スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

技来静也 『拳闘暗黒伝セスタス 14巻』 

やっぱりヤングアニマルの単行本は出るのが遅く感じるなぁ。久しぶりの『セスタス』新刊です。

 7&Y
自由奔放 思う存分 メッタ撃つぜ!!! (byシラクサのアドニス)

14巻の表紙はルスカ。関係ないけど最近のイラストは人物の影部分の映りこみを違う色で塗るのが流行ってますね。どうでもいいけど。

さて、6/27発売の14巻はルスカ側の物語なのでセスタスの出番はワンカットのみ(しかも回想)。13巻までの「セスタスvsエムデン戦」では合理的な闘法のウンチクを並べまくった作者でしたが、14巻では衛帝隊の圧倒的な格闘エリートっぷりを思う存分ぶち上げてます。

もともと衛帝隊は格闘異能集団という位置づけではありますが、初めて明かされるカサンドーラの能力には参りました。才能といえば才能なんでしょうけど、格闘センスというよりオカルトに近い能力にぶっ飛びました
・・・違う漫画だろ、それ(笑)

アドニスもね・・・強いのはワカルけど、技に恥ずかしい名前つけるのやめて下さい。作者的にはようやく「圧勝」って奴を描けてノリノリなのかもしれませんが、このマンガにそういうのを求めてる人はいないと思いますんで、早く本来のストイックな立ち位置に戻ってくれることを願ってます(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/07/05 14:03 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/121-d8d5c3be













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。