スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

物流サービスの限界を機にネット通販を見直す。 

 2016年はアニメ業界も人手不足・・・というよりは仕事の入れすぎで作画崩壊、もしくは放送延期という自滅が表面化した年だったが、物流サービス業界も多忙をきわめ、そろそろ限界が近いらしい。

 これは会社が採算性や効率の悪さを現場に負担させて大きな仕事を取ってきたツケだと思うが、ネット通販ヘビーユーザーとしては現場がシワ寄せで苦しむのはあまり見たくない。なるべくまとめて注文したり再配達のないよう心掛けているつもりだが個人で出来ることは限られている。

 これまで本・CDに関しては「楽天ブックス」をメインに使ってきた。送料無料に惹かれて惰性で利用してきたが最近はポイントも渋く、また利便性では最強のはずの「amazon」も無条件の送料無料を廃止して使い勝手は悪化している。


 そこで浮上したのが「セブンネットショッピング」。セブン&アイグループの総合ネット通販サイト「オムニ7」の一部門として本・CD・DVD・ゲームなどを取り扱っている。

 自分は最近、実験的にここでマンガを注文し、あえて宅配ではなく近所のセブンイレブン店舗で受け取ることにしている。これならセブン&アイの定期配送トラックで効率的に届くし、本くらいならそれほどコンビニのバックヤードスペースを占有しないハズ。
 セブンイレブンまで歩いて出向くのも手軽な運動だと思えば気分も前向きになる。


 「オムニ7」自体はサービスが縦割りで使いにくく正直なところ失敗だと思うし、商品検索も優秀とは言い難い。しかしそれでも利用する価値は充分にある。それは客の取り込みを狙った「nanacoポイント」の大盤振る舞いの恩恵だ。
 「まとめ買い」や「予約注文」のキャンペーンで100ポイント単位の加算がつくことも珍しくなく、実質10%から20%引きになったりするのでかなりお得感があるのだ。

 既刊を注文した場合はamazonや楽天ブックスに比べると若干届くのが遅いが、登録しておけば何日の何時に店舗に届くかメールで連絡が来るのは便利。貯まった「nanacoポイント」は公共料金の支払いにも使えるので持て余すことはないだろう。



 そして「セブンネットショッピング」と一緒に利用すると効果的なのがポイントサイト。
 例えばハピタスなら 「セブンネットショッピング」なら通常で料率0.6%、しかし頻繁に料率上乗せキャンペーンをおこなっているので3%以上つくこともよくある。「nanacoポイント」との二重取りが可能なので実質の割引率は侮れないものになる。

 またここで貯めたポイントはamazonギフト券や楽天スーパーポイント、現金などに交換可能なのでこちらも使い勝手がいいので、他のポイントサイトから乗り換えるのもオススメだ。


 自分のような「ネット通販でマンガを頻繁に買う人間」は少なくないと思うので、そのうちの何割かでも可能な範囲でコンビニ受け取りを利用すれば流通の現場は変わるかも知れない。

 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト
[ 2017/01/02 14:38 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。