スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

楳図かずお 『わたしは真悟』 

以前に買って一度読み、そのまま本棚の奥のほうにしまい込んであった作品を引っ張り出して再読。楳図かずおの怪作、『わたしは真悟』

『わたしは真悟』
マリン、ボクハイマモ・・・ キミヲ アイシテイマス

もう・・・なんて表現していいかわからない。この作品はいわゆる「ホラー漫画」とは異なります。しかし読後背筋に寒いものが走り抜けていく感触に身悶えしました。その感覚は恐怖・・・というより畏怖・畏敬といった表現のほうが近い。この作品は奇書に分類されるべきものです。

社会科見学に行った工場で偶然出会った小学生のさとるまりんは運命的な恋におち、工場のロボットに自分たちの情報を記憶させる。
その後両親の都合でイギリスに行くことになってしまったまりんさとると2人で大人たちの手から逃げ、結婚して子供を作りたいと願う。
2人は工場のロボットに子供の作り方を尋ね、機械が答えた奇妙な方法を実行したとき、工場のロボットに意識が芽生える・・・。


このロボットが自分で自分に「真悟」と名前を付けるわけですが・・・。
狂気といっても差し支えないほどの巨大な妄想。それは『14歳』でも顕著にあらわれていましたが『わたしは真悟』のほうがよっぽど難解です。文庫版で全7巻というなかなかのボリュームですが、淡々と綴られる奇妙な物語の静けさがかなり不気味。『14歳』は奇想天外な妄想が次々と炸裂して展開しますが、こちらはそれとは逆に「静」の趣が強く、全体にスローペースでテーマも絞られています。

しかし小学生が子供を作る・・・というモチーフからもにじみ出ていますが、作品全体にかなり楳図御大の鬱屈したリビドーがみなぎっているような。「子供」という時間に生きるものをことさらに持ち上げ、作者自身が属する大人社会、そして日本が自虐的なまでに悪し様に描かれており、なにか病的なものを感じずにはおれない。
この鬼気迫る自己否定と自由な発想はどう考えても常人には辿り着けないところのもので、真悟を通して描かれた抽象的な物事すべてを理解しようとするには自分は少々歳を取りすぎたようです。
これは「何となくゾッとする愛の物語」ってくらいの理解で充分でしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/09/05 02:58 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/147-07a9cacf













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。