スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

水城せとな 『俎上の鯉は二度跳ねる』 

「男がボーイズラブを読んでみる」のコーナーも気がつけば4度目。
どうなってるんだ俺?どこで道を間違った?

前回『窮鼠はチーズの夢を見る』は証拠が残らないようにネットコミックで購入閲覧してたってのに、新装版になって続編が単行本化されているのを知ったのが数日前。…いま前作と合わせて2冊とも手元にあるのです。どうゆうことなの…。
万が一、俺が急死でもしたら本棚からヤマジュンとBLコミック数冊が発見されるのだ。その状況をリアルタイムで実況する閻魔様の前で泣き崩れる俺、そしてヒソヒソと耳打ちし合って蔑みの笑みを浮かべる牛頭・馬頭…。嗚呼。

もうね、いいんです。元々そういう人間なんです。この年末に注文した本は「ボーイズラブ×2冊」と「百合マンガ×4冊」と「つのだじろうの変態オカルト漫画×2冊」。『残酷な神が支配する』のイアンのセリフを借りれば「もういきつくところまでいくしかないんだ」
こんな俺ですが来年も旧校舎をよろしくお願いします。水城せとな『俎上の鯉は二度跳ねる』のレビュー。

 
「行き止まりまで来たんですよ……!」 (by 今ヶ瀬)

違う、違うよ!
…あれ?いかん、うっかり集中するとゲイの囁きを耳を傾けてしまいそうだ。
キュンときたら負けだと思ってる。しっかりするんだ俺っ…!悪魔はみな優しいっ……!!

そうは言いながらもドップリ作中の雰囲気に浸かったほうが楽しめるのは明らかであり、自分自身マンガ買ってきたら長くても一気読みするタイプ。途中で邪魔が入ったら許せない。
今日は運悪く訪問者が多く前編・後編を読むあいだに3回チャイムを鳴らされ、3回目はさすがに「…っるせーッ!」って叫びましたね。来客にキレたのは人生初です。イエスウィーキャン。

さて本編の内容ですが、その場の空気に流れ流されて30年の優柔不断サラリーマン(大伴)と、そんな彼に学生時代からずっと思いを寄せ続けていた後輩の粘着ゲイ(今ヶ瀬)の物語。前編でネンゴロになりうまく共同生活していた2人の関係はささいなすれ違いから破綻を迎える。果たしてすべてにおいて受け身な先輩(ノンケ)は自らの意思で誰かを愛することができるのか…?


…コレを読んで知ったことが2つある。
1、へぇ~、これがリバってやつか。(棒読み)
2、今ヶ瀬がデレるとこが腐のツボなんだな。


…なんだろね、この感じ。メインキャラがイチャコラしてる部分は読んでて確かに楽しい。い、いや誤解すんなよ。ラブラブ状態の序盤は今ヶ瀬が舞い上がっててキャラがおかしくなっちゃってるってことが言いたいんだ。ん~、本当はこういうノリの2人をずっと見ていたいっていう読者のニーズは結構あるんだろうな、たぶん。
しかし素直じゃない2人のこと、片方が生粋のゲイではないことも手伝って徐々に崩壊していく関係。前巻に引き続き女ウケのいい大伴のまわりには「童顔で意外としっかり者なところもある積極的な年下」というなかなかハイスペックな女が登場してみたり。まあドロドロ…までいかなくても、確実に誰かが不幸になる展開に突っ走る…と見せかけて以下略。続きは自身で確かめて頂戴。


BLって部分は置いといて、このラストは素直に巧いと感じさせるものでした。若さに任せ、マンガという媒体に甘えて決着させるならジブリのアニメよろしく「大好きだ、結婚しよう!」で万事コトは済みますが、今作で提示された「アラサーカップルならではの着地点」は大人ならではの切なさをを伴う決意、そういう良さがあってグッと来ました。


…さてこのマンガ、本棚のどこに収めようか。
『シグルイ』の横? 違う気がする。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中

[ 2009/12/28 15:33 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(1)

『日直番長』の横じゃね?(棒読み)
[ 2009/12/30 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/220-d1a07d91













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。