スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西尾維新 『クビキリサイクル』 

久しぶりに旧校舎文芸部室の更新。
先日、ゴールデン・ノイズと共に「隣町のユニクロが閉店した」というウワサを確かめに行きました(ガセ)。手ブラで帰るのもなんなんで寄り道したブックオフにてGETした西尾維新クビキリサイクルです。

「えっちぃことしようぜ」(作中より)

・・・いや、あの・・・。そういうの期待してたんじゃないんだよね。ほっ、本当ですってば!
信じてくれるって信じてる。
このセリフは序盤でのヒロインのセリフなわけだが・・・。正直ここらへん読んでるときには「やっちまったか?」と思った。というのも本書を手に取ったのも過去に雑誌『コミッカーズ』か何かでこのイラストレーターへのインタビュー記事を読んだからってだけだったんで。
一瞬「やっぱりホリエモンの本(※100円コーナー)を買うべきだったか?」という考えが頭をよぎったことを告白しておこう。ちなみに主人公は据え膳を固辞。超ヘタレボーイにしてチキン野郎です♪

100億稼ぐ仕事術 (SB文庫)

まあホリエモンの所在はさておき、本書『クビキリサイクル』ですな。閉鎖型のミステリーなんだけど「アンタ最初から読者に謎を解かせる気ないだろ」という、なんつーか性格悪い作品でした(笑)
もともとミステリーはあんまり読まないってこともありますが、しかし事前に作風を知っていれば「この作家は一筋縄ではいかない」とか「このくだりは引っかけだな?」とかある程度予測もつくってモンです。西尾維新作品も初見では面食らうこと必至。・・・この何でもアリ感は最近の風潮なんだろうか?

・・・もしかしたら今となっては伊藤(仮)の脳味噌が融通きかないだけかもしれない。この作品を読んでて障害になってくるのは常識です。何をもって正統派のミステリーとするかというカテゴライズ自体がもう古い感覚なのかもしれませんが、ほとんどの登場人物が常人ではないあたりが作中で常識が競り負ける要因だと思います。

森博嗣『すべてがFになる』でも感じたことですが、工学っていうんですか?極めてコンピュータ寄りな論理がまかり通る超理系小説。あれも理解を超えているという意味で伊藤(仮)の中ではすでにファンタジー。モロ文系の伊藤(仮)にとっては感覚的にとても常人の思考とは思えません。
常人感覚でのミステリーが行き詰まったからこそこういう作品が台頭してきたんだと思いますが、文系を自負する人は登場人物の、ひいては作者の「奇想天外ぶり」を楽しむことに徹するのが正解だと思います。

殺人のトリック自体は非常に単純なので謎解きとしては難解ではないんですが、登場人物たちに引っかき回されることが主目的のようなミステリーです。本作の主人公ではないですが、天然ぎみの女の子に振り回されてゾクゾクするようなマゾヒストには超オススメ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2008/08/30 11:07 ] 旧校舎 文芸部室 | TB(0) | CM(0)

石川雅之 『もやしもん』 

ちょっと前から話題になっている石川雅之『もやしもん』を買ってみた。




ウンチクもココまでくると芸だな、って感じのマンガです。主人公は身の回りの細菌を肉眼で見ることができる特殊な能力を持っていますが先輩や教授の濃いキャラクター性に完全パワー負け。存在感はほとんどサブキャラ扱いです。

作中では菌が可愛らしく擬人化されて特性に沿って色々しゃべったりして非常にコミカル。それに反してストーリーをちょっとハズれてウンチク・モードに入ると話が長い長い。発酵食品の歴史から文化としての成り立ち、果ては流通の現状まで大いに語りまくります。特にに関しては興味のない者にはツラいくらいの情報量でページを費やします。知的好奇心なしには読めないマンガ。活字ギライでマンガを読む人もアウトです。

意味もなく美形ばっかり出てくるマンガや美形しか描けない作家は嫌いですが、なんだろうなぁ・・・この人の描く女性キャラは可愛く描いているんだけど残念ながら可愛くないという感じ。そういうマンガでもないし、だんだん見慣れてくるからいいんですけど。
上の説明だとなんだかカタッ苦しくて面白くなさそうですがそんなことはなく、ジンワリと、そこはかとなく面白いマンガです。自分でも不思議ですがチマチマ買い足して気がつけば最新刊まで揃ってます。

1冊読むのにこれほど時間がかかる青年誌の単行本ってなかなか無いです。『もやしもん』1冊読むあいだに『のだめカンタービレ』4冊は読めます。士郎正宗は別格ですが、それに近いウンチク系のマンガがお好きな方には超オススメ。
[ 2008/08/26 23:59 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

番外企画 『RSR2008』 

体育用具室でも喰川さんが書いている通り、8/15~8/17までライジングサンロックフェス2008に行ってきました。出演アーティストのラインナップがマニアック過ぎるのではないか・・・などと思っていましたが、いざ終わってみればきっちりチケット代の元は取った自分。

RSR藤井フミヤ
15日夜のアーステントにて(藤井フミヤ待ち)

・・・うん、G・ノイズ(中央手前)が見切れてるのは・・・時代の必然だったんです。きっと。
撮り直してもよかったんですが、俺はG・ノイズの思い出よりも「一瞬を切り取るという行為」の永続性を尊重したい。・・・それがロックの流儀だ。あはん・・・。

それよりもブログをやっている以上は知人による閲覧も当然考慮していたつもりだったんですが、初日に合流したブロッケン経由の知り合い(♀)にいざ面と向かってボーイズラブのレビューを読んだと言われて実はかなり動揺しました。たぶんあン時に視線を介して「オイ伊藤(仮)、ちょっくら目を泳がせてみろ!」という絶対遵守のギアスをかけられたに違いない。Yes, Your Highness!
改めて考えてみりゃ旧校舎は普段意識しないで好き勝手やってるけど、確かに三十路間近でボーイズラブのレビューってあまりにも眩しすぎるよナァ♪
「コメント書こうかと思ったけど書けなかった」ってのも頷けるハナシです♪


さて、RSR2008の内容やら運営への意見やらは他のブログさんに任せるとして、旧校舎では自戒をこめて靴のチョイスを振り返ってみる。

airtrailscape
ナイキACG トレイルスケープ】(メイン)
当日、出発しようと思ったら結構強い雨が降っていたので当初予定していたスニーカーをやめ、ブーツで挑むことに。悪路・悪天候に強く足首までしっかりホールドしてくれる反面、やはりスニーカーやサンダルに比べると重い。歩くのはともかく踊り続けるのには向かなかった。

vapor01
メレル ヴェイパー】(サブ)
クロックスとどちらにするか迷ったものの、歩く距離と踊りやすさを考えてこっちのフィット感を優先。濡れても平気でトゥも頑丈、軽くてグリップもシッカリ。でもクッション性はイマイチでした。

ホントはニューバランストレイルバスターH574Jを履いていこうと思ってたんですが、どっちも伊藤(仮)が持ってるカラーはもう入手困難なのでさすがに雨の野外フェス参戦はさせられませんでした・・・orz

初日序盤はトレイルスケープ、その後はヴェイパーという流れでいたんですが、2日目の夜には足裏にかなりの痛み。深夜のゆらゆら帝国サカナクションのアクトは重量を覚悟の上でトレイルスケープのズームエアにすがって何とか乗り切りました。やっぱりクッション性って大事・・・とは言いながらも単純に欲張りすぎたのも要因のひとつ。
[ 2008/08/18 23:02 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)

Gola 『名称不明』 

いつだったか、ブロッケンと街をぶらついていた時に出会ったGolaの名称不明スニーカー。

golagola2gola3

ポンプフューリーに続いて金ピカ系。普通はあまりそういう買い方はしないのかも知れないけど、アレはアレ、コレはコレ・・・。買うのにあまり迷わなかった記憶があります。
買ったのはファッション雑誌ストリートジャックのスニーカー特集の別冊でちょうどGolaだのディアドラを取り上げ、あとはタイヤメーカーのグッドイヤーがスニーカー界に参入しただので騒がれたちょっと後・・・くらいの時期じゃないだろうか。
メチャクチャ大雑把にいうと、履き心地はPUMAあたりのレトロスニーカーによく似てる。身も蓋もないレビュー・・・。
ゴールドというカラーにするためだったのか、アッパー素材(合皮?)は厚めで硬め。しかし何年も履いているわりにはソールの減りも少ないし、まだまだインソールの柄も綺麗。ゴールド部分も色落ちしたりしてないので比較的長命になるモデルなのかも。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/08/14 19:42 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(3)

泉昌之 『かっこいいスキヤキ』 

きました、ガロ系。先日しゃいけ様に教わったマンガをさっそく入手してみました。
単語と単語をシャッフルして偶然できたようなタイトル、泉昌之『かっこいいスキヤキ』
管理人伊藤(仮)をして一撃で「買い物かご」をクリックさせた表紙がこれだ!

 かっこいいスキヤキ (扶桑社文庫)
「みんなテメーがどれだけ肉喰うかばかり考えやがって」

・・・くだらない・・・。こんなにくだらないマンガは読んだことがない・・・!

だがそれがいい

こういっては何だが、この作品内では何ひとつ特別な出来事は起こっていない。しかし「メシを喰う」という人間にとってごく日常的な風景に落ちる、哀愁を帯びた男の影・・・。無意味な情熱とダンディズムが織りなすドラマツルギー。やったモン勝ちの世界といって差し支えない。

この短編集のキモとして、忘れることが出来ないのがやはり「夜行」です。これ大好き。
夜行列車で旅をするトレンチコートの男が途中で買った400円の駅弁をいかに食べるかという、ただそれだけの話。そのシーンだけで16ページも描ける神経をまず疑わずにはおれない。

他にも「最後の晩餐」「POSE」など、基本的に個人としての過剰な思い込みがブザマな暴走を招くショート・ストーリー。「プロレスの鬼」はスピーディーな展開に反してまさかと思うほどくだらないオチだったり。爆笑タイプのギャグではありませんがくすぐるような笑いがこみ上げます。
伊藤(仮)もオリンピック中継そっちのけで読んでいたら知らぬうちに口がニヤけているのを家族に注意されました。
授業中や仕事中に隠れて読むといっそうスリルが楽しめそうな作品です(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/08/10 23:56 ] マンガ紹介 | TB(29) | CM(0)

PACIFIC OUTDOOR 『エアロマウンテン2/3』 

今回は「おたから」・・・というのはちょっと違いますかね。しかしさんざんググっても国内での使用感レビューがまったくといってもいいほど見当たらないアイテムなので「情報としての価値」ってことで紹介。
PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドア)製の『エアロマウンテン2/3』

pacificoutdoor01 pacificoutdoor02 PACIFIC OUTDOOR

見よ、この斬新なデザイン!興味のない人は一生縁がない道具かと思いますが、簡単にいえばキャンプ等でテント泊するときに寝袋の下に敷くマットです。これは拡げると勝手に空気が入ってある程度膨らむタイプのもの。
某雑誌の「そろそろ銀マットは卒業しよう」という記事に乗せられた感もありますが、来週に迫った野外フェス(RSR)を口実に思い切って購入。購入には相当悩みました。
定価12000円前後という価格帯もさることながら、

購入者のレビューがどこにもない。

これは通販で買う場合、かなりのハイリスク。ここで買うのは俗にいう人柱ってやつです・・・。
モンベルのマットなら、さほど変わらない値段で携帯性・機能性ともに抜群で評価もかなり良かったんですが、あの無難すぎるデザインはちょっと面白味に欠けるので、ここはひとつ清水のstageからdiveする気持ちでこっちを選択。我ながら難儀な性格。

とはいいつつも自分も今まで銀マットしか使ったことがないので、他社のアレと比べてどうこう・・・という話が出来ないのが痛いところ。しかしあのPACIFIC OUTDOORの不親切な公開スペックよりはマシかと。

pacificoutdoor03 pacificoutdoor04

空気孔(?)はこんな感じ。思ってたよりシッカリしてて安心。しかし初回だからなのか、袋から出して広げてみたもののなかなか空気は入っていかず。しばし放置してみたものの、やっぱりあまり変化がないので息を吹き込んで膨らませることに。
自動でパンパンになるとは最初から思ってなかったけど、どれもこんなものでしょうか?
息を入れてやっと雑誌で見るようなパンパン状態に。厚みはだいたいCD3枚くらい。両脇のチューブ状の部分はもっと立体的でしたがコレが役に立つのかは不明。かなり不明。

pacificoutdoor05 pacificoutdoor06

そして購入を決断する際に一番気になっていたのは収納時のサイズ。どこを検索しても収納サイズへの言及がない。全部オフィシャル公開スペックのコピペ。そこって山用品なんかではかなり重要な要素なので表記がないのは商売的にも絶対オカシイですよね。
実物の収納サイズは実寸で直径が約15cm、長さは30cmほどでした。画像は愛用のナイキACGのバッグと並べてみたところ。色がモロにカブってます。

実際に寝転がってみて、沈み込むような感触がさすがに銀マットとは違って好印象。身体を動かしてみても横向きに寝てみてもフィットしてくれるのはキモチイイ。
名前の通り「2/3」サイズということで半身用ですが特に問題は感じません。あとは実際にフェスで使ってみてから追記しようと思います。


【お買い得商品】PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドアー) エアロマウンテン2/3

mont-bell【モンベル】 U.L.コンフォートシステムパッド180【寝袋用マット】
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/08/08 01:16 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

日本橋ヨヲコ 『極東学園天国』 

あまりに多すぎる本・マンガ類の整理のため本棚をあさっていたら懐かしいマンガが出てきました。
日本橋ヨヲコ『極東学園天国』(全4巻)。

7&Y
「たましいがくさるから」(作中より)

上のセリフの部分だけ読んだブロッケンにさんっざん茶化されてお蔵入りした思い出深い作品。
青臭い主張に耐えうるっていうのは「若さそのものの為せる技」であり、ひいては「当時の感覚へ思いを馳せる能力」だと思います。
改めて読むと確かに、確かに赤面モンのやりとりの応酬です。生かして置けねえ

・・・確かに自分も学生時代には性善説を信じる友人を積極的に罵倒したり論破したりしましたよ!(※友人は3年目にアンチ性善説に改宗しました。)それが友人であろうと国家元首であろうと「美しい国にしたい」などと眠たいことを抜かせば寄ってたかってツッコミを入れるのが正しいオトナの姿勢です。でもそれはあくまで現実世界でのお話。むしろ現実ではあり得ないからこそ虚構世界にそれが描かれるのだと思います。

さて、あらすじ。

義務教育が高校まで延長された仮想の日本。”徴学制”によって集められた不登校や問題児、学力が劣る者などを強制的に収容する閉鎖型の全寮制高校「私立五色台学園」が舞台。
やがて教育委員会は自らが切り捨てたクセ者揃いの学園から突出した才能が輩出されるのを恐れ、五色台学園を廃校にすべく動きだす・・・。


宗田理の「ぼくらの七日間戦争」みたいなノリです、要するに。支配する側へのささやかな抵抗。
これを「ハナタレ小僧のたわごと」と呼ぶか「ロック」と呼ぶかは受け取る側次第。

・・・「ロック」はさすがに言い過ぎですが、現実でも虚構でも「抵抗」できないってのはあまりに夢がなさすぎると思いますのでこういうユートピアがあってもいいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/08/05 17:49 ] マンガ紹介 | TB(1) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。