スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PACIFIC OUTDOOR 『エアロマウンテン2/3』 

今回は「おたから」・・・というのはちょっと違いますかね。しかしさんざんググっても国内での使用感レビューがまったくといってもいいほど見当たらないアイテムなので「情報としての価値」ってことで紹介。
PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドア)製の『エアロマウンテン2/3』

pacificoutdoor01 pacificoutdoor02 PACIFIC OUTDOOR

見よ、この斬新なデザイン!興味のない人は一生縁がない道具かと思いますが、簡単にいえばキャンプ等でテント泊するときに寝袋の下に敷くマットです。これは拡げると勝手に空気が入ってある程度膨らむタイプのもの。
某雑誌の「そろそろ銀マットは卒業しよう」という記事に乗せられた感もありますが、来週に迫った野外フェス(RSR)を口実に思い切って購入。購入には相当悩みました。
定価12000円前後という価格帯もさることながら、

購入者のレビューがどこにもない。

これは通販で買う場合、かなりのハイリスク。ここで買うのは俗にいう人柱ってやつです・・・。
モンベルのマットなら、さほど変わらない値段で携帯性・機能性ともに抜群で評価もかなり良かったんですが、あの無難すぎるデザインはちょっと面白味に欠けるので、ここはひとつ清水のstageからdiveする気持ちでこっちを選択。我ながら難儀な性格。

とはいいつつも自分も今まで銀マットしか使ったことがないので、他社のアレと比べてどうこう・・・という話が出来ないのが痛いところ。しかしあのPACIFIC OUTDOORの不親切な公開スペックよりはマシかと。

pacificoutdoor03 pacificoutdoor04

空気孔(?)はこんな感じ。思ってたよりシッカリしてて安心。しかし初回だからなのか、袋から出して広げてみたもののなかなか空気は入っていかず。しばし放置してみたものの、やっぱりあまり変化がないので息を吹き込んで膨らませることに。
自動でパンパンになるとは最初から思ってなかったけど、どれもこんなものでしょうか?
息を入れてやっと雑誌で見るようなパンパン状態に。厚みはだいたいCD3枚くらい。両脇のチューブ状の部分はもっと立体的でしたがコレが役に立つのかは不明。かなり不明。

pacificoutdoor05 pacificoutdoor06

そして購入を決断する際に一番気になっていたのは収納時のサイズ。どこを検索しても収納サイズへの言及がない。全部オフィシャル公開スペックのコピペ。そこって山用品なんかではかなり重要な要素なので表記がないのは商売的にも絶対オカシイですよね。
実物の収納サイズは実寸で直径が約15cm、長さは30cmほどでした。画像は愛用のナイキACGのバッグと並べてみたところ。色がモロにカブってます。

実際に寝転がってみて、沈み込むような感触がさすがに銀マットとは違って好印象。身体を動かしてみても横向きに寝てみてもフィットしてくれるのはキモチイイ。
名前の通り「2/3」サイズということで半身用ですが特に問題は感じません。あとは実際にフェスで使ってみてから追記しようと思います。


【お買い得商品】PACIFIC OUTDOOR(パシフィックアウトドアー) エアロマウンテン2/3

mont-bell【モンベル】 U.L.コンフォートシステムパッド180【寝袋用マット】
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/08/08 01:16 ] 旧校舎 秘宝館 | TB(0) | CM(2)

その色、いいネ。

伊藤(仮)のチョイスは間違いないね。
[ 2008/08/08 11:59 ] [ 編集 ]

No title

でがしょ?
[ 2008/08/08 18:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/139-a1bed2aa













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。