スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO 

昨年に引き続き単独参戦と相成った石狩湾新港での野外音楽フェス「ライジングサンロックフェスティバル」。今年は2日目だけの参加で野営道具が不要だったため身軽だった。

今年の出演者もそれなりに粒ぞろいなのだが、過去に何度も観たアーティストも含まれるので今年の参戦動機はやや薄め。それでも強行したのはやはり大御所枠「安全地帯」の出演があったからにほかならない。


観覧スケジュールは以下のとおり。

(15日)
クリープハイプ
クラムボン
中納良恵
cero
聖飢魔II
安全地帯
Perfume

東京スカパラダイスオーケストラ
MONSTER大陸
Rei
T字路s

Tricot
10-FEET



結論からいうと今年は「期待していたアーティストにハズレが多く、予習していなかったアーティストが期待以上」という珍しい年になった。

すでに各所で伝えられているように、大本命の「安全地帯」が地雷ステージだったのは衝撃。キレッキレのパフォーマンスを発揮する「聖飢魔II」を泣く泣く途中離脱してサンステージの前列で待機していたのだが、周囲の人からも「玉置浩二は本当に現れるのか」不安視する声がチラホラ。

最初はステージ袖からの入場曲にわざわざDJが生プレイするのか・・・!と思ったが、いつまでたっても安全地帯が出てこぬまま10分ほど経過。玉置浩二を除く安全地帯メンバーが演奏に加わり、また数分の場つなぎをしてようやく玉置浩二が登場し「じれったい(DJミックス)」、そして「悲しみにさよなら」を披露!
・・・そしてメンバー紹介から円陣を組み、バンドメンバーとDJ&C.C.ガールズ(青田典子)の全員で手を繋いでお辞儀、そのまま退場!客席ポカーン!
大入りのサンステージでコレジャナイmixを2曲やっただけで「全部やりきった感」を出して撤収。あのときの唖然とした空気と徐々に広がっていくざわめきは言葉では伝わらない。まさに客席がひとつの感情を共有したステージ。あの一体感は一生涯忘れることはないだろう。

当然のアンコールに玉置浩二が応え、ステージ下に降りてきてお立ち台(2mくらいの至近距離!)で「田園」を弾き語り、「夏の終わりのハーモニー」をアカペラで熱唱。本当にマイクがオマケって感じの圧倒的な声量と歌唱力を魅せつけて帰っていった。狐につままれたようなステージだった。ちなみに玉置浩二の衣装はアシンメトリーなドクター・ストレンジ(アメコミの)って感じだった。

あと「クリープハイプ」も結構期待していたのだが、肝心の尾崎世界観(vo.)の高音がアウトオブコントロール。音源を正確に再現しろという気は全くないが、高低・強弱ともに座標を見失ったように不安定で聴きづらく、やむを得ず途中離脱。まあ『ラブホテル』『憂、燦々』『オレンジ』『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』あたりは聴けたのでOK。スカパラでもゲスト出演してたが同じような歌声だった。

「Perfume」は安定のパフォーマンスでエンタメ性は抜群。今回予想以上に楽しめたのはボヘミアンガーデン。中納良恵・MONSTER大陸・Rei・T字路sはほぼノーチェックで何となく観に行っただけだったがいずれも実力派で、圧巻のパフォーマンス。このあたりを知れただけでも行った価値はあったと思える。

そして夜中の大本命「tricot」も期待以上のゴリゴリしたセットリストで大盛り上がり。あれほど男前なロックバンドは男バンドを含めてもなかなかないんじゃないだろうか。「個性的な音楽プラス可愛い」っつーのは最強だな、と思った。
スポンサーサイト
[ 2015/08/22 14:07 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。