スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新井英樹 『SCATTER』 

怪作『ザ・ワールド・イズ・マイン』の著者、新井英樹がコミックビーム誌に連載中の『SCATTER (スキャッター)』を本屋で衝動買い。

 『SCATTER(1)
「セックスしなくても死なないけど
 セックスしたって僕らは死ぬ
 働かない僕でも 今を生きてるけど
 働いたって僕ら必ず死ぬ」
 (by 教授)

イイよね。吐き出したかったんだろうね!セリフに体重乗ってるよ!

『ザ・ワールド・イズ・マイン』にシビれてからしばらくはさすがに重くって『キーチ!』とか『シュガー』あたりをスルーしてたんですが、表紙と帯にオーラをビンビン感じて即購入。
……まだ第一巻ですが、これは裏『ザ・ワールド・イズ・マイン』になり得る作品かも、というのが最初の印象。

『ザ・ワールド・イズ・マイン』は20世紀末の虚無的な空気を巧みに描いた破壊と再生の物語だったのに対し、今作『SCATTER』のテーマはズバリ「性」
新井英樹といえば『いとしのアイリーン』を引き合いに出すまでもなくモテない男の鬱屈した衝動を描かせたら日本屈指の実力者であるが、その新井英樹が描き出す21世紀型ともいうべき最新型の絶望をベースにしたセックス神話である(またかよ)。

ジェンダーフリーなバツイチ女編集者(自称:おまんこ持ち子持ち痔持ちの編集者)「沢田和美」と、変態ニートオタク青年「久保ヒカル」の出逢いが描かれる第一巻。それと並行して描かれる宇宙から飛来した(?)謎の物体と不可思議なレイフ゜事件の頻発。このヒグマドン的な正体不明なモノのおかげで現時点で先の展開がまったく読めない。


ただこのニート青年「久保」を描写する得も言われぬリアリティは凄いの一言に尽きる。
ぶっかけ願望のある童貞という「ぬえ」のような存在を生々しく描き出す作者の才能が恐ろしい。

この「久保」青年は『BOYZ4MEN(B4M)』という非生産・反セックスを掲げる「童貞ニートチーム」を仲間四人で結成し、妹にも蔑まれながらオナニーと思考停止と現実逃避で日常をやり過ごす。

まさにネット掲示板でみかけるマジレスなのかネタなのか判別不能な「女不要論」を地で行くB4Mメンバー。掲示板の「名無しさん」が4人に集約されたような感じだが、弁当工場でブラジル女とデキたメンバーの1人は内緒でそれなりの性生活を営んでいたり、すでに反セックスという題目は自分の「女性恐怖」の裏返しにすぎないことは明らか。
B4Mの活動に邁進する奴、ブラジル女とやってる奴、やりたいけど女性恐怖が強い奴。そんなメンバーのなかで久保は「ぶっかけ」という変態性への憧れを強くし、ついにそれを実行する──


これは現実に「キモメンオタク童貞ニート」な人にとっては相当にヘヴィな内容かも。思いっきり大笑いするか、核心を突かれすぎて死にたくなるかのどちらか。
自嘲能力があれば手にとってもいいが、少なくとも煽られ耐性がない人は絶対に読むべきじゃない一冊です。
[ 2010/04/24 14:29 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/232-2d1b2a1e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。