スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナイキACG 『AIR MAX SUPERDOME』 

2008年ラストのスニーカー紹介コーナーを飾るのはナイキACGのアウトドアクロストレーニングブーツ『AIR MAX SUPERDOME』ACGのブーツだけでいったい何足目だろう・・・?

acg_superdome02acg_superdome01acg_superdome03

こいつは近年になってからアップデートされたモデルですが、元々はACGカテゴリーができるとかできないとか言ってるACG草創期頃のモデルがオリジナルです。オリジナルはゴアテックスブーティーで防水仕様とのことですが、これはパッと見た限り「GORE-TEX」という表記がないな・・・?仕様変更かもしれない。

このアップデートモデルの大きな特徴はエアの肥大化とビジブル化。見ての通り、ソール部分にマックスエアのウインドウがデカデカと自己主張してます。

acg_superdome04 ごらんの有様だよ!

山用であろうと雪中用であろうと、アウトドアを指向するモデルでエアをビジブル化するメリットが思いつきませんが、これは暗に「街で履け」というナイキからのメッセージとして受け取るべきでしょう。

しかしながらマックスエア仕様だけあって履き心地は良いし、色もたまらん配色。レトロ感たっぷりのプラパーツなど、ディテイルには文句なし(個人的に)!
ここんとこエア リバデルチ(AIR REVADERCHI)エア マグマ(AIR MAGMA)初期ACGなどのグッドモデルが続々と復刻しつつあるので今後にも期待している。
負けずにアディダスも名作「シーユーレイター」とか復刻してくれないだろうか・・・。待ってます。


  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2008/12/30 19:41 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(2)

番外企画 『NIKE REALCITY』 

個人でオリジナルカラーのスニーカーを作れるサイト『NIKE iD』の新プロモーション映像を発見。



テクノサウンド+日本的家屋+ネコのモチーフ+屋根の上+ジャンプ?

・・・・・・・・・・「ジェットセットラジオフューチャー」「鉄コン筋クリート」じゃん!

・・・と知ってる人なら絶対にそう思うであろうPV。
(と思ったらやっぱり0:32で「鉄コン」作ったアニメ製作会社名が出てる)

「敢えて広告内容の見えてこない映像を作って視聴者に調べさせる」 という手法もすでに馴染み深いものとなっていますが、この『NIKE REALCITY』がいかなるものか、サイトを見てもその内容が見えてこないというのはどうなんだろう。

単純に映像から推察するに、みんな『NIKE iD』で街を自分の好きな色に染めあげろ!というメッセージ・・・と解釈してOK?いつかは作ってやろうと思いつつ、なかなか思い切れない買い物のひとつです。
[ 2008/12/26 18:17 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)

スエカネクミコ 『成城紅茶館の事情』 

この作品のオビにはこうあります。

 ド変態漫画です。覚悟して読め。

すげぇ・・・看板に偽りなし。オビって大事です。スエカネクミコ『成城紅茶館の事情』

成城紅茶館の事情 (ヤングキングコミックス)
「俺は人間不信になりそうだっ!!」

もうね、登場人物ほとんど変態です。「レズ」「ホモ」基本。初期設定をネジ曲げてでもキャラ同士をくっつかせる神の見えざる手が鋭意作動中。

最近はヘタレ男子ブームなのか、ヒョロい男子が女装して女学校に通うハメになるとかそんな設定が多いのは気のせいでしょうか?
この作品の主人公も例に漏れず男と女の境界線上を行ったり来たりするものの、それは女装ではなく不思議な紅茶を飲まされたせいで紅茶を飲むと女になるという体質になってしまうというもの。
ちなみにトイレで用を足すと戻ります。

好きな娘を親友に横取りされ、ケーキをヤケ喰いしていた主人公は店のマスターに一服盛られて女性化してしまうものの、勢い余ってそのまま告ったら実はその子はレズで親友はただのダミー彼氏扱いだった・・・というアホ☆展開。1巻で完結してしまうのがもったいないくらいのハイテンション・バカ☆ラブコメです。やはり・・・というか、ヤングキング系列の雑誌は侮れねえ、侮れねえっ・・・!

それにしても「紅茶」ショップでマスターがアゴ髭のクルクル黒髪オヤジ、パティシエが細腕系のホモってどっかで見たような・・・。さらに言ってしまえば高橋留美子『らんま1/2』なわけですが。

まあどっちも完結してから結構たっているので最近の若い「小学校からボーイズラブを読むような腐女子エリート候補生」には元ネタ(もとい、類似性)として気付かれないかも知れません。
しかしそう考えると己の属性から容姿までを任意に変更できる「呪泉郷システム」は画期的だったなぁ。

・・・ということはマスターやパティシエにも紅茶を飲ませると・・・?
この煽りでちょっとでも心惹かれた人はすでに病名のない病気です♪おわあおわあ。
こうやって同病相憐れむことで「腐」の連鎖が広がるんですね、わかります。
読むべし。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2008/12/01 18:06 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。