スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本田透 『電波男』 

これは逃避か、さもなくば大いなる悟りか?現実世界の残酷さに耐えかね、深く傷ついたオタクたちが向かったのはメッカでもなければお遍路でもなかった。

久しぶりの活字モノ、本田透『電波男』を紹介。

【Book】 本田透 / 電波男: 講談社文庫
「もはや現実の女に用はない。
真実の愛を求め、俺たちは二次元に旅立った。」
(オビより)


「キモメン」+「オタク」+「ニート」+「童貞」

他者に愛されること能わず、他者を愛することすら拒絶される身分階級が現代日本に存在する。
筆者はそんな男であり、同時にこの本が購買対象と見込む読者層こそがそれである。そんな本をウッカリ手に入れてしまった バスチアン 伊藤(仮)です♪

・・・い、いやジブンは全くモテないとか、そういうことはないと思うんだけど・・・。アレです、本なんてベヘリットみたいなモンで「あるべき時にあるべき人の手にある」、そんなもんです。


さてこの本の画期的なところは・・・「オタクの勝利宣言」から始まることなんだよッ!

なんだって


はじめに断っておきますが、この本で展開される理論はかなり偏っています。・・・だがそれがいい!
田母神論文を引き合いに出すまでもなく、人間はどんなときでも「自分」ないし「自分の所属するもの」を肯定せねば生きていくことが出来ません。
果たして「キモメン」+「オタク」+「ニート」+「童貞」という属性を背負った男が自らを肯定するために必要な装置と論理は?

それがITによって飛躍的に進化を遂げた二次元恋愛、すなわち「萌え」であり、資本主義と結びつきメディアによって肥大化させられた現実世界(恋愛≒セックス)を否定することだったんだよ!

なんだって


あんまり書くとネタバレになるから内容は伏せますが、オタクの精神構造を理解する上で非常にわかりやすいテキストです、間違いなく。これは「現実」と「二次元」というそれぞれの神を冠した種族同士の、言わば宗教対立に近い認識の相違。二次元にしか存在し得ない、極端なまでに無垢な「真実の愛」しか欲しないオタクを純粋ととるか現実から逃避した社会不適合者ととるかは読者次第。

恋愛資本主義社会において「キモメン」という属性は愛を得るためには圧倒的な不利をもたらします。女性に声をかけて通報されたり嘲笑されたりを繰り返せば誰だって二次元キャラに走らずにいられないと思いますが、自宅で美少女ゲームにハァハァしててもそれ自体は誰に迷惑をかけるでもない恋愛の代償行為です。

しかし『負け犬の遠吠え』『だめんず・うぉーかー』で年齢的に恋愛市場で商品価値を失いつつある所謂売れ残りの女性が「自分にアタックしない情けない男が全部悪い!」というありきたりの結論を述べたあとに決まって「それでもオタクだけは絶対イヤだよね~!」という恋愛弱者たるオタクへの蔑みと嘲りを記す・・・らしい。

作者は「自分たちを傷つけ恋愛市場から閉め出しておきながら、何故今さら何も迷惑をかけていないオタクをそこまで貶めるのか!?」と憤ります。
メディアの作り上げた「消費活動を促進させるための恋愛至上幻想」に踊らされ、男の内面を見ずにちょっと顔の造作のイイDQN男と打算的なセックスを繰り返し、売れ残ってもまだ理想ばかり高い女などこっちからも願い下げだ!
・・・とばかりに脳内嫁をゲットした作者は「現実恋愛のサボタージュ」を宣言
簡単そうに見えてなかなかできないことです。


本文を読めば恋愛とキリスト教の関係をはじめ、日本の恋愛がこういう状況に至った歴史的背景やら文化的背景やらをわかりやすく紹介してくれるので特にオタクでなくても解りやすい内容になっていますが、自説に語り出すと途端にメチャクチャ偏ります(笑)
オタクとDQNと負け犬(とその予備軍)が日本を構成する人口の全て。どちらでもない一般的な人の一般的恋愛観などは気持ちイイくらいスッポリ抜けてる(笑)
でもまあ、オタクが21世紀を生き抜くための『五輪の書』みたいなもんだから、いいか。

オタクの完全勝利によって「萌え≒真実の愛」が浸透すると性犯罪が減る!戦争がなくなる!などのデッカイ風呂敷が狂気じみてて最高。また一大ブームとなった『電車男』、ネットで知られる真の顛末については興味深かった。
あと本文中にはニーチェから井上陽水までオタク的な引用がノンジャンルで散りばめられており、わかる人はその都度吹き出すこと必至。解説つきなので馴染みのないジャンルの引用でも笑えるのがいい。一読の価値は大いにありと見た。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2008/11/30 03:57 ] 旧校舎 文芸部室 | TB(0) | CM(0)

番外企画 『メンズプレミアムブラ』 

ついに出た! 何が?


「男性用ブラジャー」が・・・。



メンズインナー・その他部門にて11/12、11/19週間ランキング1位!!Men,s premium brassiere...

オカマ芸能人・性同一性障害タレント・ニューハーフが毎日TVに映る御時世。
ヤマジュンTDNガチムチ兄貴もネット上のネタとしてはすでに盤石。ボーイズラブだっていまさら驚くにはあたらない。そんな現代人に贈る、余計な新製品情報のコーナー。

ズバリ、キャッチコピーは
「やさしくなれるんです。」


・・・ものすごいイキオイでピンと来ない。

販売サイトでは明らかに「素材集」から引っ張ってきたと思しきマッチョで甘いマスクの白人男性

「どうして男性用ブラはないの?」

・・・の文字とともにブラ画像とクロスオーバー。

ご本人もまさかこういう用途に自分の写真が使われるとは思っていなかったと思われるが、画像とアオリ文句が載った「合成が完了した画像」からはもう彼が同性愛者性倒錯者であるという情報しか読み取ることができない(笑)

以上、情報操作の恐怖について現場からのレポートでした。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/11/22 01:23 ] 番外企画 | TB(0) | CM(2)

ニューバランス 『RX1441J』 

ウソみたいだろ。


すでに物欲の羅針盤が圧壊して久しい伊藤(仮)です。アドベンチャーレースにも対応するニューバランス製の本格トレイルランニング用シューズRX1441JをGET。明らかにオーバースペック。


RX1441J01RX1441J02RX1441J03

まずこのデザインでアウトという人もいるかと思いますが、個人的にはアリです。
×オレンジというカラーリングも毒々しくてタマラン
唯一にしてそれが全てでもある最大の問題点が、『スポーツ系ファッションにしかマッチしない』であろうという事実。しかしその使いづらさを差し引いても、所有欲を余さず刺戟する引力を持った製品。

まずトレイルランニング用ということで砂や砂利、土ぼこりが侵入しづらい構造になっています。着脱式のゲーターが外見上最大の特徴でしょうが、実はアッパー自体も縫い目がないという特殊な構造。「ステッチレステクノロジー」と銘打ってありますが、防水のウェアやバッグによく用いられる超音波などを使って素材を固着させる、いわゆるシームレス構造。これが意外といい感じ。

RX1441J04

砂塵対策という本来の目的とは別に、継ぎ目が無いためつま先から足の甲まで内部の感触が非常にフラット。元々気にすることもないほど当たり前な靴内部の接触感ですが、それが縫い目のせいだったとコレを履いて初めて意識しました。

商品説明によればクッション性、耐久性、グリップ力、足の保護性において相当な威力がある・・・とのこと。その限界性能を試す機会が果たしてあるかどうか。アウトソールの凸凹パターンはトレイルバスターと同等かそれ以上。歩くと高さ1cm弱はあろうかという凸が体重の負荷によってしなる感じがあります。
ちなみに定価は¥18,690(税込)

出番は来年の夏フェス・・・かなぁ・・・(違うと思います)。


  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/11/19 17:31 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(2)

小林源文 『平成維新 戦う自衛隊』 

なんかアツそうな表紙に惹かれてブックオフで購入してみた。
小林源文『平成維新』

平成維新 『平成維新
「我々は国防軍です パレード用ではありません」(作中より)

国家の現状を憂いた自衛隊若手幹部がクーデターを起こすという内容の「平成維新」を含む8作品を収録した短編集。『トーキョー・ウォーズ』のような規模のシミュレーション漫画かと思ったら違いました。源文作品の常連キャラによるコメディ・タッチのオチまでついていて、非常にカル~く読める内容です。

ムリヤリ時事と絡めてみますが、例の空自幕僚長(元)の「田母神論文」が公になり参考人招致にまで発展した事件は記憶に新しいところです。
ネットにその論文のコピーがPDFで落ちていたので一応読んでみました。(どこかの教授が指摘していた通り、確かに正直なところ文章が拙いという印象は否めず。・・・アレほんとに本物だったんだろうか??)

田母神論文に対して日本政府が過剰ともいえるアレルギー反応を示し、マスコミには散々叩かれて結局本人は更迭されました。
この時もしかしたら(さすがにクーデターはないにしても)一部で田母神氏に共鳴する隊員も出るんじゃないかと思ってたんですが、文章力と本人のカリスマ性が不足していたのか、それとも防衛大臣の統率力が優れていたのかマスコミが敢えて取り上げなかっただけなのか・・・何も起きませんでした。

田母神氏の歴史見解を擁護する国会議員もいたと伝えられましたが大々的には報じられず、絶対出てくると踏んでた小林よしのりをゲストコメンテーターに迎えた番組は見かけなかった。世間を巻き込んだ議論が一度あってもよさそうなモンですが、荒れているのはネット上だけ。「これこそ日本なのだなあ」と実感しました。


難しい話はこのへんにして。
特に軍事マニアでもない伊藤(仮)が小林源文作品に惹かれるのは絵柄でしょうね、やはり。日本の一般的なマンガとは一線を画す、劇画にしても流線の極端に少ない静的な絵とアルファベットで描かれる擬音。このなんとも「無機質な流れ」が戦争モノの無情感とそれが転じてニヤリとする笑いに繋がるのだと思います。
『クロマティ高校』池上遼一のい絵柄をパロッたように小林源文の絵柄をもし完コピできればほぼ無敵のギャグが完成することでしょう。
[ 2008/11/17 16:48 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

サガノヘルマー 『わんぱくTRIPPER』 

10月末に新刊を大量購入して新ネタは充分にあるはずなのに敢えてサガノヘルマーの初期作品に走る。タイトルから作者の変態センスが光る『わんぱくTRIPPER』
※小さい画像では惜しいので表紙クリックで拡大表示できるようにしました。しびれるぜ。

わんぱくTRIPPER










わんぱくtripper(1)
わんぱくtripper(2)
「ねーおっさん 体の部分で『よじね』って知ってる!?」

ブラックブレインに前後してヤングマガジン エグザクタで連載されたサガノヘルマー最初期の作品。本作を執筆途中でブラックブレインをヤンマガ本誌で連載開始したことから設定は結構似通っており、『わんぱくTRIPPER』も幻遊(トリップ)という能力を持った主人公が他者の身体感覚をイメージの世界から侵入して操作する。ラバーフェチ、スカトロフェチ、なんでもこいの超変態マンガです。登場人物はそれぞれ特殊な性癖を持った色情狂ばっかりで、幻遊能力者に歯止めをかけようとするのは自らも強力な幻遊能力をもつ主人公の祖母のみ。
それぞれトリップするためのアイテムを持っていて主人公は”ピケグミ”というグミ状の自作アイテムを囓ってトリップ。ヒロインはラバーフェチなので消しゴム囓ってトリップ。祖母に至っては原子炉の冷却水でトリップ(意味不明)。毎回ヘンな趣味の変態を退治する、といった感じのストーリー。

この『わんぱくTRIPPER』のどこがヤバイかというと、妄想上の身体器官に名前をつけちゃったことである。上の引用文にある「よじね」というのは主人公が敵を攻撃する際に考えついた「新しい器官」で、「ワキの下にぶら下がっている用途不明の金玉袋」のこと。ほかにも主人公は「ぬかび」「きな」「ひこも」「しじた」「あびたも」という器官も敵にくっつけて勝利(?)するワケですが、まあ・・・それがどうしたって話ではありますが、とりあえずこの発想の自由さには驚きます。マジで。

そしてこの単行本全2巻にはサガノヘルマー本人についての情報が掲載されているという点でも貴重。デビュー作『四千年事情』が読めるのは有り難い。発想が面白ければこんな絵でもヤンマガで賞を取れるってことで。当時は遠近法も知らずに描いたというから、やはり天然物の凄みってのは侮れない。
楽屋ネタのオマケ漫画では女奴隷をいたぶってマンガのネタを考えさせているというオチがあるけど、サガノヘルマーが言うとホントにやってそうで洒落になってません。
ファンなら是非押さえておきたい作品ですが、そうでない人はきっと本棚に置くのもイヤな作品です(笑)

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/11/07 17:14 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)

Microsoft Natural Ergonomic Desktop 7000  

見せてもらおうか・・・マイクロソフトの人間工学デザインの性能とやらを!



【ワイヤレス】 マイクロソフト Natural Ergonomic Desktop 7000 [Windows&Macintosh] (WTA-00014)
機能性へのフェチズムがオーラル学園メンバー内では高めの伊藤(仮)です。先日某電器屋で展示されていたのを触ってからどうにも欲しくてたまらない。気がつけば「買い物カゴに入れる」ボタンをクリック。
そして私は・・・父ジオンの元に召されるであろう!的な。後悔はないッ・・・!
というわけでマイクロソフト製の「ナチュラルエルゴノミックデスクトップ7000」です。

というのもキーボード交換ってのは現PCを買ったときからの懸案事項で、結局1年半も萎びたイモみたいな打鍵感のノーブランド品。ついに新・キーボードに選ばれたのはSF映画に出てくるような形状のコレでした。初ワイヤレス環境(ペンタブ以外)!

エルゴノミックキーボード
もっと角度をつけて撮ればわかりやすかったかも。見ての通りキーが真ん中から左右に分断されていて、しかも中央が緩やかに盛り上がってます。さらにキーボードの手前側が高くなるように専用のスタンド(パームリフト)が付属している変態デザイン・・・いやさ、これが人間工学に基づいたエルゴノミックデザインってヤツらしいです。
慣れると最高!って話もチラホラ聞きますが、合わない人にはとことん合わないという話も。

エルゴノミックマウス
さらにマウスまで変態デザイン。手を置くと掌は水平にならず、右側に傾斜する格好。しかも高さが普通のマウスの1.5倍くらいあります。左手の握り拳をマウスを持つように右手で掴んでみてください。大体そのくらいです。ゴツい・・・。



・・・さて、概要はこのへんにしてそろそろコキ下ろします

初期不良だ。

え~、当たり外れがあるとは聞いてはいたものの、見事にところどころキーが反応しません。とりあえず「Enter」キーが無反応っていう超一流のアメリカン・ジョークに愚息もエレクト。
DIG IT!
続きましてファンクションキーの半分とz、x、c、v、_ 。
ほかのキーは正常。さて明日にでも新品交換してもらおうか・・・。

・・・初代「X-BOX(初回限定版)」を買ったときの不良品事件(読み込み不良&ディスクの物理破損)が頭をよぎります。
・・・どうも自分はマイクロソフト製品と相性が悪いようです。

追記・・・翌日ですがサポートセンターに問い合わせていくつか動作確認をしたあと、めでたく初期不良認定で「新品交換」となりました。こっちの返送よりも先に代替品を送ってくれるとのことで、まあサポート体勢についてはなかなか良かったと思います。使い勝手についてのレビューは完動品が届いてから追記します。




再追記・・・パッケージの保証書をカスタマーセンターにFAXして2日後の今日、代わりの新品製品が届きました。今度は無事全てのキーが正常に反応。良かった・・・。
同梱のマウスは正常に機能していたので問題はないのですが、今回マウスも一緒に新品で送られてきていたので、試しに触ってみるとホイールの滑りがまるで違う!ワックスのきれたスキー板のようにカタい(重い!)。こういう機会でもないと同じ製品を複数触って比較することなんて滅多にないので個体差について意識したことはありませんでしたが、まさかここまで差があるとは・・・。


以下、やっと・・・やっと本題。使ってみての感想です。キーボードの使用感は上々・・・とはいえまだ慣れてないのでパッと手を置いたときに正しいポジションに指がいっていない。しかし両腕がハの字に開いているためワキのあたりがゆったりと脱力出来てる気がする。
打鍵感は結構好み。ノートパソコンみたいなペチャッとしたのは苦手なのでこのくらい反発してくれるほうが個人的にはいい。もっとカチャカチャ音がするかと思ってたけどわりと静かで、ただEnterキーが小さいのだけは難点ですが・・・これも慣れかと思います。

あとワイヤレスって多少はタイムラグがあるかと思ってたんですが、ないに等しいですね。価格ドットコムのクチコミでは「0.2秒ほど遅い」みたいなカキコミがありましたけど、そんなもんどうやって計ったんだっつー感じです。
自分はあまり使わないのでさほど不便は感じませんが、マウスのホイールボタンはかなり固め。ここを多用するような使い方の人は苦戦を強いられると思います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/11/04 01:43 ] 番外企画 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。