スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本田不二雄 『へんな仏像』 

年々難しい本を敬遠するようになり、近年はマンガやモノ系雑誌ばかり読んでいる。そんななかで久しぶりに純粋な知的好奇心で手に取った書籍がコレ。

サイズは一般的な青年コミック単行本サイズ。コンビニの本棚に並んでいたので最初は「実録・都市伝説」とか「芸能界のタブー」みたいな与太話をまとめたチープな内容かと思ったのだが、シッカリした仏教知識・仏像研究に基づくマジメな内容だった。光沢紙ではないもののオールカラーで600円というお買い得な一冊。

 『【送料無料】へんな仏像 [ 本田不二雄 ]

この本ではおよそ60体もの異形の像が紹介されているわけだが、ハッキリ言って不気味であり、怖い。世に知られる有名な仏像というのは国内に残るうちの相当に洗練されたものの一部で、良くも悪くも仏教様式と美術品としての価値を同時に備えた「整ったホトケ」なのだと思い知らされる。

本書で取り上げられた像は目的も由来もデザインもさまざまだが、いずれも日本人がもつ根源的な「畏れ」から造られたであろうことは疑いようがなく、たまたま仏教の世界観からディティールを拝借しているだけで実はまったく違うものを見据えているように思える。
遠藤周作の『沈黙』や諸星大二郎の『生命の木』で描かれる「日本に持ち込まれた宗教がいつのまにか歪曲されていくさま」の一端を垣間見たような気分だ。

本書に登場する「ヒトガタの板きれ」や「巨木の形をそのまま残した円柱状の像」も技巧うんぬんではなく、祀らずにはおれない何かを宿しているように思う。

高野山が産土神から土地を借りているように、神仏共存が矛盾しない日本独特の風土が産んだ「人ならざるもの」を畏れ敬うという単純で直接的な生々しい信仰のかたちであろう。


内容を画像で紹介するとネタバレになるので控えるが、隠れキリシタンの「十字架を仕込んだ仏像」や豊穣と繁栄の象徴である「男根・女陰をかたどった性神像」などはあまり大っぴらにされない分野なので非常に興味深かった。
(一部、男女結合の瞬間を彫ったスーパーリアルな木像もあったが、あれは信仰対象というより当時の実用的なズリネタだったのではないかという気がしないでもない。)


とにかく一般人が見ることができない秘仏の写真も少なくないので、珍しい仏像に触れられる貴重な機会だ。社会科(歴史)の資料集を眺めるのが好きだったという人なら絶対楽しめるハズ。オススメ。

[ 2013/01/01 21:43 ] 旧校舎 文芸部室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/288-6473231c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。