スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

τレナτレナ糸扁 

案外]″─」レ〒″・/丿ィス″のコラム(聖☆オーラル学園 給水塔)のリインカーネーションです。


それはどもりの金色の雑音です。
導入したいと思うので、私の最も良いあいさつは2008年にさえ「都市伝説」をできるだけ導入します。
特に殴っていなかったので、新年に適当な「都市伝説」について考えましたが、それは安全な「もの」に行きました。それは「それを無視して、それを無視する」ことです。 「前置きですが、今回は長くなりました。」

「それを無視して、それを無視してください。」全国を通じて存在していて、住民登録が学校に主としてあります。 したがって、多くの話が存在していますが、基本の話はそのような感じです。



東京の高校に行ったAはサッカークラブに属しました。 それは毎日、毎日、厳しい練習で一生懸命働いていました。そのようなもののAが心配して、方法を持っていなかったくらいの1つがありました。

少女は習慣時点で見る3階の左からの教室が校舎で上である秒からある人と遊び場を見ています。 私は、少女には全く光景のそばの知っていることがありませんでしたが、それがいつもここを見たと思いました。
クラブ活動の仲間が例の「少女」の話をしているのを聞いたAは、「皆は通知されました」と考えて、それが自分自身のを奪われた気持ちになって、近い五十音はある日の楽しみです。
「その少女はだれのものを見ていますか?」という話になるとき、近くにあるように考えました、「それが私であったなら、良いです」と言って。


季節は経過しました、そして、暑い日は夏に続きました。 クラブ活動は残りの熱のため早く終わりました。 友人とともに帰り始めたAは後ろからしていた状態で残っているものに気付きました。 教室に戻って、後に残されたものが見つけられて、戻ったとき、Aは例の「少女」のものを思い出しました。
Aは、3階まで上がって、少女が存在した教室に向かいました。 教室に到着するとき、入り口から内部に覗き見したとき、窓の近くで遊び場を見ていた少女が薄暗い教室にいました。
Aが声を掛け始めたとき、私の目は疑われました。

少女のウエストからの下が全くありません。 少女は彼女を支持しました。ウィンドウ・フレームの肘とそれの両方が付きました、そして、上側のボディーだけのボディー(?)は支持されました。Aが途方に暮れていた状態で立ち続けるとき、少女はゆっくり振り向きました。

少女は床に落下するとき(?)がともに手渡す左、およびアプローチA.で行われたHaihaiを作ります。Aは慌てて逃げ出しました。
しかしながら、少女の動き速度に見る間に速くアプローチします。 破れかぶれになって、逃走した少女は、ほとんど・考えないことによって、校舎を出かけさせました。・ ・ ・ 直後、および後部でついに見られた友人の起源を後ろにもたれさせたAにアプローチしました。
しかしながら、少女の外観が全く何処にもありませんでした。


"Hanako"は、上手に「トイレ」をベースにするパターンを持っていて、この他、「下半身」を必要とするパターンを持っています。話。
そのうえ、また、前の材料の話も有名です、そして、「それを無視して、それを無視してください」というこの話は世界に広くよく知られています。
一般に、あって、言われていて、前の材料はこの話です。



それは冬至の北海道で起こるある事故の話です。
また、非常に寒かったときに、日に雪が降っていました。 視点は、前方にまた、また、プレートのように列車の運転手で彼の目を非常に狭くして、見ました。
しかしながら、外での進出にアプローチしたとき、強い衝撃を受け取りました。 急ブレーキは慌てることでした、そして、掛けられた列車は止められました。 「あふれ」て、考えられて、外で進出するのに返されたドライバー。

ボディーがウエストの近くの2における右に切られた女性はそこに横たわっていました。
それが来ようとした時はほどなくして、そして、キャリーへの救急車です。それ、メンバーによる女性。 まさしくそのである女性は声を出して話を始めました。 それは、皆が非常に驚いていましたが、まだ息を持っていた女性を急ぎながら、病院まで運ばれました。
女性は、「どこに、私の下半身がありますか?」ともっとも、運ばれて、あった緊急手術か存在時点の女性が死んだという何回をも尋ねているように思えました。
それは「しばらく、もののそばで低温がある列車とものの非常に鋭いホイールで切れるのにおいて、傷は凍るかもしれません、そして、出血死から逃げます」でした。 「医師の話。」


それは非常に鋭い刃物類であるかもしれません、そして、既に、温度がどのように通常低くて、賢明な読者の様々な兄であってもボディーがまさしく2で人工のaであるなら、死にます: 彼は、それに気付くと考えますが。
そして、話、「両足はShinkansenによってももから切り取られましたが(もちろん、それは自殺の目的でした)、それは数時間生きていました」がそうであった、: 確かに。
しかしながら、話はそれとこれへの別です。 ボディーが切られるならだれが生き残らないかは、ハズです。 それが力「21さん/さん」であるなら「医学の竜」を組にすることであるかもしれないときに、不可能は不可能です。

「それを無視して、それを無視してください。」しかしながら、考えが「医学の証拠」が必要としなかったa翻訳、材料の前のなどが好きであるのでそれが「都市伝説」に言われている、この話は一般的であり、「それを無視して、それを無視する」これらが「下半身」を要求するということです。
それがそのような怪談の1つを紹介するので、そこですが、都市伝説分野の「定説」に批評するというわけではないすべての自然には話がありません。



30 40年は現在、前のの評判です。
それは国鉄(現在、「JR」があるということである)時代に起こった出来事です。
国鉄の重要な仕事の1つには、線路の維持チェックについて何かがありました。 (もちろん、そして、現在。)
終列車の後の2、3の2人の人を線路を歩く事故があるかどうか確認するのは、仕事です。

また、1日はいつも線路を歩きました。 何かは、線路にステーションがあった後に残り時間およそ1時間でそれが歩く時を横たわらせていて、隣のステーションと共に中央が指すアプローチを横たわらせています。 アプローチして、しばしば見るとき、それは男性の上側の身体でした。 明らかに、それが列車にひかれたとき、下半身は見つけられません。

死体が集められないなら次の日の操作を妨げるので、1人の人が駅まで行きます、そして、支援は呼ばれます。 (それは無線電信さえ配列されない時代です。 自然である、携帯など ・・・)別人は場所に留まりました。 左の1人の人が夜中に1人の人がステーションとそれに面しているとき、死体が歩き始めるのと同じです。
それは快い方ではありません。 そのうえ、同僚は2時間以上戻りませんでした、そして、雪が降りさえしました。

「思うとき、音が人が歩くところにあります」欠ける。 ..ポストそれをマッサージしました。「仕事。」
考え、「あなたは既に戻りましたか?」ですが、それは早過ぎます。 付近がよく調べられても、だれもいません。
考えられたので、臆病に私を笑いました、そして、「どうにか」、それはタバコに点火しました。
その時でした、そして、「何かを引きずった音」は今回、明確に聞かれました。 徐々に。approach.When、男性は、一目が以下に動かされたと本能的にほとんど叫びました。 死体はここに向かって進められます。
「それは考えられましたが、存在の死体はここに向かいます」 怖くなった男性は近くの電柱を登りました。
下の方を見るとき、上側のボディーだけの死体は電柱を変えます。 男性は、黙認して、同僚が戻るのを待ちました。 それは死体が私の下を動き回る音を知ります。

もっとも、時間がどれほど経過したかが理解されていないか否かに関係なく、東の空は徐々に明けています。 彼が電柱を滑降させることへの音について聞いていなかったので、同時に、男性はそれを作りました。
同僚が支援を取るので、現在の出来事は話されました、そして、ほどなくして戻りましたが、信じているのは可能ではありません。
死体が再び調べられるとき、確かに、それは死んでいます。 しかしながら、何かが動き回ったマークは男性が登り続けていた電柱の環境に雪の上で残っていました。

私がこの話を聞いたのは、小学生でした。 個人的に、この話がいつで前の材料であるかが良いという考えが「それを無視して、それを無視する」ということです。
しかしながら、追いかけるものがそのような個々の事情と無関係にどこかの今日の学校のだれかであったかもしれないなら「それを無視して、それを無視します」。
それは苦労外観です。 ..(笑い)。


[ 2008/01/07 21:01 ] カオス | TB(0) | CM(11)

メッセージをどうぞ
[ 2008/02/16 22:14 ] [ 編集 ]

ほう、

やるじゃない。
[ 2008/02/17 01:10 ] [ 編集 ]

出会い系・アダルトスパム広告を弾くために、 httpやそれに関連する言葉を禁止ワードにしています。
URLを記載する場合は先頭のhを抜いてください
ゲッターコメやらネタバレも荒れるので適当に消します
記事と関係ないコメント、管理人への苦言等はメールフォームでどうぞ。

当分の間は、コメント承認制にします。
[ 2008/02/17 20:59 ] [ 編集 ]

ゲゲーッ!?

>コメントを投稿 さん
コメントありがとうございます・・・もとい、こっちのセリフだと言いたい。
誰か自分のブログと間違って書き込んだ?
誰が他人のブログからわざわざコピペした?
目立ちたくてわざと間違えた?
スキン小僧が!気に入った、幼稚園からやりなおしていいぞ。
[ 2008/02/18 04:25 ] [ 編集 ]

新たな手口だな☆
[ 2008/02/18 16:06 ] [ 編集 ]

すまん。
他人事で恐縮だが、ワクワクせざる負えない☆
[ 2008/02/19 00:29 ] [ 編集 ]

最近思うがブログのテンプレートの種類によって届くスパムコメントの送り主が違うような気がする。
このテンプレにしてから短文すぎてシゴき(PT)甲斐のない文が多くて困るよ。
[ 2008/02/19 01:12 ] [ 編集 ]

×→せざる負えない

○→せざるを得ない

隙だらけですぜ、旦那(´∀`)
[ 2008/02/20 20:30 ] [ 編集 ]

せざる負えない。よ~し覚えたぞ。

PACK YOU♪ ( σ゚∀゚)σ
[ 2008/02/21 00:46 ] [ 編集 ]

ブログ未更新の人より…

フヒヒwwww

サーセンww
ブロッケンの旦那、アザーッスww

チョー、ベンキョーニナッ…

ごめん、途中から「自分自身」に殺意を覚えた
[ 2008/02/21 23:05 ] [ 編集 ]

をかわりィ♪

フヒヒwwww

サーセンww
ブロッケンの旦那、アザーッスww

チョー、ベンキョーニナッ… よ~し覚えたぞ。

PACK YOU♪ ( σ゚∀゚)σ
[ 2008/02/22 09:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/42-c63a6a92













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。