スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前嶋重機 『LEQUIOS(レキオス)』 

「作画が伊藤悠のダンナ」というだけでとりあえず内容も知らずに買ってみたマンガの紹介。
作画:前嶋重機、原作:池上永一『LEQUIOS(レキオス)』

 LEQUIOSーレキオス(1)
「"科学と魔法はいずれ融合するだろう"
 これは誰の台詞か知っているか?
 アルバート・アインシュタインの言葉だ」
(作中より)

絵柄はマジで嫁と一緒です。見分けがつかん…。いやそれよりもまず巧い。特に表紙の肌の塗りがすげえです。腕と腿が。

「魔術・米軍・守護霊・秘密結社・女子高生・露出狂」というキーワードにエレクトする人は買いでしょう。原作小説は読んでませんが、なんか小説版のほうが楽しめる予感…。SFとファンタジーはビジュアル化するのってやっぱ難しいよね。個人的な好みの話になりますがキャラデザインもイラスト的っていうんでしょうか?テクニックあってこその悩みでしょうが、綺麗な絵柄の限界っていうのは手持ちのバリエーションからハミ出すことが出来ないっていう点に尽きますな。

ストーリーは沖縄を舞台として琉球神道の最高神「キンマモン」の召喚をめぐって米軍を隠れ蓑にした秘密結社(まんまフリーメイソン)、「レキオス」の秘密を追うCIA、そして強力な守護霊「チルー」に取り憑かれた女子高生「デニス」が入り乱れる争奪戦……
……じゃないな。そもそもキンマモンって何なのか、秘密結社が何をしたいのかがサッパリわからない第1巻。露出狂の天才人類学者「サマンサ」が無意味に脱ぎまくって必要以上にお色気指数を上げてるのは今後吉と出るか凶と出るか??

いろんな意味で「ヤングガンガン」らしい作品かも。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2009/09/25 16:09 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)

「沖縄」「霊」「お色気」と言えば、昔『ヤンマガ』でやっていた漫画を思い出す。
あれは、沖縄伝統(?)のお色気武道の継承者の少年が、行く先々の女子中学生&高校生と秘術継承の名の下にヤリまくる・・・といった内容だったような???
まぁ、タイトルを覚える前に打ち切りを喰らったようだったがな(笑)
[ 2009/09/28 23:31 ] [ 編集 ]

サル同然わいっ!!

あったな、そんなの。顔がヘビ柄のやつ。名前はハブ男っつったっけか(失笑)。

あの作品、オレの記憶では雑誌をかえて2~3度連載されたような…??
アッパーズ版では少年じゃなく大人だった気がする。

タイトルは……忘れた。
工ロシーンが工ロくないという点では範馬刃牙のチェリー喪失シーンと並ぶ。
[ 2009/09/30 01:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/207-f6ca05cb













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。