スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

井上陽水 『氷の世界』 

北海道の夏フェス『ライジングサンロックフェスティバル(RSR)』。2007年度はオーラル学園メンバーが次々とスルーを表明するなか、一人でヘブンズテントサイト(※フェリーのチケットでいうなら特等)をヤフオクでGETして全日程参加しました。
2日目からG・ノイズと有事(職場放棄)が参戦しましたが、伊藤(仮)が初日からの参加にこだわった理由は巨星・井上陽水の存在に因るところが大きかった。


「傘がない」

この映像からでは確認できませんが、陽水から見て右前方5~6列目あたりで伊藤(仮)は観覧中でした。
この日、演奏された曲は以下の通り。

アジアの純真
東へ西へ
Make-up Shadow
リバーサイド ホテル
三日月
少年時代
長い猫
氷の世界
最後のニュース
夢の中へ
傘がない


くるりやバンプとは違って往年のキラーチューンを連発。さすがは年季が違うというか、オーディエンスのアゲ方をわかってらっしゃる。ウホッ、いい仕事・・・。

しかし『氷の世界』をかなりファンキーなアレンジにしてくるとは予想外。イントロのドラム→キーボードでは何の曲か判断できず、ギター→ハープで曲名が明確になった瞬間、客席の一体感は言葉にできない。ライブならではの楽しさがありました。そして奇妙に静まりかえるオーディエンス・・・。

別に熱心な陽水ファンというわけではないんですが、一番大きい「サンステージ」を人垣で満たすその濃密なエネルギーには感激・・・というんでしょうか、打ち震えるものがありました。
そしてなにより肉眼でとらえた陽水は最高にセクシー。こんなイカす中年(?)はそうそうお目にかかれない。
陽水は間違いなくロック・アーティストでした。


FC2ブログランキング参加中
[ 2008/05/18 01:25 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/106-87679d5f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。