スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おたから 『オムロン歩数計』 

先日、誕生日を迎えた伊藤(仮)です。
ブロッケンの誕生日に川村ゆきえのサイン入り写真集を贈ったお返しということでオムロンの歩数計を頂戴しました

歩数計

さっそく本日スカラベとウォーキングに行った際に携行しましたが、コレは良い。USBフラッシュメモリくらいの大きさで、ボタンが3つの簡単操作、表示も大きくて使い勝手は良好。

今日はたまたまいつも歩くコースよりも短いルートを通ったんですが、それでも8924歩!まったく意識してなかったけど、いつも1万歩くらいは余裕で超えてたようです。
折しも夏フェスに向けて肉体強化を誓った矢先、自分では買う発想の無かった歩数計をGETしたことでモチベーションも高められそうです。サンクス、ブロッケン


今年は『事前準備と装備の充実で快適に』をスローガンに掲げ、とりあえず普段履きを「ナイキ フリー」にして少しでも足を鍛えることに。コレはシューズ全体がグニャッとねじれたり曲がったりする構造なので通常のシューズでは鍛えにくい土踏まずやバランス感覚を鍛えられるシューズ。

NIKE FREE TRAIL 5.0 ナイキ フリートレイル5.0 黒黄赤’06

こんなやつ。伊藤(仮)が所有するのはコレの色違い。最初期モデルなのでもう廃盤っぽい。
現行モデルのほうはフィット感がさらに向上してるらしい。気になる。

あと当日は何を履くべきか悩むところです。去年大ブレイクしたメレルのカメ●オンはソールが滅茶苦茶すべるらしいんで除外。
ゴアテックス以上の透湿性をもつという話題の防水素材、e-vent(イーベント)を搭載したHI-TEC V-lite Rader2 EVENT JPを履いてみたい。
誰か履いている人がいたら感想を聞きたいんですが、新製品だけにまだレビューは見当たらないんだよね。人柱になるのもやむを得んか…。


アドベンチャースポーツ【HI-TEC】ハイテックVライト レーダー2 イベントJPブラック/レッド【cp...

 (※追記…その後、本当に人柱になってみた。)

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2009/03/31 16:17 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

サガノヘルマー 『SATELLITEぢゅにゃ』 全3巻 

全巻揃えてからずいぶん経ってしまったがいずれ避けては通れぬマンガレビュー。サガノヘルマーお師のSF電波アドベンチャー、『SATELLITEぢゅにゃ』


「Jr.(ここ)では健全さこそが"病"」(作中より)

ウソみたいだろ・・・それぞれの表紙で髪の色が違うけど、これ同一人物なんだぜ・・・。

さて、以前1巻のレビューに書いた通りサガノヘルマーの真骨頂ともいうべきエログロSFアドベンチャー。結局2~3巻は近場の中古市場では買えなかったのでヤフオクでセット買いしました。

主人公が担任として所属するクラス(桜山三中2-C)は「先生」獲得のために攻め寄せる北中によって校舎を破壊されるあたりで1巻を終えましたが、2巻に入りついに北中の武器化された教師が登場!

徳久先生 北中教師 徳久先生。

歯茎から伸びる無数の触手(神経)を眼窩から侵入させ、相手のコンプレックスを刺激してメンタルを攻撃・破壊。・・・素敵すぎる設定。

詳しい経過は省きますが、このコンプレックス攻撃によって主人公聖シュウジは「失敗に終わった中学生時代の初恋」の記憶を増幅して植え付けられることで性的嗜好を真性少女趣味に変えられてしまうのだった!
最近では「ラブやん」のカズフサのように元々ロリコンな主人公も多くなり市民権を得ていますが(異常)、1999年当時としては画期的だった・・・かもしれない。
とにかくサガノヘルマーは本作の主人公を「自分の意思とは関係なく」という大義名分付きで真性ロリコン教師というステータスを付加することに成功(´▽`)

しかし残念なことにこのへんから打ち切りの気配を察知したのか男子生徒がほぼ登場しなくなります。そして一気にストーリーは衛星ぢゅにゃの謎、ぢゅにゃの管理・支配を目論む勢力の存在がイキナリ明らかに!おそらく本来はこのあたりをさらに掘り下げて地球での話も構想にあったんでしょうが・・・。

それはさておき司法省中央管制用AIコンピュータ「RCHB(レーチバ)8世」(元ネタは千葉麗子?)のフォルムが最高すぎる。

レーチバ レーチバ8世。

※注:卑猥なデザインのマウス(トラックボール?)を舐めて物事を操作します。

ここまで電波設定のインフラを整えて、さあこれから妄想炸裂・・・といういいところでの打ち切りでムチャクチャ強引なエンディングを迎えます。何やってんだ講談社・・・(TдT)
作者もこの作品には思い入れがあったようで、巻末おまけページにこんなカットがあります。

サガノヘルマーの誓い

コレ完結させていれば絶対歴史に残るカルト漫画になったと思うんだよなぁ・・・。
成年誌でも同人誌でもいいから続きを描いてくれないだろうか。アシスタントとして手伝いたいくらいです。

先生、連絡待ってます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/03/25 01:54 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

RADWIMPS 『おしゃかしゃま』 

久しぶりに出るRADWIMPSのニューアルバム『アルトコロニーの定理』に収録される『おしゃかしゃま』のPVを発見。

    おしゃかしゃま/RADWIMPS   歌詞はコチラ(goo歌詞)

そう、RADWIMPSはこういう曲調でこそ真価が発揮されると勝手に思ってるんですがどうでしょう?3rdアルバムから入った伊藤(仮)ですが、試聴してみての購入動機は「揶揄」でした。
たまにブログでRADWIMPSを取り上げると「あのラブバラードいいですよね!」というコメントを頂きますが「揶揄最高ですね」と返信すると会話終了。何故??

今年のライジングサンに来ないかなぁ。一度生で見てみたいもんです。

 『アルトコロニーの定理


  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/03/09 20:51 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

長尾謙一郎 『ギャラクシー銀座』 4巻(完結) 

大方の予想通り、おしゃれ手帖よりも短い作品に終わった長尾謙一郎の怪作・『ギャラクシー銀座』 4巻。このレビューをココ北古賀に捧げます。


「未来がないって・・・すがすがしいと思わな~い?」(作中より)

まずビッグコミックスピリッツ誌上に受肉した神・長尾謙一郎氏との出会いに、そしてこの作品を描ききった努力と才能とその成果に対し最大限の畏敬の念をもって感謝の念を捧げたい。
週刊商業誌に『預言書』を連載した最初の人間として末永くまんだらけのニューウェーブコーナーのポールポジションに留まることはまったく疑う余地がない。そして、


祝!『文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品』選出!


すごい。こういうマンガ作品がパブリックなシーンで認められるという、コミック先進国に生まれた喜びをいま、改めて実感した次第である。

さて、例の如くネタバレは避けて感想を書いていこうと思いますが・・・率直な感想は「怖かった」
3巻あたりから様子が違ってきているな、とは思っていましたが、4巻に至っては余すところ無くほぼ怪談です。
竹やぶ・シャブ・虫・宇宙・ハチドリ・ロールスロイス・パンダ・・・正体のわからないものを正体のわかりにくいままに配置して語る、それが恐怖の源。もっと言えば「よくわからない描写がちょっとわかるような気がする」という不気味な深遠さに満ちています。

これは説明しようにも説明しようがない!レビューになりません。
ただひとつ言えることは(この作品がもつその価値は普遍のものですが)非常に時代の空気に即した作品であることは間違いないと思います。
豊かだけど豊かじゃない時代、あるべき世界とのズレを認識したまま時の崖から落下していくしかないと、それにすら自覚的な時代。この違和感・不安感を現代語に翻訳する試みだったと、そういうふうに捉えています。

これは間違いなく現代人必読の書です!話は、そして人生はそれからだ!

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中

※なんとか自分なりに人に説明できるよう分析を試みて読み返していますが難航中。
少しわかったような気がしてきましたが説明が長くなりそうなので別の機会にまとめて記事にします。
[ 2009/03/03 23:45 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。