スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想 

 2017年4月2日(日)の夕方、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた。放送終了後に賛否両論が入り乱れるのはガンダムシリーズの常だが、今回も例に漏れず大きな話題になっている。



 最近とあるサイトで「創作物を減点評価で批評する不毛さ」をかいま見る機会があった。それを己の戒めとしつつ、しかし『鉄血のオルフェンズ』を観終わった率直な感想を記しておこうと思う。

 もはや「アリかナシか」という二者択一で作品を語るのはナンセンスだと思っている。円盤の売上も消費者とのマッチングの成否を推測するデータに過ぎない。オリジナル作品はすべてアリという前提で話す。


 まず『「鉄血のオルフェンズ』の脚本が極めて歪であることは間違いない。というのも、そもそも鉄血世界が歪なものとして設定されており、歪な世界を管理する装置がギャラルホルンだからだ。

 最終話の後半でようやくギャラルホルンが「現状維持のための暴力装置」ではなく「時代の要請に沿って世界の在り方を調節する機構」であることが視聴者に明かされた。
 つまりギャラルホルン自体は鉄血世界の現実を映す鏡に過ぎず、歪な世に合わせて腐敗しているだけで、必要があればいつでも本来の役割を果たす組織ということだ。

 結果的に視聴者が「ギャラルホルンを打倒すべき敵であるかのように見せる」というミスリードに引っ掛かったような構図だが、この結末は

ギャラルホルンはその存在目的ゆえに
いかなる行動も罪に問われない


という超越的な特権の上に成立している。内部監査はあれど、所詮は身内での話。クーデリア暗殺計画や歳星での弾圧、アインの人体実験、ハシュマル起動の失態、自ら封じた禁止兵器での民間人虐殺、ラスタルのダインスレイヴ自演など、作中で描写があった悪行だけでも非人道的な武装組織と言わざるをえないが、結局ギャラルホルンを咎め得る外的要素は最後まで存在しなかった。

 にも関わらず腐敗したはずのギャラルホルンは暴走や独裁に走らない。四大経済圏からの極めて強力なシビリアン・コントロールが効いているという設定だそうだ。その理屈だと上記の非道行為は四大経済圏の文民が責任を負うはずだが、そんな様子もない。もっとも報道管制が徹底されているので、ギャラルホルンの行状を知るのは犠牲者と視聴者のみである。

 結論としてギャラルホルンは

作品世界の理不尽と脚本の破綻を封じ込めて
これと決めた着地点に問答無用で落とし込む装置


に過ぎない。そこに組織としての自我はなく、脚本と作品世界に片足ずつ軸足を置き、作品内外において生ずる疑問や矛盾をギャラルホルンという組織の異常性に収束させて整合性を調節する。無罪特権と退場回避は、制作サイドから与えられたその対価だ。だからこそギャラルホルンという組織から離れたキャラクターはその特権をただちに剥奪される。マクギリス・ファリドとガンダムバエルはその典型だ。

 (※長くなったので以下追記)

スポンサーサイト
[ 2017/04/28 13:30 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。