スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『一万年、後....。』 

前から気になっていた阿藤快初主演のSFコメディ映画、『一万年、後....。』を観た。

 『一万年、後....。(DVD)

監督・脚本は沖島勲。観る前から相当変な映画だという評判は聞いていたが、確かに凄い。凄く意味不明。・・・なのに感動、・・・に似ているような似ていないような、得体の知れない感情でスタッフロールを見つめる自分がいた。

一万年後の世界に突如現れた男(阿藤快)が、子孫である少年との会話を通して一万年の間に大きく変化した地球と人類の歴史を知っていく、という演劇風映画。

謎の電波が飛び交う昭和風の質素な民家が舞台で、会話中にも電波のチューニングが合えばその都度壁や天井にイメージ映像が投影される不思議な空間。家の外は怪物や託児所経営を目論む三つ目の怪人がうろつき、かつての国家群もすでに消滅している。

・・・しかしこんなに感想を述べにくい作品も珍しい。そこで起きるひとつひとつの現象はシュールで意図が掴めないのだが、現代人感覚の阿藤快が情報の入口になって観客と共に困惑してくれるので置いてけぼりにはされない。
ただ阿藤快が電波を超えて一万年後の世界に出現する前に見たもの、感じたものを語るシーンは何とも言えない不気味さがある名場面といっていいだろう。


意味と関係性が混乱・崩壊した世界で、常に視野の外部に位置し続けるものに焦点を当てる話。道具を使わず自分の後頭部を目視するような、この映画は空間を捻じ曲げてそれを為す装置だ。

観終わってから真っ先に考えたことは「人生においてこの映画を観るのにもっとも相応しい瞬間はいつか」だった。それは誰かの葬式と、自分が死ぬ直前。生と死を強く意識するタイミングでは、他人にうまく説明できない歯痒さも含めて最大限にこの映画を深く理解し、号泣するだろう。
スポンサーサイト
[ 2016/03/20 21:45 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第22話 「まだ帰れない」 

このあいだ「失速気味」と書いたばかりだが、良かったら素直に良かったと書きたい。

第21話にして鉄華団の良心、ビスケット・グリフォン散る。三日月以外は主要人物でも例外なく死亡フラグ立ちまくりなのがオルフェンズだが、まさか一番替えの効かないポジションを削ってくるとは予想外だった。
ブレーキ役がいない鉄華団はそれ自体が巨大な全滅エンドのフラグにしか見えないが、しかしようやくギャラルホルンの主敵認定がなされ、視聴者へのマニフェストが掲げられた。そしてそれを受けての第22話。


塞ぎこむオルガに対し、三日月が敢えて追い込み開き直らせることに成功。ビスケットを失って三日月にどんな変化が起きるかと思っていたが、ますます冷静に根性を据えるブレのなさには良い意味で期待を裏切られた。

歴代ガンダム主人公でも屈指の強メンタルと性格は生まれ育った環境のせいなのかそれとも阿頼耶識のせいなのか、後者は来週あたりアイン・改が検証してくれるだろう。


そして今回は珍しく各陣営が考えていることをストレートに語って視聴者に現状を確認させる説明回でもあった。さらに展開も早い早い。
ビスケット追悼とオルガの立ち直りに一話使うとは思っていたが、各陣営の思惑紹介からテイワズ鉄道に乗るまでを一気に描いた。このくらいスピーディーに話が転がれば戦闘がなくても引き込まれる。あのかったるいコロニー編は何だったんだ・・・

とにかく、ここにきてようやく舞台が整ってきた印象。こっからが本番だ。
それと21話のグシオン・リベイクは近年稀に見るカッコよさ。あの隠し腕を使った戦闘はユニコーンのバイアラン・カスタムを上回るかも。
[ 2016/03/07 00:28 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。