スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リトル・ミス・サンシャイン 

たまにはハートウォーミングなホームドラマムービーでも観ようかな、と思ってTSUTAYAの「アカデミー賞を楽しもう」コーナーにあった本作をレンタルしてきた。ジャンル分類は「ヒューマン」になっているがR指定。

 『リトル・ミス・サンシャイン

美少女コンテストに出場することになった「我が家のぽっちゃりガール」を連れカリフォルニアの会場まで一家総出で向かうファミリー・ロードムービーの皮を被ったパンク映画

バラバラだった家族がカリフォルニアまでの道中で歩み寄り、家族の絆を取り戻す…的な期待は見事に裏切られた。
いくらでもハートウォームな方向に手を伸ばせるシーンが用意されている映画にも関わらず、その機会をことごとくスルーしまくるのは制作者にその気がないからとしか思えない。


父親は「勝ち組」になるための自己啓発を生業とするうさんくさい負け組のヤマ師
母親は夫の能力を疑問視し料理は手抜きするスモーカー
祖父はWW2帰還兵にしてヘロイン中毒の色キチガイ
叔父は男に振られて自殺未遂したフランス文学研究者のゲイ
長男は空軍志願で筋トレと無言行を実践中で友達ゼロ
妹はミスコンテストに憧れるメタボリックガール


母親は比較的マトモだが、アメリカの病巣をブチ込んだような家族構成。
長旅をバスで移動しながらケンカで空中分解しそうになったりトラブルで協力しあったりするが…。
微妙なお年頃(15才)である長男の「何もかも大ッ嫌いだァ~ッ!」という青臭い認識を全肯定するようにファッキン権威主義!屁でもぶっかけてやるぜ!ってな具合で大暴れして終了。
最後にそれっぽいナレーションでも入れば何かしら主張めいた印象を捏造できそうなものだが、そういう誤魔化しは一切ナシ。結果的にはやりたい放題やって「さあ帰るか」でカットアウト&スタッフロール。えええええ。

洋画は現地(アメリカ)の宗教背景や生活文化を把握していないと外国人たる我々にとって理解できない場合がある。
本作も現代アメリカの生の空気を知る人間からすればもっと違う感想を抱くのかも知れないし、あくまで個人の感想なので異論はあると思うが俺にとってはこんな感じだった。

ショウビズ化された醜悪な美少女コンテストを狂った権威の象徴とし、劇場型の理想と自由と現実でがんじがらめになったアメリカをぶった切る。風刺的でありながら主張と心中しそうなアナーキーさを感じさせる作品。


  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
スポンサーサイト
[ 2011/03/17 16:46 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

笠井スイ 『ジゼル・アラン』 

前から気になっていた作品を今さらながらゲット。最近女流作家の作品をよくジャケ買いするなぁ。
エンターブレインの「fellows!」連載作品、笠井スイ『ジゼル・アラン』


 
「1年に1度の日の約束を守れなくても
 仕事してれば無罪放免か

 大人というのはずいぶん楽な仕事なんだな?」
ジゼル・アラン(vol.1)


 ジゼル・アラン
作者の笠井スイなる人物についてはよく知らないし調べてもいないのだが、ざっくり紹介するなら『エマ』『乙嫁語り』の「森薫」っぽい雰囲気…というか絵も似てるので弟子かもしれない。
成人男性キャラの描き方が「少年にシワとヒゲをつけただけっぽい」という弱点(?)まで似通っております。

高い教養を身に付け、大人っぽい話し方と考え方をする世間知らずなお嬢様「ジゼル・アラン」が訳あって家を出て「アパートの大家」と「何でも屋」を掛け持ちする日常的ほのぼの冒険ストーリー。

家賃滞納中のメガネ君を助手として頼まれごとをこなし解決していく過程と、ジゼルの目を通した日常の新鮮さを読者に体験させる作品。



実家はかなり裕福で身分も高そうだが、そこの令嬢がなぜ家を出て街で暮らしているのか。どういう事情でアパートの大家におさまっているのかなどまだまだ語られていない設定が多い。後半で実家の執事(?)が動き出すシーンがあるが、日常パートの合間に深刻な本筋を絡めてくるとしたらまさに森薫の手法そのままである。

ジゼル・アラン(コレット)

アパートの住人もまだ全員は登場していないが、中盤で新たな乳巨希望者も登場(←"にゅうきょきぼうしゃ"で返還したらウチのATOKが気を利かせてくれたようだ)。

ことあるごとにジゼルに(;´Д`)ハァハァする百合系豊満ストリッパーのコレット。ジゼルはコレットの「1日付き人」としてストリップ小屋に連れて行かれたりと、一部読者がコレットと一緒に(;´Д`)ハァハァできる要素もバッチリでごんす。

森薫はキャラを通じて歴史・文化背景を描くのが好きでたまらない感じが漂うが、笠井スイはもう少しキャラ・ストーリー寄りの作風に感じる。しかしこれはこれでキャラが魅力的なのでとりあえず続きも買うと思う。


  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2011/03/10 02:37 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。