スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サガノヘルマー 『ザ・ボーラーズ』 

ブックオフにて発見した変態マンガ家サガノヘルマーの短編『ザ・ボーラーズ』を紹介。

ザ・ボーラーズ (アッパーズKC)
「特別いいオOニーができた証っす!!」

主人公のルックスが『ブラックブレイン』のカオルとほとんど同一・・・というか単に描き分けができていないだけのような気もしますが、とにかくサガノ作品主人公のデフォルト型がコレってことで。
掲載誌「ヤングマガジン アッパーズ」が休刊するたった5号前からの連載スタートという非業の作品。
どだいサガノヘルマーと「打ち切り」は切っても切り離せない関係にありますが、雑誌自体が休刊というのにも運命を感じずにはおれない。

今作もオーガニックなエログロストーリーサガノヘルマーに限って自らのスタンスを崩すということはまずない。もちろん物語の冒頭は主人公のマスターベーション場面。
しかし今回、主人公が果てた後に現れたのは未来人・アガサ森田ではなく異空間"「異宙」"の入り口。異宙孔の向こうにはこの世の法則が通じない謎の空間が広がる。射精によって異宙孔を発生させる能力をもつ主人公に、謎の女達が(性的に)迫る!

ああ、いい。バカバカしいけど自分のリビドーに忠実な作家は美しいなぁ。
過去の作品を通しても「女から迫られる」というシチュエーションに過分な情熱を燃やすサガノヘルマー御大。ネタの出来不出来も関係なく、グチョグロの世界観を構築させたら天下一品、ワンアンドオンリー!それだけでいい作家。
オーラル学園旧校舎はこういう画力を犬に喰わせた作家が活躍できる雑誌の登場に期待します。

※ちなみに、またしてもウィキペディアでは「ヤンマガアッパーズ」の連載リストから漏れていました。
つくづくデータに残らない作家だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/10/22 18:23 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/156-8154e766













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。