スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ターンAガンダム 

ついにアニメの感想にまで手を染めるオーラル学園旧校舎。もうこの際どっちこっちゆうてないですよ。ネタバレありなので未視聴の方は待避されたし。
しかし記念すべき1回目は「何故今なのか」と自分でも思う『ターンAガンダム』
ヒァウィゴ!


∀ガンダム MEMORIAL BOX I/アニメーション[DVD]
∀ガンダム MEMORIAL BOX II/アニメーション[DVD]
 絶好調  月光蝶である!」(byギム・ギンガナム)

いい意味でも悪い意味でも、こんなに薄いガンダムは初めてだ…。どんなアニメにも心に残るセリフというのはあるものだが今回は上のような空耳しか思いつかなかった。でもこれ、初見では10人中8人がこう聞こえたと思う。

「富野由悠季」「カプコン」「ハウス世界名作劇場」のトリプルネーム・コラボアニメといってもおおよそ間違ってない、そんなガンダム20周年記念企画作品。賛否両論、取り沙汰された主役機∀ガンダムのデザインもさることながら、他のガンダムアニメのイメージをブチ壊すという孤高のポジションと言わざるを得ない。
「ガンダム史のなかでは異彩を放つ作品」ではあるが、やろうと思えばガンダムではない完全な別作品にもできた内容を考えると、「ガンダム」というネームバリューなしにはこれほど注目されなかったと思うのが正直なところ。
内容的には滅茶苦茶グダグダってわけでもないので、まあ普通に全話観られたわけですが…。ここまで防戦一方でストレスのたまるロボットアニメってなかなか思いつかない。最初から判定狙いのボクシングを見ているような気分。

かつて地球に住んでいた月の人類が地球への移住を求めてやってくるというストーリーですが、敵も味方も軍(国家?)として足並みが乱れまくりなうえに、どいつもこいつもすぐ宗旨替えするもんだからもう勢力図がゴチャゴチャ。両陣営とも指導者が権力を掌握しきれていないことと、それに加えてガンダムシリーズお得意のサブキャラパイロットのスタンドプレー続出で状況はますます混乱。ヒロイン一家の使用人である主人公ロランは持ち前の奴隷根性でけっこう指示待ちできる常識人だったのが救い。

この作品をアタマっから観てて思ったのは交渉や対話を求めるシーンが非常に多く、実際にそれが実現したにもかかわらずそのほとんどがハプニングやら交渉決裂やらで大した話もできないままに物別れに終わっている。そう、全体的に「不発イベント」が大半を占めるストーリー展開で、それがイライラさせる原因。視聴者をムカつかせる悪役キャラを毎回倒しきれないのもイライラ原因のひとつ。ラスト近くでムカつくキャラ(部下なのに)をギンガナムが一撃でブッ殺してくれた時はかなりスッキリしたもんだ。

ギャバン隊長の爆死シーンにしたって観てるこっちが「少しは人の話を聞け!」とツッコみたくなる態度だったので同情できない。ソシエの結婚話にしたって突然すぎる感じは否めず。なんかホントに行動が不可解な人物が多い。コミュニケーションの喪失がテーマだったんだろうか?ギンガナムも何がしたいのかイマイチ伝わってこなかったし。最終決戦の主人公との問答はかなり不毛だった。

しかし主要キャラにゲイが混じっているというのは斬新だったな。主人公への接し方には何か特別な理由あってのことと考えていたので、まさかただの衆道趣味(少年愛)だったとは盲点をつかれた。小説版はけっこう裏話が書かれてるらしいので機会があれば読んでみたい。

オープニングを西城秀樹、エンディングを谷村新司が歌うというのも面白い試みだったが、ロボットアニメのオープニングとしては地味すぎた気がする。



  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/06/18 02:18 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/196-2c8a04a7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。