スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

立原あゆみ 『本気!』 

巨匠立原あゆみ先生の一大侠客ロマン譚、『本気!』全50巻を大人買い致し候。

 

久美子さん 久しぶりに 答案用紙 見ました
あんなに 嫌だった試験が なんかなつかしく

それは 鉛筆文字の せいでしょうか


恒例の名文引用をと思っても味のあるセリフが多すぎてどこをピックアップしていいかわからない作品。ご存知立原あゆみの代表作です。

楳図かずお『14歳』、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』以来のコミック大人買いでしたが2日で全巻読破。チマチマ読むのもいいですが、主人公「白銀本気(しろがねまじ)」の波瀾万丈の人生を一気に読み切るのもなかなか贅沢。ごちそうさまでした。

単行本を50冊も出せばチンピラでもデューク東郷になるという好例。中盤まではスジが通らなきゃ火の玉のような暴れっぷりを見せつけて読者をシビれさせ続けますが、後半はもう居るだけで周りが戦々恐々として自動的にトラブル発生、毎回最後のコマで流麗なポエムをキメるってな寸法。
今回読破するまで知らなかったけど、この主人公「本気」はおそらく数ある立原あゆみ作品の中で最も淡泊なキャラなんじゃないかってくらい謙虚な人物。腕っぷしはかなりのものですが、基本的に暴力を好まずシマの素人を大事にする義侠心のカタマリで、色の道に至ってはほぼ皆無。初恋にして運命の人と別れてからは完全セックスレスで最終巻まで突っ走ります。

「極道なんぞいないほうがいい」という自己否定と必要悪としての自己の存在を自認するがゆえに謙虚を重んじ素人に迷惑をかけないように「戦争は小さく」がモットー。素人を傷つけたり理のないことをするヤクザには兄弟だろうが親筋だろうがあっという間に組ごと潰したり、とにかくデカイ男の侠気ドラマ。
器がデカイだけあって敵も多く、序盤で一目置かれる存在になってからは最後までず~っとヒットマンに狙われっぱなし。刺されたりハジかれたり、一体何度ヤミ医者に担ぎ込まれたかわからない。持って生まれた強運で何度でも立ち上がるが、盾となって散る舎弟や兄弟の数も両手じゃ収まらんレベル。ケンシロウのように悲しみをひとつ背負うたびにまたポエムが冴える。

チャンピオンという少年誌ゆえに主人公が無我の境地に近いヤクザになってしまった気がしますが、他作品とリンクするこの「立原あゆみ作品世界」においてひとつの究極理想型、カリスマ像としての金字塔を打ち立てたのは間違いない。
(※途中で『青の群れ』で登場した「烏組」が出てきたのは少し嬉しかった)

ともあれこの「スキあらばポエム」という抜き差しならない緊張感を味わいたいならばこの作品の右に出るモノはない、と断言しておこう。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/07/25 23:02 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/202-58e05aed













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。