スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長尾謙一郎 『ギャラクシー銀座 (2)』 

ハリス漆原ではないが「どうなっても知らんぞ」・・・!現在進行形の笑いの神、長尾謙一郎『ギャラクシー銀座 (2)』をゲットした。どこかの誰かに届け、我がミッション(布教活動)!

 ギャラクシー銀座(2)
「なんだ、この便所の黄ばみみたいな奴らは・・・・・・!!!」(作中より)

やばいです。2巻にしてすでに現実と虚構を分かつ境界線の張力が拮抗してます。前作おしゃれ手帖の後半にジワジワと迫りゆく緊張感は、長尾謙一郎がリアルタイムで連載している時期に生存を勝ち得ている全ての人間にとって味わっておくべき奇跡。オリンピックを現地で観戦する以上の歓喜が貴方を包み込むだろう。私が保障する!

第1巻で蒔かれた種子が徐々に不吉な果実を実らせていく過程、それがこの2巻である。腹部へ棒状のシャブを挿入した竹之進・・・、ハスキー美美の相方ギタリスト「ポーやん」の過去・・・。
前巻で活躍したキャラに加え、新たに登場したハリス漆原、コニー、スーパーペガサス・・・そして伊藤(仮)お気に入りのブギウギシスターズ・・・。

3巻を入手した際にはこの絶対的なまでの横隔膜の痙攣をさらに緊張感をもって貪欲に味わうべく、静寂を尊ぶ空間「図書館」で読んでみたいと思います。結果は3巻レビューの折りに・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2008/10/28 22:57 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/159-dd15548a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。