スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上條淳士 『SEX』 

正直にいいます。リビドー溢れる高校時代にタイトルに惹かれて買いました。が、内容は普通のロードムービー的なドラマ。当時はちょっとガッカリしました。そんな思い出深い上條淳士『SEX』

 (←新装版 全7巻)
「これで共犯だ…」(作中より)

寡作で知られる作家ではありますが、極めてイラスト的な画風にヤられた読者も多いはず。江口寿史・大友克洋のタッチをよりスタイリッシュに昇華した絵柄はその後の田島昭宇らに多大な影響を与えています。
シャープな陰影がついた精密な背景と、「極限まで線を減らすことを意識した」という人物が見事にマッチ。独特の空気感が魅力の作品です。

実はこの作品、かつて大型版で1・2巻が出版されながらも3巻以降は出ないまま13年たってやっと現在の単行本サイズで再出版されました。近年ではIKKI連載の『フリージア』などが同じ運命を辿りました。洋楽新譜CDがリリースから半年後にボーナストラックを追加した完全版として再リリースされるのに似て、ファンなら買い直さざるを得ないユーザーには甚だ迷惑な話です。

単行本化の際に描き直しが多いことで知られる上條淳士だからかもしれませんが、1・2巻でのキャラクターの印象が3巻以降ではずいぶん違っててビックリしました。


ストーリーはユキ・カホ・ナツ(それぞれ単行本1・2・3巻の表紙のキャラ)の3人を追う、それだけの話…。面白いか、と聞かれても「読んでみれば?」としか答えようがない。面白さよりも「好きか嫌いか」で測るマンガです。
沖縄でヤクザを向こうに回して商売をするユキとナツ、ナツは幼馴染であるカホに再会し、居られなくなった沖縄からカホの住む福生へと逃亡する…。
一応魅力的なエッセンスが豊富なんですが、ハードになりそうな話に反してバイオレンスアクションとは対極の位置に向かう物語。

米軍基地のある(フェンスのある)街を舞台に描かれるロードムービーとでもいいましょうか、一応沖縄からの刺客も来たりライバルであるヒガとの対決もあったりしますが、もうひとつ盛り上がりにかけるのは作家の個性というかシュミなんでしょうね。このわざと温度を下げる感覚は他の作品にも共通しています。そう考えると出世作『TO-Y』は少年誌での連載だったし、相当頑張って盛り上げたんだなぁ。

それだけに読み返す頻度はそれほど高くありませんが、マンガの「コマ割り」「線」「演出」などに興味を持ち、それ自体も楽しめる人には自信を持ってオススメできる作品です。


FC2ブログランキング参加中
[ 2007/12/17 14:32 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(7)

495ブスでも諦めないで!!☆

227友達に教えてもらって知ったトコらケド、恥ずかしがらないで!(゜O゜;)・:*:・:*:・:*:・:*エチとかオナニってみんな興味あり笑☆UU☆笑
ココhttp://w-master.net/se/ハマってます(∩゜∀`∩)
[ 2007/12/16 18:44 ] [ 編集 ]

だといいね

だといいね
[ 2007/12/16 22:39 ] [ 編集 ]

ごめん

その返し方…
大好き♪
[ 2007/12/25 01:14 ] [ 編集 ]

だとよかったのにね

エチもオナニも是非諦めて!!(聖☆オーラル学園 校歌より抜粋)
[ 2007/12/25 20:45 ] [ 編集 ]

(ノ´∀`*)テヘッ

ついにコレやっちゃった……
http://lppulu.net/sexd/ylbtv/
[ 2008/02/15 17:34 ] [ 編集 ]

疲れる

>ことみさん
コメントありがとうございます。
私より先にご両親(ブタ)に報告しましょうね。
[ 2008/02/16 14:39 ] [ 編集 ]

マンスジ星人

>よっしぃさん
「喰い込んでたくせに」の意味がわからない。意識しすぎです。
僭越ながらマンスジの喰い込みと所得は無関係かと存じます。
[ 2008/02/16 14:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/35-497cd6f2













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。