RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO  

振り返れば3年連続でのライジングサン参戦。今年はヘブンズテントサイトを確保して公共交通機関&シャトルバスを利用。

テントサイト「タンチョウ」はヘブンズレストラン側(サンステージ正面)に位置し、悪くいえばどのステージにも近くないためか比較的不人気のサイトらしく、混雑して行列が居並ぶテントサイト券引換所でもほぼ待ちナシで即テントスペースを確保できた。「どうせ拠点には寝に帰るだけ」という人にはオススメ。

今年はベストアクトを選ぶのが難しいくらいグッドステージが多かったという印象。観覧ステージは以下のラインナップ。

【12日】
ONE OK ROCK
BABYMETAL
LIFE IS GROOVE

ペトロールズ
岡村靖幸
布袋寅泰

SPECIAL OTHERS

【13日】
大森靖子
水曜日のカンパネラ(途中から)
大黒摩季
田島貴男
矢井田瞳
cero
THEイナズマ戦隊
ベッド・イン
GRAPEVINE
(以下テントで休息)


特に良かったものは赤文字にしてみた。ワンオクは去年のステージは「夜だったから客が疲れていてノリが悪かった」的なことを言っていたが曲目・歌唱は去年のほうが上だったような気がするし、客に支配力が及ばないからってヘッドライナーがあからさまにイライラしちゃいかんわな。
それに引き換えBABYMETALはパフォーマンスのエンタメ性と完成度で群を抜いていた。神バンドのブ厚い演奏も最高だったし『KARATE』の盛り上がりは半端なかった。

そしてムッシュかまやつの出演キャンセルが惜しまれるボヘミアンガーデンでのLIFE IS GROOVE。KenKenのベースと山岸竜之介のギターが超絶で踊りまくってしまった。自分の好きなベースとギターの音はコレだ、と確信した。もっと評価されるべき。

さらにお待ちかね、岡村靖幸。特にファンというわけではないので動物園の珍獣を観るくらいのノリで行ってみたら完全にやられた。ファンじゃない人間の心にまで勝手に押しかけてハートを届けてくるアーティストは多くない。隙あらば「北海道ベイベッ・・・」を連呼して結局ステージ中に40~50回は「北海道」って言ったんじゃないだろうか。

そしてキャンパーズ枠の大御所、布袋寅泰。BOOWY時代の名曲からソロ時代の名曲まで30代~40代には最高のラインナップで揃えてきた。スリルからポイズンの流れはアドレナリン出まくり。サウンドチェックマンがマイクの高さをメジャーで測ったりマイクテストで届かなかったりするさまで待機中の客は盛り上がった。


二日目は何といっても復活を遂げた大黒摩季。ベストアルバム構成といって差し支えないヒットソング連続熱唱でレッドスターフィールドに夏がくる。北海道出身ということもあって復帰ステージでの盛り上がりに感極まっていたがJ-POP全盛期のミリオン曲を山ほど持っている強みで夏フェス向きのアーティストだとも思った。

このあたりから疲労が色濃くなってきていたが、ボヘミアンで田島貴男、TAIRA-CREWで矢井田瞳をマッタリ聴いてceroへ。今回確信したけどレインボー・シャングリラはハコの中の音響が非情に悪い。低音がこもってステージに近い場所ほど曲を楽しめない。PA前で音質はギリギリ、いっそ外に出たほうが音もよく風もあって快適だ。

そしてライブハウス感のあるdef garageで観たベッド・イン。イロモノっぽいけど演奏力もあって曲もいいという新世代のパフォーマー。お色気とバブルギャグMCもあって面白さは随一。90年代J-POPの正統後継者といっていいキャッチーな楽曲に現代的な妥協のない演奏力を合わせたステージは、実は隙がない。予習ナシでも楽しめちゃうタイプのミュージシャンだ。

 Generations [ LIFE IS GROOVE ]

 BEST OF BEST 〜All Singles Collection〜 [ 大黒摩季 ]

 RICH [ ベッド・イン ]
[ 2016/08/19 11:16 ] 旧校舎 音楽室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/328-89dd4ec3