スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リーボック 『ポンプフューリーミレニアム』 

考えてみたらリーボックスニーカーはコレしか持ってないかも? 
心の中ではこっそり百式と呼ぶ、えげつない黄金のスニーカー『ポンプフューリーミレニアム』です。

ポンプフューリーポンプフューリー02ポンプフューリー03

近未来型と表現していいのだろうか、この有機的なようで無機的なフォルム。ハッタリのきくスニーカーということならトップクラス。しかしハッタリだけではなくリーボックの技術「DMX」のおかげで不気味なまでに滑らかな”着地~蹴り出し”感を実現しています。
ソールが半球状のバランスボールでもあるかのような快感は他ではちょっと得られない。ソールに封入された空気が圧力によってフォアとヒールの間を行き来することで、体重移動をリアルタイムにサポートしてくれるという仕組みらしい。

加えてアッパーはその名の通りポンプで空気を注入することで足にフィットさせる。これもまた独特の感触ながら靴のほうが履く人の足型に歩み寄ってくれるという謙虚さとそのフィット感の高さ、そして単純に面白くもあって大いに魅力的です。

あとはソールにこそ孔はないものの、トゥの極薄メッシュとサイドの大きな孔で通気性はアディダスのクライマクールと同等かそれ以上で、かなり涼しい。ただ履くときは靴下も選ぶ必要があって気を使う(笑)

形状・カラーともに服と合わせにくいように思われがちだが、意外と浮かない。冒険したい人はもちろん、地味なスニーカーしか持ってない人にも是非プッシュしたい。
[ 2008/07/21 14:55 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/131-43e7554d













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。