スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入江亜季 『乱と灰色の世界』 3巻 

忘れた頃に発売される、エンターブレインの単行本。いまイチオシのマンガ家「入江亜季」の『乱と灰色の世界』第3巻。

 『乱と灰色の世界(3巻)
「珊瑚 俺の子を産んでくれよ」

なんといっても今巻の主役は珊瑚。異論は認めない。

乱と灰色の世界3a 
人間界へ届け物に来ただけだった珊瑚ちゃんだが、そのまま漆間家で住み込みのお手伝いさん的ポジションに。

乱の兄「陣」を慕っている様子だったが、繁殖本能でキス魔と化した陣に選ばれこの表情。…可愛すぎる。

作中で唯一「恥じらい」を持つ女性キャラだけに、グッときた男性読者は多いはず!
…いや、もともと男性読者自体そんなに多くはないとは思うが。

いわゆる「萌え絵」ではないのに萌えざるを得ないという、高橋留美子の「らんま1/2」を思い出させる。



 乱と灰色の世界3b
そして乱が小学生であることを知らずに入れあげる性悪イケメン金持ちプレイボーイの鳳太郎が漆間家へ。

前巻で虫に取り憑かれた後遺症がどこまであるのか、そしてそれが彼の意識に関与しているのかどうかは未知数。

しかし家族は乱が家の外でも大人状態になって遊んでいるのを知らないはずなので、見方によっては小学生に惚れて結婚前提のお付き合いを申し入れてくる痛いオッサンともいえる。どこの源氏物語だ。



乱と灰色の世界3c 
そして乱の魔法を目撃しているクラスメートの日比(ツンデレ男子)が乱と鳳太郎のデートに乱入!

ここにきてようやく乱も日比に魔法を見られていたことに気付く。

しかし約束を破って日常的に魔法を使っていた手前、家族には打ち明けられず苦手な魔法教師「たま緒」先生に相談することになるが…?


てっきり前巻の「虫」が本筋としてストーリーが展開するものだと思っていたが、日常パートのできごとがほとんど。中にはスピンオフ短編といってもいいくらい漆間家に関係ない隣人の話があったり、入江亜季の気ままな作風は相変わらず。

それにしても、この作品を読むと男性読者をターゲットにした他のマンガいかに「独占欲」を満たすための構造になっているか気付かされる。男性向け雑誌でヒロインやサブキャラが性悪のプレイボーイに唇を奪われまくったら編集部に骨を送りつけられてもおかしくない(笑)

まあその点『コミックビームFellows!』誌連載ならばまさかそのような大人げない読者はおるまい。








鳳太郎は爆発しろ。
[ 2011/08/01 15:21 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/273-61e9d046













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。