スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠藤浩輝 『オールラウンダー廻』 

アフタヌーン誌での『EDEN』連載終了からさほど間を置かずにイブニング誌で連載がスタートした遠藤浩輝の格闘マンガ、『オールラウンダー廻(メグル)』が面白い。

 オールラウンダー廻(1)
「……俺はあいつが 昔から嫌いだった」(作中より)

「打・投・極」からなる総合格闘技「修斗」を題材にした珍しい作品。個人的には格闘マンガはもういいや、って思ってましたがコレならいける!

『空手バカ一代』・『ドラゴンボール』・『グラップラー刃牙』・etc…、あらかたやり尽くされた格闘ジャンルの行き着く所はどれも超人vs超人。それ以降は「ヤンキー系」だとか「萌え要素」といった味付けの違いくらいで、リアルな格闘からはドンドン離れていってる気がしてたが、本作は違う。主人公がごく普通の高校生で、純粋に実力差で負けまくる!幸運はあてにならない!やっぱそうだろ!

つまり俺が言いたいのはテイルズよりもウィザードリィってことだ(´∀`)
そう、ゲーム開始直後に初めて出会ったモンスターに太刀打ちできず全滅した経験がある人間からすると、レベル上げのいらないRPGなんて感情移入できないんだよッ!


さてこの『オールラウンダー廻』ですが、少年格闘マンガにあるようなイケイケ感は皆無。まだ1巻なので地味っちゃ地味ですが遠藤浩輝の短編集に通じる乾いた感じと比較的性格の明るい主人公という組み合わせがなんだか新鮮。そして当たり前のようにヤクザの世界が絡んでいるのも作者のファンにとっては嬉しいところ。
修斗を通じて7年ぶりに再会する主人公「高柳廻(たかやなぎめぐる)」と小学校時代の昔馴染みにして空手の同門でヤクザの息子、「山吹木喬(やまぶきたかし)」との間に生じた友情の溝が描かれる第1巻。
確執の原因はハッキリしないものの、廻の明るさと対照的に父親の仇討ちのみに暗い情熱を燃やす喬のコントラストが今後どういうふうに展開していくのか非常に楽しみ。

1巻は練習風景も交えて「修斗」の丁寧な説明が入るので自分のように格闘技に興味のない人間でも楽しめる作品になってます。ただし、作者がジックリと描いてくれる(と思う)作品なので多少展開がゆっくりでも焦らず最後まで付き合っていく気の長さが大事です。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2009/06/30 13:13 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

ターンAガンダム 

ついにアニメの感想にまで手を染めるオーラル学園旧校舎。もうこの際どっちこっちゆうてないですよ。ネタバレありなので未視聴の方は待避されたし。
しかし記念すべき1回目は「何故今なのか」と自分でも思う『ターンAガンダム』
ヒァウィゴ!


∀ガンダム MEMORIAL BOX I/アニメーション[DVD]
∀ガンダム MEMORIAL BOX II/アニメーション[DVD]
 絶好調  月光蝶である!」(byギム・ギンガナム)

いい意味でも悪い意味でも、こんなに薄いガンダムは初めてだ…。どんなアニメにも心に残るセリフというのはあるものだが今回は上のような空耳しか思いつかなかった。でもこれ、初見では10人中8人がこう聞こえたと思う。

「富野由悠季」「カプコン」「ハウス世界名作劇場」のトリプルネーム・コラボアニメといってもおおよそ間違ってない、そんなガンダム20周年記念企画作品。賛否両論、取り沙汰された主役機∀ガンダムのデザインもさることながら、他のガンダムアニメのイメージをブチ壊すという孤高のポジションと言わざるを得ない。
「ガンダム史のなかでは異彩を放つ作品」ではあるが、やろうと思えばガンダムではない完全な別作品にもできた内容を考えると、「ガンダム」というネームバリューなしにはこれほど注目されなかったと思うのが正直なところ。
内容的には滅茶苦茶グダグダってわけでもないので、まあ普通に全話観られたわけですが…。ここまで防戦一方でストレスのたまるロボットアニメってなかなか思いつかない。最初から判定狙いのボクシングを見ているような気分。

かつて地球に住んでいた月の人類が地球への移住を求めてやってくるというストーリーですが、敵も味方も軍(国家?)として足並みが乱れまくりなうえに、どいつもこいつもすぐ宗旨替えするもんだからもう勢力図がゴチャゴチャ。両陣営とも指導者が権力を掌握しきれていないことと、それに加えてガンダムシリーズお得意のサブキャラパイロットのスタンドプレー続出で状況はますます混乱。ヒロイン一家の使用人である主人公ロランは持ち前の奴隷根性でけっこう指示待ちできる常識人だったのが救い。

この作品をアタマっから観てて思ったのは交渉や対話を求めるシーンが非常に多く、実際にそれが実現したにもかかわらずそのほとんどがハプニングやら交渉決裂やらで大した話もできないままに物別れに終わっている。そう、全体的に「不発イベント」が大半を占めるストーリー展開で、それがイライラさせる原因。視聴者をムカつかせる悪役キャラを毎回倒しきれないのもイライラ原因のひとつ。ラスト近くでムカつくキャラ(部下なのに)をギンガナムが一撃でブッ殺してくれた時はかなりスッキリしたもんだ。

ギャバン隊長の爆死シーンにしたって観てるこっちが「少しは人の話を聞け!」とツッコみたくなる態度だったので同情できない。ソシエの結婚話にしたって突然すぎる感じは否めず。なんかホントに行動が不可解な人物が多い。コミュニケーションの喪失がテーマだったんだろうか?ギンガナムも何がしたいのかイマイチ伝わってこなかったし。最終決戦の主人公との問答はかなり不毛だった。

しかし主要キャラにゲイが混じっているというのは斬新だったな。主人公への接し方には何か特別な理由あってのことと考えていたので、まさかただの衆道趣味(少年愛)だったとは盲点をつかれた。小説版はけっこう裏話が書かれてるらしいので機会があれば読んでみたい。

オープニングを西城秀樹、エンディングを谷村新司が歌うというのも面白い試みだったが、ロボットアニメのオープニングとしては地味すぎた気がする。



  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/06/18 02:18 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

HI-TEC 『V-LITE RADER2 EVENT JP』 

以前、記事に書いた靴がどうしても気になったので人柱になってみた。語ることが多くて長くなる予感。
ハイテック(HI-TEC)社のVライト レーダー2 イベントJPです。



その通気性の高さから"ポスト・ゴアテックス"との見方もある防水透湿素材イーベント(E-VENT)を採用したトレイルランニングシューズです。
このテのスポーツシューズは街履きスニーカーとは別の美的感覚が求められるのでルックスについては好き嫌いがあると思いますが、機能面でのコダワリはかなりのモノなのでそっちに萌えられる人ならアリでしょう。
このモデルの売りは以下の点。

●次世代透湿素材「E-VENT」採用
●独自の軽量化技術「V-LITE」設計
●吸湿・衝撃吸収・防臭抗菌に優れ、履きこむと足に馴染んでくるインソール
●衝撃吸収性に優れた圧縮EVAミッドソール
●あらゆる方向に最大限のグリップ力を発揮するアウトソールパターン
●縫い目のないシームレスアッパー
●グリップ性に定評のあるビブラム社製ソール


腑に落ちないのはビブラムソールを採用していない下位モデルのほうが定価が高いこと。
好意的に解釈して生産体勢が整ってコストダウンできたってことにしておこう。

さてこのハイテック製のシューズですが、「これほど地方在住者が通販で買うのに向かないものはない」ってくらい難儀しました。結局サイズ交換やら製造上の製品不具合で最終的には返品という残念な結果になってしまったわけですが、それでも国内では製品レビューがなさすぎるので購入を検討中の方の参考になればと思います。
ちなみに伊藤(仮)の足は特に甲が高いわけでもなく幅が広いわけでもない(と思う)。
ナイキ・アディダス・ニューバランス、いずれもだいたい26.5cmで問題ナシ。たまに27cm。

◆   ◆   ◆   ◆

まず、オフィシャルHPも含めて情報が非常に少ないのがハイテックの弱点。まずWIDTH(足幅)についての表記がないのはスポーツシューズとしてどうなんだ??
一部のモデル(最近?)にはEEとかEEEとか表示があるみたいだけどレーダー2にはなかった。販売店を通じて問い合わせをしてもらったところ細身のEEというよくわからない回答。…それってDってこと??
また答えにくいとは思うけど「他社スニーカー等と比較して極端に大きい・小さいといった特性があるか?」と質問したところ「普通」というお話でした。

最初に注文したのはEEという幅を信じて26cm。しかしここで販売店との認識の食い違いが出てしまったのがUSインチとセンチメートル表記の換算誤差。一般的にUS8といえば大概は26cmに換算されると思っていたのですが、ハイテックはUKの会社だからなのか、US8.5が26cmに換算されていました。そして「ハイテックの26cm」は小さくて履けず。???特に足先は指がほとんど動かせない感じです。これWIDTHはDだろ…と思った。
販売店ではセンチ表記だけで注文を受けていたために事態がややこしくなり、仕方なくサイズ交換をお願いすることに。

実はさらにサイズ選択を難しくしてくれる問題があります。
これは自分である程度履きこまないとわからないんですが、このモデルのインソールはハイテックの上位機種に採用されるタイプで履きこむとだんだん所有者の足型に合わせて変型して馴染んでいくというシロモノだそうで。未使用状態のせいかは判断がつきませんが、とにかくインソールは結構な厚さ。これがどのくらい圧縮されていくかでまたサイズ選びが変わってきそう。
※インソールを抜いた状態で足を入れると「26cm・WIDTH=EE」と言われても信じられる。

ハーフサイズアップの26.5cmに交換してもらったところ、インソールが多少沈む事も考慮に入れても、まあなかなかイイ感じ。これで決まりか…と思いきや、トゥ部分の接着…というかミッドソールが一部わずかながらグチャッと歪んで接着されて隙間ができてしまっている。不良品でしたorz
防水透湿を謳ったモデルでこれは論外。
海外のHI-TEC製シューズへのレビューでいくつか見かけた「防水性は申し分ない!…つま先が剥がれなければだが」というカキコミを思い出し、こういうことか、と。しかし一方で高く評価をしている人もいるので当たり外れがあるのかも。

で、26.5cmのものは不良品ということで販売店に再度交換をお願いしたんですが「在庫がない」とのことで返品、と相成りました。結果的に当方は無料で品定めだけできたわけですが、返送料を全部負担してもらったので販売店さんは気の毒でした。
E-VENTの性能を試してみたかったのに残念…。

他に注意点といえば…たまたまなのか素材の特性によるものかは不明ですが、このモデルは私の手元に届いた2足ともアッパー部分にシミがありました。
また「27cmで平均375g」と軽量性を謳っていますが、これインソールを抜いた重さです。インソールを入れると26.5cmでも普通に400g超えますんで、お間違いなきよう。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/06/11 14:51 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

技来静也 『拳闘暗黒伝セスタス 15巻』 

ついに第一部完結!技来静也『拳闘暗黒伝セスタス』

 拳闘暗黒伝セスタス(15)

エログロ・エロコメ原理主義のヤングアニマル誌に『ベルセルク』と並んで異彩を放つシリアス拳闘マンガが堂々の第一部完結!
隔週誌でありながら休載の多さでファンをヤキモキさせる作品のひとつですが、よく考えたらいつのまにか単行本を買ってる作品はほとんど隔週か月刊かそれ以上の連載間隔。

永野護 『ファイブスター物語』
小池桂一 『ウルトラヘヴン』
三浦建太郎 『ベルセルク』
山口貴由 『シグルイ』
植芝理一 『謎の彼女X』
松本大洋 『竹光侍』
太田垣康夫 『ムーンライトマイル』
浅野いにお 『おやすみプンプン』
井上雄彦 『リアル』
井上雄彦 『バガボンド』


思いつくまま挙げてみたけど、やっぱり先が長い&作者が描かないという点で『ファイブスター物語』が一番ヤキモキさせられる。手塚治虫の『火の鳥』しかり、栗本薫の『グイン・サーガ』しかり。ライフワークなればこそ未完になりやすいんでしょうけど、ファンとしてはそうならないように一刻も早い連載再開に期待しています、永野先生。

さてセスタスの最新巻。ようやく一段落という感じ。巻末に第二部の予告が4ページもありますが、これを見る限り第二部は今まで手厚く(長~く)描いてきたサブキャラがドカドカ再登場してセスタスと対決しそうな気配で連載再開が楽しみ!
…逆に第一部で影の薄かったサブキャラが入り込む余地があるのかないのか、そのあたりも気になるところ。おそらく作者はこの休載期間にじっくりとシナリオを練ってくると思うので大いに期待して待ちたいと思います。
でもドリスコ拳闘団でモノになりそうなのはゾラとエルナンドくらいかなぁ…。

連載再開は2009年冬です。な、長い…orz

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/06/07 18:42 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。