スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

沙村広明 『ハルシオン・ランチ』 

『無限の住人』でお馴染みの沙村広明が描くギャグマンガ、『ハルシオン・ランチ』を買ってみた。

 『ハルシオン・ランチ(1)

この人のギャグを読むのは『おひっこし』以来だが、相変わらず細々としたネタを詰め込みまくってる内容。たぶん凄惨な時代劇を描いている裏で、暮らしていて目にするモノを自動的に笑い成分として抽出するように発達しちゃったんだろうな。

自分でも作中で書いてるけど時事ネタもブチ込みまくってるから風化が早い!連載中なのにすでに風化が始まっているという今時珍しい作品である。なんというか、卒業アルバムの後ろの方にある歴史年表で故・小渕元総理が「平成」っていう額を持ってる写真をみるような気持ちに似ている。

無駄にハンサムな中年ホームレス「化野 元(あだしの げん)」の元に降り立った何でも食べちゃう宇宙人少女「ヒヨス」が引き起こす騒動になんとなく巻き込まれてなんとなく馴染んでいく人たちのお話だが、読みながらツッコミを入れられるタイプの読者以外は楽しめない作風なので受け付けない人はまったく笑えないかも。
この作品の見どころは「ヒヨス」の嘔吐シーン…なのか?

食べたもの(人間とか)を生きたまま吐き戻すことができるが、必ずしも元の形に戻る保証はない…というクレイジー・ダイヤモンドみたいなヒヨス。複数食材の吐き戻し結果がどうなるかは映画「ザ・フライ」を思い出していただこうッ!

ハルシオン・ランチ01m (※ネタバレ防止でサムネだけモザイク処理してます)


デコ電+うまい棒+ドアラ+犬=?

ハルシオン・ランチ02

          ↓

ハルシオン・ランチ03

面白いのか面白くないのかよくわからんマンガだ。
しかし空想シーンとはいえ中国の都市伝説「桃娘(タオニャン)」が沙村絵で描かれるので嘔吐シーンも含めて二次元グロ系属性の読者は要チェックである。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2010/12/03 21:24 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/254-f37c987c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。