スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 『死神ランボー 皆殺しの戦場 (原題:COMBAT SHOCK)』 

オーラル学園では駄目っぽい映画にワザワザ手を出すことを「自決」と称しております。しかしこれは自覚的に自決することによってしばしば駄作をも楽しむことができるという、無より転じて生を拾う北斗神拳究極奥義にも似た錬金術的側面を持つ観賞テクニックなのである。
皆でワイワイ集団自決する際は主にブロッケンが邦画メインでチョイスしてくるわけだが、今回は私、伊藤(仮)の個人的自決である。三日とろろ美味しゅうございました。
ターゲットはこいつ、『死神ランボー 皆殺しの戦場 (原題:COMBAT SHOCK)』


死神ランボー 皆殺しの戦場 R-15指定 (字幕のみ)

世の中にはプレイして憂鬱な気分になる「鬱ゲー」と呼ばれるテレビゲームのジャンルが存在しますが、それに倣えば「鬱ムービー」と呼んで然るべき作品。この「いかにもパチですよ」という邦題でホラーコーナーに陳列されていればバカ系ホラーを期待して間違って借りる人も少なくないことでしょう。だって、パッケージにこんな文句が並んでるんだぜ!

ホラー映画版「タクシー・ドライバー」と言われ、カルト映画として
評価されている問題作がいよいよDVDリリース!
かつて、地獄のような戦場で“死神”と恐れられた男。
しかし、祖国アメリカに帰ってきた男を待ち受けていたのは
格差社会という新たな戦場だった。


そしてキャッチコピーが最高。

引きこもって生きるか、
誰かの為に死ぬか、
俺が決める。


力強いよね。まさに小泉改革以降、ひいては世界同時不況に狙い澄ました2008年12月25日という絶妙のタイミングでのDVD化。一体何の嫌がらせなのか。

元々は1984年に公開された映画でベトナム帰還兵の話なんですが、爆撃などの大がかりな戦闘シーンは報道映像の使い回しで、そのうえ同じカットを何度も繰り返して時間を稼ぐしょっぱい編集が香ばしい。
どう甘めに見てもベトナムには見えない禁断のアメリカ山中ロケに目を奪われつつ、なお戦友も上官も画面に登場しないという孤独の戦場を描ききった監督の勇気に脱帽。

ゲリラと見られるベトナム人女性を射殺後、数年間捕虜となって心に傷を負った主人公は戦場の記憶を失い祖国に帰還。貧困がはびこるスラム街に妻と子の3人で暮らすが借金まみれで家賃を滞納し退去を迫られており、食い物すら手に入らない生活。仕事はなく頼れる者もおらず、友人はシャブ漬け。
いたたまれない家を飛び出しブラブラするものの、途中路地裏で借金取りにヤキを入れられたりしながら挿入されるBGMはまったくといっていいほど場にそぐわないノリのいいシンセサイザー・ミュージック。

ときおり戦場の記憶をフラッシュバックさせながらハローワークの行列に延々と並ぶ主人公と、ひったくりをやってシャブを買うダチを交互に描写するシーンは映画史に残るダウナーな空気感を約束する。当然ノージョブでフィニッシュ。
帰り道では黒人ギャングが少女を売春させている(そのへんが「タクシードライバー」を引き合いに出す理由なんだろうけど)のに憤慨する真面目さを見せつつ何もせず、逆に自分はひったくりを決行、取り押さえられてヤキを入れられます(本日2回目)。

絵に描いたような絶望の縮図ですが、今作の凄い所はそれだけに留まらず。主人公の子供はなぜか泥人形のような残念なフォルムで、なんと泣き声はシンセサイザーによる合成音。よっぽどシンセを使ってみたかったのか、蛇口から滴る水音までシンセで作ってます。ある意味画期的。

ま、ここからハッピーエンドはありえないわけで後のストーリーは推して知るべしといったところです。ただ、ベトナム帰還兵のなかには祖国で冷や飯を喰った人間もいるでしょうしPTSDで苦しんだ人間もいたでしょう。
この映画の監督がそういった一部の兵士の喪失感をちぐはぐな演出でもって意識的に表現しようとしたとすればなかなか大した物なのかも。

……面白くはないけどな。
余談ですが主演俳優と監督は兄弟で、従兄弟まで出演してるらしい。


「死神ランボー」トレーラー ※微グロ注意


これ以下はない…ッ!って思ったのに同日もう一本借りてきてたDVDはもっと駄目だった。
生きられない。

 変態ピエロ

変態男」「変態村」を観賞した自分としては是非押さえておかねば、と半ば義務感で自決したものの、大失敗。あまりの退屈さに途中で観賞を中止したのは久しぶりだ。マジで。
これは睡眠時間を削ってまで観るものではなかった。

死んでる映画にも色々ある。「虎は死して皮を残す」というが、これはそれにはあたらない。
せいぜい死んだ魚(野締め)。
だいたい原題が『HERO』てあたりでヤバイ気配がビンビンでした。

何を言っても存在を軽く見られてしまうことに悩むコメディアンが、ある日尊敬するミュージシャンを拉致監禁するというストーリー。
…が、結局何をしたいのかよくわからん上に、人質をタテに昔自分を捨てた女(今は人妻)とTVを通して会話したいとか意味不明な要求を実現させてみたり。思わず「恥を知れ!」とリモコン投げつけたくなるほど情けない展開の連続。
ようするに、思い通りにならない男の泣き言をツラツラ見せつけてアート気取りなフレンチ野郎とは仲良く出来ないな、ってことです。

作中で心に残ったのは「人生におけるテレビ視聴時間は12年分」くらいか。
フランス人の統計データだか何だか知らんがホントなら寒すぎる事実。

……自決での0勝2敗はダメージでかいわ。


最近見た中ではコレがオススメ。

『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』
[ 2009/10/30 20:23 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/211-c27b52a6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。