スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブブキ・ブランキ 星の巨人 第一話(13話) 感想 

 以前の記事「ブブキ・ブランキ12話(最終回) 感想 」では序盤の無用なわかりにくさが終盤までボディブローのように響いたことと、素材は決して悪くなかったことを指摘した。
 そして期待と不安の入り交じる第二期『ブブキ・ブランキ 星の巨人』の第一話。結論から言えば大成功だったと思う。


 宝島の落下と王舞のパーツ探しで舞台を台湾に移した新展開。一期を観ている前提での話ということもあって今回は物語にスンナリ入っていける導入だったように思う。一期の反省からか、薫子がチーム日本と視聴者への情報公開に協力的だったことが大きい。
特に黒い心臓やチームの借り受けは最初に言語化されたおかげで劉毅の登場シーンでの一連のやりとりで人間関係の把握が円滑だった。
 おそらくここを一期と同じやり方で描いていたらチームアジアの内部事情の把握が保留され、敵味方の線引きが分からないまま視聴者の混乱を招いていたであろう。もしかすると薫子に急遽説明キャラ属性を追加したために性格が多少ブッ飛んだ方向に改変された可能性もあるが、考えてみれば礼央子も相当ブッ飛んでいたわけだし大きな問題にはなるまい。

 さて『星の巨人』第一話で印象に残ったのはやはり台湾観光パートをはじめとしたチーム日本(女子)のハイテンション!一期でも中盤で突然ギャグ要素マシマシになって「何があった!?」と困惑したが、元々このくらいのノリを想定していて逆に重めのシリアス展開が暴走気味だったのかもと思った。まるでZガンダムがZZになったような。一期中盤までのシリアス要素も終盤で一気に茶番っぽく感じられてしまったのであれを二期で有効活用できるか期待したいところ。

 それにしても静流の東モノマネや観光パートは3Dアニメらしからぬ表情の豊かさで楽しかった。近年はキャラまで3DCG作画のアニメも増えてきたが、『蒼き鋼のアルペジオ』『亜人』『シドニアの騎士』『ベルセルク』など一連の作品群の中では『ブブキ・ブランキ』が一番の出来だと思う。
 黄金みたいなフワフワ髪の表現はまだ苦手なようだが、『山賊の娘ローニャ』あたりよりは陰影のつけ方など、セル画っぽく見せる技術が高い。セルルック3DCGアニメの未来はブブキ路線をブラッシュアップしていった先にありそう。あとは別のアプローチとして『Gのレコンギスタ』で採用された主線が鉛筆線っぽくなるセル画エフェクト。あれと相互補完していけばいずれ手描きとの差がさらに縮まるんじゃないかと期待している。

 『亜人』『シドニアの騎士』は硬質で非人間的な印象がそれなりにマッチしている部分があるから許容範囲内だが、今期の『ベルセルク』は大失敗と言わざるをえない。
 確かに断罪の塔編の戦闘は立体的な戦闘描写が多いし線が多いガッツの黒甲冑を手描きしたくない気持ちもわかるが、汚れた感じや重厚感のある画が苦手な3DCGと『ベルセルク』の相性が悪いのは明白だっただけに原作のもったいなさが際立ってしまった。せめて手描きパートがもうちょっとマシならとも思うが、そこも及第点以下だったのが残念。

 ともあれ3DCGの未来を感じさせてくれる『ブブキ・ブランキ 星の巨人』には今後も注目していきたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブブキ・ブランキ 星の巨人 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ Quadrangle ]
価格:20250円(税込、送料無料) (2016/10/6時点)



スポンサーサイト
[ 2016/10/06 11:21 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。