スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 『死の王』 

ビバ、不景気!
プレミア価値が付いていたカルト映画の廃盤DVDなどがネットオークションで値下がりしています。現金化するためにコレクションを手放す人が増えているのか、モノによってはかなりオイシイ状況なのですよ。よって私はかねてより再度観賞したかったユルグ・ブットゲライト監督によるドイツ製カルトムービー『死の王』を落札したのである!

死の王
「神は6日で天地を創造し、7日目に自分の命を絶った」

まずね、グロ苦手な人は絶対に手に取るべきではない映画です。『死の王』との出会いは、今は無き地元のレンタル店でのVHS。一緒に借りたのがギャスパー・ノエの『カルネ』だったりするから業が深い。

ウチに来てたブロッケンと有事と3人で何となく観賞したというイイ思い出が。ハッキリ言って「面白い」とか「面白くない」とかいう次元の映画ではなく、淡々と「死」と向き合わされるだけの映画。

だがそれがいい。

上の引用にもありますが、「死」に対しての圧倒的な前傾姿勢より発される至言の数々にシビれる。
まあストーリーは月曜日から日曜日まで7つのパートに分かれてそれぞれ誰かが自殺する、っていう恐ろしく後ろ向きなテーマ。動機はどれも視聴者の理解を軽々と超越していくので感情移入などもってのほか。あくまでドライに他人の死に方を観察するに留まるので安心(?)。
上映禁止 
いきなりコレです。ドイツ本国では内容がアレすぎて上映禁止。
ネガまで廃棄させられるに至った問題作ながら表現に寛容な
元同盟国・日本ではDVDまで出ていたり。

ちなみに監督は現在も当局に監視されており新作が撮れない、
というイイ話も。

月曜 
【月曜日】
おもむろに退職希望の電話をいれて部屋も残らず整理整頓、金魚まで処分してから浴槽にて準備万端の自殺をする律儀な男性。
コイツがイイ顔してるんだまた。

ホイホイチャーハン?

【火曜日】
「ゲシュタポ 死の天使」という劇中ビデオを観賞していた男が女房を射殺する・・・というビデオが首つり死体のある部屋のテレビに映っている、という3段構えの合わせ技1本。
※「ゲシュタポ~」は捕虜のイチモツをハサミで切ってその血で鈎十時を描くという真性変態ムービーです♪

水曜 
【水曜日】
コレもいいね。雨のベンチでセクシャル人生相談。・・・なぜ出血!?ナニのデカさを自慢してるようも見えるが本人は至って真剣。
愛してるのに出血する妻。気にしなくていいという妻の気遣いについカッとなって以下略。相談相手の銃で自殺。

木曜 
【木曜日】
コレが一番ドライな「死」の描写。自殺の名所として有名な橋だけをジックリと撮影し、自殺者の氏名と職業をテロップで流していく。
BGMなし、アナウンスなしの完全映像ドキュメンタリー。

金曜 
【金曜日】
窓辺でイチャつくカップルを上の階から覗き見るオールドミスが2人の部屋の郵便受けを覗き込んだりイタ電で邪魔してみたりという悲哀タップリの金曜日。でもオバさんちに届けられた死への誘いのチェーンメールは見逃せない名言のオンパレード。でも意外と死ぬのはカップルのほうだったり。

土曜 
【土曜日】
映像作家による固定カメラのセルフ撮影。でも内容は少女に「大量殺人者の心理」についての書物を読み聞かせ。
退屈そうな少女の心情を最大限汲みつつ、「セルフ撮り」ならではの意識しすぎでわざとらしい演技に注目。おまえにチェックイン。
土曜B 
なんと土曜日は豪華2本だて。こっちは銃を持ってライブハウスに乗り込んでの無差別殺人を一人称視点で撮影し、自らも射殺される顛末を記録。

前半で音読した「大量殺人者の心理」は自分の行動原理を知らしめるための単なる自己アピールだった!な、なんだってー!

日曜 
【日曜日】
悩めるパンツ一丁の若者が全身全霊を振り絞って数分間にわたっての嗚咽を披露。涙を流しつつ何度も壁に頭を打ち付けるうちに動かなくなる。

生きられない。

死体 
(~死体~)
話の合間に何度も登場する男性の全裸死体。必要以上にリアルな肉体が徐々に腐り、虫がわいて形を失っていくさまを早回し映像で見せる。
映画の特殊効果技師志望の人は必見の超絶リアリティ。
この死体が腐っていく時に流れるBGMがまた重厚で良いのである。


・・・とまあ、いつか訪れる死に対して思いを馳せこんな映画まで撮ってしまう監督の心境たるやいかばかりか、パゾリーニ映画と同じくポカーンとしながら「置いて行かれる」のがオススメの鑑賞法です。
[ 2009/04/01 18:40 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/185-696a3cdc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。