステリックな緊張感をはらみ、危うい均衡の上にあると意識せざるを得ない時代に入ってしまいました。
そう思うと当初の想定を超えた着地点を模索しなければならなかったのも必然というものか。
そういうわけで内容を説明するのは難しいけど以下軽いあらすじ。

人体を硬質化させ死に至らしめるクロージャー・ウイルスの大発生により世界人口が減少した未来、
未曾有の危機に際し世界の統一を目指す「原父連邦」とそれに対抗する組織「ノマド」。
生まれながらにウイルス抗体を持ち、危機を生き残ったエンノイアとハナの間に生まれた長男エリヤは原父連邦から逃れる道すがら、ある少年の遺体から謎のディスクを発見する・・・。


これでだいたい合ってると思うが・・・ってこりゃホントに話の入り口も入り口、導入部分。
設定は凝っているので設定マニアにはウンチク多くてお勧めできます。

しかし理系で大マジな本筋とは別に、物語内部の個々のドラマが光る!本作の魅力はむしろそっち。登場人物の背負うバックボーンや、彼らの行動がもたらす結果は様々なドラマに満ちている。硬質なアクションシーンも個人的にけっこう好み。
なかなかシビアなストーリーですが、骨太な近未来アクションドラマをお望みならコレです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2008/07/30 18:15 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)

コンバース 『SKID GRIP REPAIR』 

最近お気に入りの一足を紹介。コンバース『スキッドグリップ リペア』の登場!

skidgripskidgrip02skidgrip04

この目も眩むような癒しの対極にあるデザイン!「星条旗」の持つイメージの何と脳天気なことか!
「パワー&ジャスティス」オンリーでイナフ!グッド!

ま、いろいろ思うところはあるが他国の文化がカッコよけりゃソコくらいは素直に評価したい。伊藤(仮)のスイート・スポットの原点がアメコミに求められる以上、このスキッドグリップはいずれ避け得ないものだといえる。
伊藤(仮)のキックスライフは「派手系」「ハイテク系」「派手ハイテク系」・・・とだんだん趣味が拡張されつつありますが、ココに至ってこういうクラシックな形にもシビれるようになってしまった自分。・・・後悔はしていない。

さてこのスキッドグリップ、初めて買ったのでこんなものかよくわからないんですがハイテク系に慣れているせいか歩くとカポカポする感じ。ちょっとサイズ間違えたか?と思ったけど幅は問題無いし。トゥの尖ってる部分がちょっと余ってる気がするが、そのせいか?だとしたら完璧なフィッティングは難しい。

この星条旗柄(STAR&BARS)は昔あったデザインの復刻らしいんですが、100周年モデルってことで”バー”の部分はターポリンという素材にアレンジされてます。テントなんかに使う防水キャンバス地だそうです。靴の一部に使ったからどうだ、というモンでもないんですが。

skidgrip03 ←光沢のある部分がターポリン。

一応ソールは経年加工と称して黄ばんだような色にしてありますが、ナイキのそれに比べていかにもニス塗ってみました的な出来にはガッカリを通り越して笑いました。
しかーし!くどいようだがこの脳天気感は何物にも代え難い。数ある星条旗モチーフでもさすがに総柄はあまり無いので、伊藤(仮)が知る限りではこれが一番脳天気です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/27 16:34 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(2)

リトルキヨシトミニマム!gnk! 『Lover』 

おおっ!かねてより旧校舎にて応援しているリトルキヨシトミニマム!gnk!「荒吐ロックフェス」に続いて「サマーソニック08」に出演決定です!バンザ~イ!


「Lover」@高円寺MISSION'S



YouTubeはライブだし音もあまり良くないんでイメージ掴みにくいかもしれない。MySpaceのほうがオススメかな。キヨシ~、ライジングサンにも来ておくれよ~!
[ 2008/07/22 00:05 ] 旧校舎 音楽室 | TB(1) | CM(1)

リーボック 『ポンプフューリーミレニアム』 

考えてみたらリーボックスニーカーはコレしか持ってないかも? 
心の中ではこっそり百式と呼ぶ、えげつない黄金のスニーカー『ポンプフューリーミレニアム』です。

ポンプフューリーポンプフューリー02ポンプフューリー03

近未来型と表現していいのだろうか、この有機的なようで無機的なフォルム。ハッタリのきくスニーカーということならトップクラス。しかしハッタリだけではなくリーボックの技術「DMX」のおかげで不気味なまでに滑らかな”着地~蹴り出し”感を実現しています。
ソールが半球状のバランスボールでもあるかのような快感は他ではちょっと得られない。ソールに封入された空気が圧力によってフォアとヒールの間を行き来することで、体重移動をリアルタイムにサポートしてくれるという仕組みらしい。

加えてアッパーはその名の通りポンプで空気を注入することで足にフィットさせる。これもまた独特の感触ながら靴のほうが履く人の足型に歩み寄ってくれるという謙虚さとそのフィット感の高さ、そして単純に面白くもあって大いに魅力的です。

あとはソールにこそ孔はないものの、トゥの極薄メッシュとサイドの大きな孔で通気性はアディダスのクライマクールと同等かそれ以上で、かなり涼しい。ただ履くときは靴下も選ぶ必要があって気を使う(笑)

形状・カラーともに服と合わせにくいように思われがちだが、意外と浮かない。冒険したい人はもちろん、地味なスニーカーしか持ってない人にも是非プッシュしたい。
[ 2008/07/21 14:55 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

伊藤悠 『皇国の守護者』④⑤ 

続きが気になって本屋に出向いたものの、どうやら5巻で完結らしい。

 7&Y
「嫌われるのも莫迦にされるのも 軽蔑されるのも平気ですが
舐められるのだけは我慢がならない」
(作中より)

全5巻と割り切って読めば非常にまとまりのよい戦争モノでした。登場人物が敵味方を問わず魅力的なのが素晴らしく、そしてなによりマンガが巧い。ググッと読者を引き込んで読ませる力はかなりのもの。もっと著名であっていいハズの作家だと思います。

それだけにこの打ち切りという終わり方は非常に惜しい!残念!
噂によれば原作者の佐藤大輔なる人物がかなり人間的にイロイロ欠落しているらしく、コミック化にあたってのネームチェックをサボりまくった(単行本5巻に入るまでやってなかった)らしく、その間に連載を強行したウルトラジャンプ編集部と確執が生じたとかなんとか・・・。

原作小説も面白そうなんですが、どうもこの作家は短編以外は完結させたことがないという経歴を持ってるらしいので下手に手を出してしまうと永野護『ファイブスター物語』よりもさらに過酷な地獄の耐久レースにエントリーすることになるので遠慮しときます。

しかしコミック化されたこの全5巻は原作小説全体からすれば一部の場面にすぎないでしょうが、北領紛争と呼ばれるひと区切りをまとめきった完成度の高い作品。
コミックが面白いだけに原作小説を手に取ったファンも多いと思うので是非、原作者並びに編集部は関係修復とコミック版再開の努力をして欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/19 22:28 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

伊藤悠 『皇国の守護者』 

久しぶりに「これは!」という作品を読んだ感じです。
原作:佐藤大輔、作画:伊藤悠による『皇国の守護者』。こいつはオモロイ。

7&Y
「大隊本部の位置はわかるか?」 
「全滅です! 大隊長殿も戦死されました!」
「なるほど そいつは素敵だ 面白くなってきた」
(作中2巻より)

前から気になってはいたのに読み始めるタイミングを逃してしまった作品でしたが、先日ゲオの古本売場で状態の良いものをみつけたのでとりあえずその場にあった3巻まで買ってみました。

ストーリーは架空の世界で勃発した侵略戦争を描いたもので、日本に似た『皇国』に北方から侵略国家『帝国』軍が突如侵攻を開始したことから物語は始まります。北の守りに配置されていた組織『北領鎮台』は最初の会戦で予想外の大打撃を受け、退却を余儀なくされる。
主人公である新城直衛中尉が所属する第二中隊は味方を逃がすための時間稼ぎを命じられ危険な任務に身を投じるが、新城は卓越した才覚を発揮して部隊を率いていく・・・。


皇国は明らかに日本軍をイメージしていますし、帝国軍人も名前と装備でどこの国かは想像できます。しかし「実名で戦争を描くのはちょっと・・・」という消極的な理由で架空世界を設定したのではなく、空想的な設定を充分に生かして独自の面白さとして見事に消化しています。
たとえば主人公は野生の剣牙虎(サーベルタイガー)を軍用に訓練して従える剣虎兵という猛獣使いともいうべき兵種であるし、皇国には遠距離での情報伝達を可能にする導術とよばれるテレパシー能力を使う特殊な能力をもった通信兵もいます。そしてその世界自体が人と龍の契約によって秩序がもたらされたという設定になっています。

1巻の序盤でいきなりファンタジックな設定を突きつけられて一瞬「やっちまったか?」と思いましたがそんな心配は無用でした。地形や気候などを巧みに利用し、あの手この手で敵の進軍スピードを下げようとする主人公の知略と帝国軍側のたくらみがぶつかりあうスリルはかなり熱い!
女性ウケはしないが男なら読んで燃えないハズはない!オススメ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/15 20:59 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

ナイキ 『エアフォース1 白×白』 

伊藤(仮)所有では数少ないホワイトスニーカー。誰もが知ってるナイキ『エアフォース1』

エアフォースエアフォース02エアフォース03

ゲーム機では「初代XBOX(初回版)」を買い、携帯音楽プレイヤーでは「m:robe(オリンパス製)」を買い。主流を嫌った結果として流れ着いた修羅の庭。浮き上がるのはもう御免だ、と遅ればせながら買ってみた『エアフォース1』でしたが、格安のタイムセールで買ったせいか物凄くチャチなシューレースしか付属していなかったという笑い話アリ。見てくれ、この薄~いヒモ。画像ではわかりにくいが厚さはワカメにほど近い。

買った動機から間違っているため余り思い入れがない一足・・・そこまで言うと可哀想か。悪くないスニーカーではありますよ。しかし何というか・・・もうひとつトキメキが足りない気がする。
確かに凶悪な色やデザインのスニーカーと比べてコーディネートの汎用性は素晴らしい。

それでも・・・それでも自分はキモい色柄のスニーカーと心中致したく・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/14 18:05 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

小谷美紗子 『火の川』 

昨夜は小谷美紗子と酒を酌み交わすというシュールな夢を見たのでこれを機に一曲紹介させていただきます。先日は中村一義が登場しました。そこに愛が待つがゆえに僕も行きます。


「火の川」 (アルバム『うた き』収録)

高校時代に偶然ラジオで『嘆きの雪』を聴いて以来のファンです。この「火の川」はたまたま女性の情念を歌った曲なので重たい感じですがもちろん軽快な曲も多数あり、どれもメロディの美しさは抜群。

曲によっては歌詞に強烈な主張がみなぎることから、どっかの雑誌で「小谷美紗子はロックだ」と書かれていました。たしかに2nd~3rdアルバムは確かにそんなイメージが強い気がします。

アルバムうた きは大学時代に相当聴きこんだ覚えがあります。『火の川』ももちろん好きですが個人的には『i』、『こんな風にして終わるもの』、『Off you go』なんかが好きです。

それにしてもこのライブ動画・・・。CD持ってる人ならわかると思いますが、CDの音源とほとんど変わらない超絶クオリティ。上手すぎる。
ちなみに今年のRSRのタイムスケジュールではBuffalo DaughterTHA BLUE HURB電気グルーヴと見事にカブりますけどジブンは小谷美紗子にワクを捧げたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/13 23:29 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

アディダス 『クライマクールTRAIL』 

スニーカー記事連続投稿4日目。・・・そろそろネタ切れじゃないかって?

    弾丸




  広能 「山守さん、弾はまだ残っとるがよ・・・」 

我ながら恐ろしい在庫数。どんどん行くぜ!
今日のは比較的・・・というか捨て靴っぽく愛用しているアディダス『クライマクールTRAIL』

climacooltrailclimacooltrail02climacooltrail03climacooltrail04

けっこう初期のクライマクールだと思うんですが、詳細は不明。現在のクライマクールはバリエーションが多いくせにそれぞれの用途がイマイチ明確じゃないためラインナップの系譜が頭の中で構築できません。
こいつはタンにハッキリと「CLIMACOOL・・・TRAIL」と明記したタグが付いているモデル。この頃は方向性を絞っていたのだろうか?

TRAILというだけあってか、トゥとサイドにわずかながら補強のためのパーツが申し訳程度に付いています。サイドのパーツの感触は・・・ずばりイカの軟骨。柔軟性があるので履いても邪魔になりません。そしていかにも初期モノらしい軽量化し過ぎたミニ四駆っぽいスカスカ感。安かったこともあり、用途をランニングと割り切ってガンガン履いてるので伊藤(仮)所有の靴の中では一番ボロボロ。
ルックス的にはツッコミどころ多数のスニーカーですが、痛みを気にせず履けるっていうのはいいものです。


それとは別に、ず~っと探してるクライマクールがあります。

climacool2adv

調べてみたところどうやら『クライマクール2 ADV』というモデルらしいんですが、どうしても手に入らない・・・orz
かなり昔に雑誌に掲載されていたのを見たのがアタマに残っていてその後探してみたんですが、今ではホントに見当たらない。「ADV」はアドベンチャーを表していますが、このアッパー保護のためのプラパーツが・・・!うん、こういう変なパーツに案外弱いです。
復刻しないかなぁ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/12 20:46 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

ナイキ 『ズームエア E-CUE』 

まだオーラル学園メンバーも存在を知らないはずの一足を先行公開。また微妙な物を・・・と言われそうだが買って後悔はしていない。
ナイキのSK8用シューズ『ズームエアイーキュー"ヤスタカ"』(Zoom Air E-CUE "YASUTAKA")

airzoomurlairzoomurl03airzoomurl02

最初名前をド忘れして『ズームエアURL』だっけ?と思ったけど微妙に違って『E-CUE』でした。どちらもソールはほぼ同じ形状という、トヨタ車のようなモデルでまぎらわしい。

いかにもスケシューといった好デザインではありますが、残念ながら当学園では伊藤(仮)の派手な転倒によってSK8文化は凍結されました。アスファルトで肉をベロリと・・・(痛)。いいんです、用途はともかくデザインが好きで買ったんです。街中でティンバーブーツ履くのと同じです!

”ヤスタカ”というのはナイキ所属ライダーの名前で、この柄は"YASTAKA CAMO"というそうです。・・・コレ迷彩だったのか。

ズームエア内蔵で体重のかかる部分はフォアもヒールもネコ踏んでるようなフカフカ感で履き心地良好。
最近ニューバランスばっかり贔屓にしてたけど、やっぱりナイキも良いなぁ。(ご慈悲をーッ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/11 22:17 ] スニーカー紹介 | TB(1) | CM(0)

クロックス 『オフロード』 

下駄箱のモノをある程度まとめて撮影したので今日も一足紹介。スニーカーじゃないが、言わずと知れたCROCS(クロックス)のサンダルです。

クロックスオフロードクロックスオフロード02クロックスオフロード03

クロックスといえば『ケイマン』が主流ですが、敢えて『オフロード』というモデルを買いました。もっとジェリービーンズみたいな色にしようかと思いましたが、ストラップとの色の調和を考えてこのくすんだオレンジに決定。

初めてクロックスを履いたときはあまりの軽さに笑いました。最近は登山後のリラックスシューズとして活躍してます。トレッキングシューズからコレに履き替えた時の爽快さは格別!
まあ何だ、車を洗うにしても散歩に行くにしても使いやすいサンダル。裸足で長時間歩くと摩擦で若干足の皮がめくれたりしますけど。1cm刻みのサイズ展開と、自分の足の相性が微妙~に合わないのが原因だと思います。ちなみに伊藤(仮)は1cm小さめでほぼジャストでした。

『オフロード』の特徴はトゥが厚く通気孔がないこと。そしてストラップをベルクロテープで調節出来ること。どっちも街中では活躍しない機能ですが、野外フェスなんかにはもってこいのモデル。
[ 2008/07/10 22:15 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

ナイキACG 『エアトレイルスケイプ』 

過去にソール修復実験とその失敗報告でたびたび登場していた『エアトレイルスケイプ』(Air Trail Scape)の今さら感をムリヤリ拭い、ついに正式な形で登場させてみる。

airtrailscapeairtrailscape02airtrailscape03

ナイキACGのトレッキング用モデルでもやっぱり特殊な印象を受けるデザイン。90年代後半に登場したらしいですが、それ以降はなんだかナイロン素材メインの『HI-TECH』社っぽいデザインになっちゃっていイマイチ「これぞ!」というデザインが見当たりません。なのでひとつの転換点に位置するモデルじゃないかと思います。

特徴は言わずもがな、靴紐が足の中心にこないデザインです。登山靴としてはたまに見かける形状ですが、それをナイキがやってるってトコロにフェティッシュを感じる伊藤(仮)です。フットスケープぽくてイイ感じ。あとくるぶし部分のスウォッシュが入ったプラパーツね。ソールのオレンジ・ラインも絶妙
履き心地はズームエアと足首まわりの柔らかいレザーで非常に快適。ソールの修復が失敗したときはどうなることかと思いましたが、普通にシューグーで埋めたら普通に使えました(当たり前)。

しかしこれでナイキACGのブーツはエアトリコエアトゥマロエアアセントサミットに続いて4足目。ヤバイ。すこぶるヤバイ。
・・・実はもう一足、ACGファン垂涎のモデルを所有してたりするが、それはまた別の機会に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/09 17:56 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

技来静也 『拳闘暗黒伝セスタス 14巻』 

やっぱりヤングアニマルの単行本は出るのが遅く感じるなぁ。久しぶりの『セスタス』新刊です。

 7&Y
自由奔放 思う存分 メッタ撃つぜ!!! (byシラクサのアドニス)

14巻の表紙はルスカ。関係ないけど最近のイラストは人物の影部分の映りこみを違う色で塗るのが流行ってますね。どうでもいいけど。

さて、6/27発売の14巻はルスカ側の物語なのでセスタスの出番はワンカットのみ(しかも回想)。13巻までの「セスタスvsエムデン戦」では合理的な闘法のウンチクを並べまくった作者でしたが、14巻では衛帝隊の圧倒的な格闘エリートっぷりを思う存分ぶち上げてます。

もともと衛帝隊は格闘異能集団という位置づけではありますが、初めて明かされるカサンドーラの能力には参りました。才能といえば才能なんでしょうけど、格闘センスというよりオカルトに近い能力にぶっ飛びました
・・・違う漫画だろ、それ(笑)

アドニスもね・・・強いのはワカルけど、技に恥ずかしい名前つけるのやめて下さい。作者的にはようやく「圧勝」って奴を描けてノリノリなのかもしれませんが、このマンガにそういうのを求めてる人はいないと思いますんで、早く本来のストイックな立ち位置に戻ってくれることを願ってます(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/05 14:03 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コンバース 『ジャック・パーセル レザー』 

基本ハデ好きな伊藤(仮)の下駄箱で一番おとなしいスニーカーがたぶんコレ。
CONVERSE『ジャック・パーセル レザー』

パーセルパーセル2

夕方に写真を撮るとやはり暗めですが、オールホワイトです。白メインのスニーカーを買ったのはたぶんコレが最初だったと思いますが案の定というか出番は少なめ。使いやすい色のハズなんですが・・・。
せっかく買うならレザーのほうがオトナっぽいか?・・・とか考えてキャンバスを避けて買った記憶がありますが、やっぱりキャンバスのほうが良かったかな・・・という気持ちが頭の隅にあるのがその原因じゃないかと思います。スマン、J・P。オマエさんのせいじゃないぜ。

ジャック・パーセルといえばソールはたいてい水色ですが、こいつは真っ白。土踏まずあたりに例の台形っぽいのロゴ(?)だけです。
履き心地は・・・レザーという素材のせいか、ちょっと窮屈な感じです。あと履き口が馴染んでないのかくるぶしあたりがちょっとスレて押される感じがします(どんだけ履いてないんだ)。しかし形は非常に好きです。でも丸紐がちょっとチープなんで、いい革紐があれば交換したいと思ってます。

しかし、コンバースは100周年ということを差し引いてもおいしいデザインを次々に投下するので我慢するのが大変です。最近はSKIDGRIPがカッコよくみえてならない。嗚呼。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/05 03:40 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(2)

カメイ与五郎太 『狐の魂呼い』 

はい、久しぶりに男がBLを読んでみるのコーナーです(※メンズは鳥肌注意)。
今回のターゲットはカメイ与五郎太『狐の魂呼い(きつねのたまよばい)の1巻。

 7&Y
「ちょっと待って ボク男ですよ!!」
「ウン? ああかまわないよ」
(作中より)

ソナーに感あり!・・・BLです!2秒後に直撃、来ます!ズドーン。アッー!
被害報告急げ!機関部被弾!航行不能、駄目です!
浸水状況はすこぶる深刻です!排水追いつきません!!艦長、ご決断を!
総員 体感 退艦!!
健全な男子は速やかに本エントリから脱出を命ずる!BLに免疫のない者には肩を貸してやれ!
私は艦と運命を共にしよう!これまでの諸君らの健闘に感謝する(敬礼)!
艦長ォォォ~(敬礼)!!


そんな具合だ。毎度ながら、ボーイズラブってヤツは読んでてこそばゆいシロモノである。
本作は知り合いの腐女子さんから無償でご提供いただきました。伊藤(仮)にとってBL界はマップのない3Dダンジョンのようなものですので、どう位置付ければいいのか不明ですがバンガッテレビューシマス。

え~、かいつまんでお話を要約すると、毎年天狗に嫁を差し出す村がありまして。そこで姉妹からイジメられていた貧弱で器量よしのボーイが代わりに天狗にラブされる、という具合でありんす。
ま、単なる好色天狗の色ボケ話ではなく、それなりに心の交流(宗教用語?)もありつつハートフルでボーイがラブな展開が貴女を待っています。

う~む・・・。BLを読む場合、どんなに必然性がなくとも「男同士という設定」に突っ込むのが野暮だってことは学習しました(前回)。
しかしなんだろう・・・この・・・受け側のボーイのポジションはどう解釈すべきか・・・。
世の女性読者はどっちに感情移入してるんだ??両方に感情移入してるとしたら足して単純計算で2倍キモチイイとか?・・・それだ(タヴン)!
いやさ、行為のみを重点に据えて推し量ろうとするのは自分が男だからか???
しかしそれはさておいても本作(後半)での受け側キャラは少年を通り越して幼児ですけどどうなんですかこれはショタってヤツですかナニもまだアレしてませんけどいいんですか強引に抱かれてアレから何か出てますけどアリなんですがそうですか。

かなり甘口の作品なので以前読んだサラリーマン物より低年齢向けでしょうね。小学生・・・
・・・が、読んでたら怖いな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/01 01:17 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。