スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アディダス 『Alledo quattro』 

アディダス製の「雪上用ナイロンブーツ」とでもいいますか、そういう類のスニーカーです。正式名称は『Alledo quattro』だったと思います。たぶん。
ネットオークションではあまり名称が知られていないためか、このシューズの最大の特徴でもある機能『アクアプロテクト(AQUA PROTECT)』が俗称となっております。

adidas_humei02adidas_humei03adidas_humei01adidas_humei04

一応よく見ると3本線もあってアディダスだと主張していますが、一見しただけではあまり気付かない。どちらかというとサロモンのようなウインタースポーツ系ブランドっぽいデザインになっています。サロモンは1997年~2005年の間はアディダス傘下だったので、その間に作られたシューズだと思えば確かに合点がいくところ。

マイクロペーサーと同じようにカバーの内側にあるシューレースで締め付け具合を調節します。外側のベルクロ状になったカバーはリップストップナイロンのようです。コレ自体は薄いのですがベルクロテープの厚みと硬さのせいか、はたまた運動性を妨げないための意図された遊びなのか、足の甲の形状に対するフィット感はあまりありません。カバーはあくまで雪の侵入防止です。

「画像1・2」で確認できる通り、『AQUA PROTECT』というタグがついていて防水性を表しています。防水とはいえ水中をザブザブ歩けば構造からいって浸水すると思いますのでおそらく雪上で使用するぶんには濡れない程度の防水性、ということだと思います。


さてその履き心地ですが、なかなか良いです。…といっても用途がハッキリと決められた靴なので実用面での評価が主です。
「画像3」のように×字型のソールパターンと、その交差部分に打たれたゴム製の特殊なスパイク(灰色のピン)が威力を発揮し、「圧雪路面」では圧倒的なグリップを感じることができます。驚くべきことに圧雪路面上であれば雪を気にせず夏場と同じ感覚でのダッシュが可能です。

「凍結路面」までいってしまうとグリップ力もさすがにだいぶ失われますが、それでも普通のスニーカーに比べれば安定感はかなり上だと思いますし、革のブーツよりは遥かに軽く、柔らかいのも強みです。

ヒールにアディプリーン(adiPRENE…衝撃吸収・着地安定)、フォアにアディブリーンプラス(adiPRENE+…衝撃吸収・蹴りだし力の増強)、またトルション(TORSION…足裏のねじれ防止システム)まで搭載されていて、マイナーなモデルの割には豪華な装備です。

近年製のアディタンジェント(aditangent)と共通したソール形状、そしてインソールに記されたADVENTUREの文字どおり、ADVカテゴリの製品です。
機能面ではその名に恥じない充実ぶりですが、デザインで敬遠する人も多いはず。
カラリングには「オレンジ」と「灰×黒」「灰×赤」の3パターンがありますが、この中から選べというなら「強いていえばオレンジ…」といったところ。他カラーはあまりにモビルスーツ然とし過ぎますので…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中
[ 2007/12/21 14:30 ] スニーカー紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/36-e815b8c2













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。