スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ディア・ハンター 

ツタヤでベトナム戦争映画の『ディア・ハンター』を借りてきて観たんだが、作品内容とは違う次元で衝撃を受けた。

 
1978年公開 第51回アカデミー賞作品
監督 マイケル・チミノ
脚本 デリック・ウォッシュバーン
出演 ロバート・デ・ニーロ
   クリストファー・ウォーケン
   ジョン・カザール
   ジョン・サヴェージ
   メリル・ストリープ

結婚式直後にベトナムへ出征していく"鹿狩り仲間"だった若者3人が悲惨な戦争体験を通して苦悩する姿を描く社会派戦争映画。180分という長尺で描かれる華やかな結婚式と雄大な自然に包まれた鹿狩り、そして陰惨を極めるベトナム捕虜生活での強制ロシアンルーレット。
生と死の強烈なコントラストを背景にアジア人への偏見と被害者意識で観客を魅了した戦争エンターテイメントである。

まあ、内容についてはいまさら語ることもないと思うが、要するにロバート・デ・ニーロが全裸で街を駆け回ったりベトナムで超タフガイな活躍をした挙げ句ベトナムから帰還してこない親友(クリストファー・ウォーケン)の婚約者(メリル・ストリープ)を寝取るってな話ですわ。嘘は言っていない。


だが、問題はそこじゃないんだな。これまで色んな映画を観てきたが、こんなに酷い字幕は初めてだ。
論より証拠、下のキャプチャー画像を見ていただきたい。

ディア・ハンター3
駄弁ってるシーンなので話の内容はよくわからないシーンだったが「グラジエーター」って発音が団塊世代の英語教師を彷彿する。「銭湯」だけ斜体なのも解せない…いやまて、今思ったがもしかして「戦闘」の誤変換じゃあるまいな?


ディア・ハンター4
完全に誤植。「の」が一つ多い。日本語字幕で三点リーダの位置が下にくるのも珍しい。


ディア・ハンター2
三点リーダの位置と「っ」が真ん中に浮いてるせいでまるで一体感のないセンテンス。
よく見りゃ送り仮名も正しくない。


ディア・ハンター1
シリアスなシーンなのに文字間隔と角度が微妙に狂っているせいで台無し。


…断言する。この字幕を手掛けた奴は日本人じゃない。まず使われてるフォント自体が日本ではあまり馴染みがない。何かに似てると思ったら中国製品の日本語マニュアルなんかで使われている字体じゃないか?日本語入力は動作保証外のパソコンでムリヤリ字幕編集したような気配…。

これが単館上映の超マイナーC級映画のVHSだっていうならともかく、廉価版とはいえ2007年に再販されたアカデミー賞作品のDVD(ハードコーティング仕様)だぞ!?
なんたるお粗末。ユニバーサルもヤキがまわったな。生かして置けねへ。
廉価版ではない「通常版DVD」での字幕の出来はわからないが、映画ファンがコレクションとして所有するならば最低限、このジェネオン・ユニバーサル廉価版は回避すべきである。

スポンサーサイト
[ 2010/05/06 03:34 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。