スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サガノヘルマー 『廊下者コリドラー』 

妄想の巨匠、サガノヘルマー先生のSF作品、『廊下者コリドラー』をそろそろ取り上げておかんと格好つかんじゃろ、のう?

 『廊下者コリドラー』
「兄ちゃんは本気かもしれないんだぞっ!!」

…なんというか、妄想がブッ飛んでて上手く説明できる自信がない。雰囲気だけでも伝われば上々。


物理法則を超越する「多次元方程式」なる机上の数式をもってあらゆる事象を実現する能力を持つ女子高生「八木みみこ」と、その能力によって謎の廊下に幽閉された兄「八木クチヒコ」の物語。

閉鎖された空間「廊下」の壁や天井からはみみこによって元の世界から飛ばされてきた生きた人間の腕や性器などが生えており、クチヒコは壁に生えた妊婦の乳で飢えをしのぎ廊下の謎を解明すべく計算を開始する…。

…というと一見シリアスなストーリーのようにも見えるが、「能力暴走を防ぐために近親相姦で欲求不満を解消させる」といった手段自体が目的を兼ねる誰も損しないエロ設定も。

掲載誌は「ヤングマガジン アッパーズ」だったのだが、この作品も後半は駆け足な感じが漂っているので例によって打ち切りっぽい。『ブラックブレイン』以降もサガノヘルマー作品に隙あらば登場するカルト宗教「エルマラ教」が顔を出し、終盤ではみみこの能力を新世界の創造に利用する目論見も明らかに!

もう思い切って永井豪の『バイオレンスジャック』みたいなサガノヘルマー集大成的オールスター作品を出すべき。

アガサ森田にもう一度会いたい。先生、期待してます。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
『コリドラー』第2話の表紙がかなりアシッドなんだぜ。

廊下者コリドラー
[ 2010/12/14 16:40 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/257-97dcf8fc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。