スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西尾維新 『クビシメロマンチスト』 

前回「なんじゃこりゃあ!」と思ったにも関わらず、懲りずに買ってしまった。
西尾維新の「戯言シリーズ」第二弾、クビシメロマンチスト


「よう、欠陥製品」
「やあ、人間失格」


前作クビキリサイクル同様、登場人物がことごとく普通じゃありません。『デスノート』の「ジェバンニ」(※)級の御都合主義にして便利なキャラがバンバン登場したとしても驚くにはあたらない。殺人トリックが『金田一少年の事件簿』の「氷橋(すがばし)」(※)レベルでも一切問題はありません。
つまり、

野球と3角ベースでは最初からルールが違う

・・・という前提条件の違いを自覚して読むべきものとみつけたり。
とはいえ、つまらなかったかといえば決してそうではない。むしろ2冊目だからか楽しみ方がわかってきたように思います。推理モノの形態をとったラブコメ風味のヤンデレ小説・・・?

登場人物の感情と行動原理がことごとく常識を超えるため一般的な推理では解答に追いつけず、突拍子もないと自分でも思いながら消去法で犯人を考えますが結局動機の部分では常軌を逸していたり。
正直ついていけない部分もありますが、自分にとってはなかなか文章に新鮮味があって楽しめます。言語学者が読んだら激怒しそうな日本語だったりしますけど。

さてこのクビシメロマンチストですが・・・なんというか主人公の壊れっぷりが見所でしょうか。前作はただのヘタレかと思ってましたが2巻ではその異常性を遺憾なく発揮しすぎ。クレイジー。変人たちの事件に巻き込まれる当の本人もまわり以上にかなりの変人でした。
本作についてネットでチラっとググった結果、「中2病」という言葉を初めて知りました。そしてすべてはこの一言に尽きる、と確信。映画も文学もマンガも音楽もゲームもブログも「面白さ」の根本はコレだろ、と。それを知り得ただけでもこの本との出会いには充分意味がありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中

ジェバンニ・・・何日あっても絶対に出来ないことを一晩でやる人。
氷橋・・・伏線も情報も与えずに読者に推理を迫るアリバイ工作。
[ 2008/09/24 13:10 ] 旧校舎 文芸部室 | TB(0) | CM(2)

はじめまして。(一応。)

こちらにお邪魔するのは初めてでしょうか?
わかんないっす。

ブロッケン様宅にてお会いしているので気持ち的にはかなり顔馴染み気分で御座います。

ただ多分こちらにてコメント投稿をしていない気がするのは伊藤(仮)様のどSっプリがあまりにもこわい為、敢えてこちらはこっそり覗かせていただいていた、という感じで御座います。
(だってSップリが半端無いんですもの!!!でも実はまとめ読みとかさせていただいております。)

・・・・実はコメントさせていただくことに至った結果としましては、
あくまでも私の妄想ですが、ブロッケン様と伊藤(仮)様が本当は同一人物なのでは?

(※妄想です。)

・・・・・・・・・と思ったことがきっかけ。
ここ数日この妄想が頭から離れないでおります。

だって!

ブロッケン様(ちょっとM側?いや多分かなり?)

伊藤(仮)様(明らかにS側。)

という図式が私の頭から離れずにおりまして。

ただの暇人の妄想ですが、読んでいれば敢えてそんなめんどくさいことはしないだろう、と思うのですが。

わかっちゃいるんですがなんだかお二人がたとえば本当に別の人物であるのならば、凄いです。

なんだか勝手に足して割ってみたいです。

同じ人物であっても凄いですね。

文章がへんですが、これを初コメントとして残る事をお許しくださいませ。

伊藤(仮)(&もしかしたらブロッケン???)様へ。
ままよんより。
[ 2008/09/28 01:48 ] [ 編集 ]

いらっしゃいませ!

>ままよん様ぁ

ようこそ修羅の庭へ♪
確かに旧校舎にコメントいただくのは初めてかもしれませんが大歓迎致します!ホラ怖くない、怖くないよ~e-266
意識せずに性癖が文章にまで滲み出ていたとしたら人としてはかなり真っ暗ではありますが案外望むところでございますe-266

さてままよん様の妄想・・・ブロッケンとの同一人物説ですが、かつて友人にブロッケンを紹介したときに「伊藤(仮)がもう一人いるwww」と言われたのを思い出しました。

付き合いの長いオーラル学園メンバー同士、ここまで同化が進んでしまうともはや自分が伊藤(仮)であろうとブロッケンであろうとどっちでもいいや、というのが正直な所であります(笑)
しかしブロッケンはグロが苦手だったり伊藤(仮)は好物だったりと細かいところで大きな違いもありますので、そのあたりを微細に観察していただければなお一層取り返しがつかないくらいオーラル学園の妙域に親しんで頂けるかと思います♪
[ 2008/09/28 11:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/150-d9da3557













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。