スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 感想 

 2017年4月2日(日)の夕方、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた。放送終了後に賛否両論が入り乱れるのはガンダムシリーズの常だが、今回も例に漏れず大きな話題になっている。



 最近とあるサイトで「創作物を減点評価で批評する不毛さ」をかいま見る機会があった。それを己の戒めとしつつ、しかし『鉄血のオルフェンズ』を観終わった率直な感想を記しておこうと思う。
 もはや「アリかナシか」という二者択一で作品を語るのはナンセンス。円盤の売上も消費者とのマッチングの成否を推測するデータに過ぎない。オリジナル作品はすべてアリというのが前提だ。


 しかしながらまず『鉄血のオルフェンズ』の脚本が極めて歪であると宣言しておかねばならない。というのも、そもそも鉄血世界が歪なものとして設定されており、歪な世界を管理する装置がギャラルホルンだからだ。妙な言い回しになるが、実際そうなのだから仕方ない。

 最終話の後半でようやくギャラルホルンが「現状維持のための暴力装置」ではなく「時代の要請に沿って世界の在り方を調節する機構」であることが視聴者に明かされた。
 つまりギャラルホルン自体は鉄血世界の現実を映す鏡に過ぎず、歪な世に合わせて腐敗しているだけで、必要があればいつでも本来の役割を果たす組織ということだ。

 結果的に視聴者が「ギャラルホルンを打倒すべき敵であるかのように見せる」というミスリードに引っ掛かったような構図だが、この結末は

ギャラルホルンはその存在目的ゆえに
いかなる行動も罪に問われない


という超越的な特権の上に成立している。内部監査はあれど、所詮は身内での話。クーデリア暗殺計画や歳星での弾圧、アインの人体実験、ハシュマル起動の失態、自ら封じた禁止兵器での民間人虐殺、ラスタルのダインスレイヴ自演など、作中で描写があった悪行だけでも非人道的な武装組織と言わざるをえないが、結局ギャラルホルンを咎め得る外的要素は最後まで存在しなかった。

 にも関わらず腐敗しているはずのギャラルホルンは暴走や独裁に走らない。四大経済圏からの極めて強力なシビリアン・コントロールが効いているという設定だそうだ。その理屈だと上記の非道行為は四大経済圏の文民が責任を負うはずだが、そんな様子は微塵もない。もっとも報道管制が徹底されているので、ギャラルホルンの行状を知るのは犠牲者と視聴者のみである。

 結論としてギャラルホルンは

作品世界の理不尽と脚本の破綻を封じ込めて
これと決めた着地点に問答無用で落とし込む装置


に過ぎなかった。そこにキャラクターや組織としての自我はなく、脚本の都合と作品世界に片足ずつ軸足を置き、作品内外において生ずる疑問や矛盾をギャラルホルンという組織の異常性に収束させて整合性を調節する。無罪特権と退場回避は、制作サイドから与えられたその対価だ。だからこそギャラルホルンという組織から離れたキャラクターはその特権をただちに剥奪される。マクギリス・ファリドとガンダムバエルはその典型だ。

 (※長くなったので以下追記)


 先にギャラルホルンの行状は犠牲者と視聴者のみが知ると書いたが、それを内部から目撃して決起するマクギリスは鉄血シナリオ上に発生した特異点といえるだろう。創造主たる脚本家の分身、「神の実子ギャラルホルン」と「養子のマクギリス」は相容れない。

 この脚本家とギャラルホルンとの癒着を認識したマクギリスはアメコミキャラの「デッドプール」に似ている。演者が舞台上の自分と客席を自覚する、いわゆる「第四の壁」を突破したロボットアニメを自分は『戦闘メカ ザブングル』以外に知らない(あれはメタなギャグだが)。

 だがマクギリスはギャグで済まさなかった。ギャラルホルンが脚本の装置に過ぎないことを看破し、自覚的に脚本に反旗を翻した初めてのキャラクターだと自分は見る。このギャラルホルン(神の代弁者)とへその緒で繋がっていないステータスを「オルフェン(孤児)状態」と呼びたい。

 そう考えるとマクギリスがアルミリアを娶りキマリスを倒してボードウィン家を潰したのはガエリオをセブンスターズ、ひいてはギャラルホルンから切り離す儀式として機能する可能性を秘めていたはずだ。カルタ・イシューも鉄華団ではなくギャラルホルン在籍中のマクギリスが直接剣を交えて生死不明ステータスに追い込んでいれば二期で復活していただろう。
 カルタが瀕死状態であってもビスケット死亡の手打ちさえできれば蒔苗とクーデリアの口添えで鉄華団の保護下に置く展開もあり得た(個人的にはカルタ姐御にはネェル・アーガマで雑用係になったキャラ・スーンのようなポジションに収まっていて欲しかった)。

 つまり一期マクギリスは従順にラスボス候補を演じつつ、「セブンスターズ復活特権」を逆手に取ってガエリオとカルタがオルフェン状態になることに賭けていた。実際、二期で復活したガエリオもヴィダール仮面でいる間はギャラルホルン所属ではないため脚本に束縛されないオルフェン状態を維持できていた。
 しかしマクギリスが脚本装置ギャラルホルン体制の革命を宣言した途端にボードウィン家の呪縛に屈してあっさりと脚本側の尖兵に堕ちるのである。


 ここにきて初めて『鉄血のオルフェンズ』における敵味方の線引きが明確になる。すなわち、

脚本&ギャラルホルン同盟
      vs
マクギリス派&鉄華団(+視聴者)連合

という図式である。


 ラスボス候補だったマクギリスが脚本を向こうに回して戦うなら、頼るべきはギャラルホルンによって犠牲者を出しながら視聴者と同じものを見てきた鉄華団をおいて他にない。決起後のマクギリスの妙なハイテンションを視聴者が疑問視する向きもあったが、自分を男娼の境遇に置いた脚本家とそれに加担する組織から離脱した解放感と高揚感たるや、想像を絶するものがあろう。

 マクギリスが阿頼耶識手術を受けてバエルを確保したのは厄祭戦を直接終わらせた機体という戦績とギャラルホルンの象徴という「勝ち組設定」を逆手に取った妙案。そのうえで阿頼耶識持ちパイロットが多数在籍し、かつガンダムフレーム近代化改修機を3機所有する鉄華団と組めば設定上は負けるはずがない戦力だったはずだ。少なくともハシュマル戦までは阿頼耶識&ガンダムフレームの優位性を圧倒的なものとして描いていたのは脚本側なのだ。それを根拠にすればガンダムフレーム4機による天元突破で一気にラスタルの首を取る「頂上作戦」も充分成功が見込める。

 しかしギャラルホルンを離れたバエルはその魔法が解けて骨董品MSになり下がり、マクギリスに与した鉄華団のガンダムフレームもその圧倒的なはずの優位性をことごとく剥奪される憂き目に遭う。逆に宇宙でのアリアンロッド艦隊戦では阿頼耶識なしのジュリエッタに強烈な補正がかかりバルバトスを足留めしつつフラウロスの狙撃を妨害。機体は大破するも生還&即復帰という脚本からの祝福を得た。

 ガンダムフレームを圧倒的なものとして描き、4クールにわたってその設定にふさわしい実績と説得力を積み上げてきた当の脚本サイドがマクギリス鎮圧のために基本設定をひっくり返した。そしてガエリオは主人公のように振るまい、マクギリスは無能な愚者として描かれて死に、最終決戦は公式バランスブレイカーのダインスレイヴで決する。

 この「なりふり構わないマクギリス潰し」の代償は「これまでのエピソードは何だったの?」という視聴者の困惑とガンダム作品としてのレギュレーション(遠距離攻撃が困難なことによるMS戦の意義)違反を生み、放送終了後の大顰蹙の一因になった。
 『鉄血のオルフェンズ』という作品が途中から「キャラクターと脚本の戦争」に変化していることを意識して視聴しない限り、マクギリスが絶望的な覚悟と自己の存在を賭けた末に破滅するカタルシスは永遠に理解されない。

 「幸せに本物と偽物があるのか」というマクギリス最期の問い。この二択に自信満々でジョーカーを引いたガエリオが自分には滑稽であった。偽物を本物と信じて疑わず踊らされたのはどちらか、出自だけが二人の運命を分けたこの結末をどう受け取るべきか。マクギリスの誤算は「さすがに終盤で大きな設定変更するほど恥知らずではあるまい」という脚本への過信、それだけであった。

 余談になるが、鉄血のオルフェンズ最大の被害者は誰かというと、実はイオク・クジャンだと思っている。彼は軽率で愚かだが性質そのものは悪ではない。むしろカリスマ性と行動力は作中トップクラスで、脚本を動かす起点として大いに機能し作品への貢献度では間違いなくMVPに輝く功労者だ。

 視聴者と鉄華団から強い恨みを買いつつも脚本との盟約によって生存を約束されてきたが、最終話で唐突に見捨てられて戦死する。徐々に潰れゆくコクピットの中で、イオクはこう叫んだはずだ。

エリ・エリ・レマ・サバクタニ
(神よ、神よ、なぜわたしをお見捨てになったのですか)  ──マタイによる福音書

 それまで不死属性にあったイオクが殺された理由は、脚本への逆賊マクギリスが討たれると同時にバルバトスとグシオンリベイクの弱化補正が自動的に解除され、大破しながらも本来の能力を取り戻していたことによる。
 さらに脚本の優先事項はすでに鉄華団の壊滅にはなく、最終着地点に向けた次のフェイズに移っていた。そして最終着地点への地ならしとはセブンスターズの解体とギャラルホルンの改革(脚本との契約更改)に他ならない。

 自身がセブンスターズであっても脚本の流れに逆らわず身を委ねたガエリオとラスタルは死ななかった。イオクが生きていようが死んでいようがセブンスターズ解体シナリオは成ったと思われるが、愚直に脚本に忠誠を示すキャラであり続けるあまり潮目が変わったことに気付かず脚本から半歩取り残され、うっかりアキヒロに接近しすぎたのが運の尽き。
 脚本への貢献度にも関わらず、視聴者の鬱憤を晴らすだけの役を演じさせられたイオク。ハシゴを外された彼もまた「偽物の幸せ」を掴まされたオルフェン状態となり、道化としての無残な最期を用意されたことは皮肉だ。



 最初に書いた通り、オリジナル作品はどんな展開も基本的にアリだ。某マンガ家はブログでギャラルホルンと鉄華団の関係を共同体単位での文化衝突を緻密に、そして厳格に描き切ったとを絶賛していた。それについては読めばほとんどの人が納得できるはず。それはいい。

 ただし視聴者の多くがガンダム作品、そしてオルフェンズに期待していたものはヒロイズムすら犠牲にした作劇ではなかったように思う。なぜならガンダムフレームという野心的な試みを取り入れ、実際に途中までは虐げられた者が世に立つ英雄的な物語として描き視聴者の意識を誘導したのが他ならぬ制作側だからだ。
 これが中古の型落ち量産型モビルスーツを魔改造して運用する程度の愚連隊が死ぬべくして死ぬ物語であれば、また別のロマンとカタルシスがあったと思う。少なくとも「脚本に楯突いたから負けた」という印象はなかったはず。

 そして『鉄血のオルフェンズ』を語る際によく取り沙汰されるキーワード「ライブ感」。それ自体は計算式に変数を導入するようなもので善でも悪でもないのだろうが、結果的にそれがマクギリスが脚本に造反する脇の甘さに繋がり、ジュリエッタの描写内容とスペックの齟齬を生んだと思う。
 物語の硬直化を避けてダイナミズムを与えるという可能性は感じるが、きちんと手綱を握って整合性をコントロールしないと簡単に視聴者を置いていく。宇宙ネズミを生贄にギャラルホルンが世界を変革するにしても、視聴者のヘイトを意図的にラスタルに集めておいて完全勝利させるという手法は何度観ようと10年後に観直そうと、不愉快なものは不愉快なのだ。ライブ感の結果を「そういう作品」として開き直るのであれば、こちらはもう何も言うことはない。苦々しくも受け入れるのみだ。
 それよりもマクギリス潰しに執心しすぎて物語を破綻させた責任をラスタルとジュリエッタに押し付けたように見えてしまうことのほうがモヤモヤする。



 上に長々と書いたマクギリスが神(脚本)に挑んで敗北した説は、雑に打ち捨てられたヒロイズムのやり場を自分が求めたためでもある。
 マクギリスは無謀と知りつつ『ベルセルク』におけるゴッドハンド、『ジョジョの奇妙な冒険 第四部』の吉良吉影(バイツァ・ダスト)、『装甲騎兵ボトムズ』の異能生存体キリコ・キュービィに対してたった一人で挑んでいったようなものだ。
 狂戦士の鎧もスタープラチナも持たず、頼みのバエルは塩の柱にされ、全能力低下のステータス異常を引き起こされて散った。そんなマクギリスを無能と叩くのは酷というものだろう。

 いつかマクギリス・ファリドが再評価されることを願って、これで終わりとする。

[ 2017/04/28 13:30 ] 映画・アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/337-6667f587













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。