スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

技来静也 『拳闘暗黒伝セスタス』 

質の良さに反していまいち知名度の低い作品、技来静也の『拳闘暗黒伝セスタス』
現在隔週青年誌「ヤングアニマル」にて連載中。

←拳闘暗黒伝セスタス

過激なタイトルのわりに繊細な、見たとおりの絵柄。いわゆる少年誌的なハードで過剰な暴力描写はナシ。
コントラストの強い画面構成と線の強弱、スムーズでユニークなコマ割りなど、経験に基づいた確かな技術力を読んでいて感じることができます。

昨今の格闘マンガ(に限らないけど…)はバイオレンス描写そのものが目的化しているようなフシがありますが、この作品は「面白さ」と「刺激」は違うということを認識させられる数少ない格闘マンガでしょう。

古代ローマ帝国を舞台とした史劇マンガではあるものの、歴史考証と格闘技術の知識を土台に描かれる物語は浮つくこともなく、スリリングなストーリー展開をしっかりと支えています。


この作品はローマ時代、身分の最底辺に身を置く奴隷拳闘士セスタスの成長を追っていく物語ですが、小柄で打たれ弱い少年拳奴が階級制もラウンド制も存在しない古代拳闘(プジリズム)の世界に近代拳闘(ボクシング)の合理性を持ち込んで臨むという試みは興味をそそります。

次々に現れる強敵、次第に暴君としての陰を見せ始める少年皇帝ネロ、その皇帝に仕える総合格闘技「パンクラティオン」を使う親友ルスカとの別れ。拳奴セスタスと衛士ルスカ両名の視点で交互に展開していく物語は今後がますます気になるところです。

最新13巻での死闘は圧巻。マンガであっても「殺し技」というからにはこのくらい覚悟とリスクがないと有難味がないってもんです。少年ジャ○プよ、見習え!


FC2ブログランキング参加中
[ 2007/11/20 22:51 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/14-3bf4f09c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。