スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンバース 復刻ジャックスターOX(2002)とジャックスターレトロOX(2006)の比較 

2002年に復刻された『ジャックスターOX』を入手したので、せっかくだから2006年版の『ジャックスターレトロOX』と比較してみた。レトロはタイトに履いていたが、2002年版は厚手のソックスでも余裕があるように1cm大きいものをゲット。

以下、2種を横に並べた画像は左足が2002年版、右足が2006年版(レトロ)で統一する。箱は2002年版の赤青箱のほうがビンテージ感がある。
converse_jackstar_box
converse_jackstar_boxtex

正面から。向かって左が『ジャックスターレトロ(2006)』。並べてみると『レトロ』のほうはやや青みがかったホワイトで、2002年版はクリーム色っぽい。
converse_jackstar_front

一番わかりやすい違いはベンチレーション孔。2002年版は一列多く羽根より前に孔が出ている。オリジナルは指の付け根部分のベンチレーションは無い。復刻版はどちらもクラリーノ仕様のデザインを引き継いだようだが、耐久性を考慮してかサイドのベンチ孔は廃止されたようだ。ベンチ孔の再現性は『レトロ』に軍配が上がるが、ベンチ孔で指の付け根から先の屈曲性が高いぶん『2002年版』のほうが歩きやすい気がする。
converse_jackstar_upper

スター&バーズ(内足側)。個体差があるかも知れないが、右側の『レトロ』のほうが☆マークとそれを囲むステッチとの間隔がわずかに広いように見える。
converse_jackstar_side

アウトソール。パターンは似ているが左の『2002年版』はトゥの格子がやや短く、菱型パターンが若干小ぶりでそれぞれの菱を隔てるクロスラインに溝が彫られている。オリジナルのソールを再現しているのは右の『レトロ』。
converse_jackstar_sole

MADE IN 表記のない囲みロゴ。『2002年版』は黒単色で『レトロ』は青枠黒文字。
converse_jackstar_insole

内部。わかりにくいが、『2002年版』はスター&バーズの裏にあて布(生成り色の部分)が付いている。
converse_jackstar_inside

ヒールラベルは『2002年版』はブラックの三ツ星チャックテイラー、『レトロ』はネイビーの一ツ星。日本製なので MADE IN 表記部分が改変されているが、やはり雰囲気があるのは三ツ星ラベルの『2002年版』か。
converse_jackstar_heel

何をもって再現性が高いとするかは年代によって基準がまちまち。直接比較してみるとどちらも一長一短といった印象。
現在は復刻の谷間期間でジャックスター自体の入手が困難なタイミング。…といっても本来ジャックスターは「レザーオールスター」というポジションだったのでワンスターが復活した今となっては存在意義が大きく損なわれたので今後の復刻があるかは不明。
中古やデッドストックを検討する際の参考になれば幸いだ。

→ 楽天市場で「コンバース ジャックスター」の在庫をチェック
→ 楽天市場で「コンバース ワンスター」の在庫をチェック

スポンサーサイト
[ 2014/12/10 14:03 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。