スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長谷川裕一 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』 

先日、なんとなくノスタルジーで『機動戦士ガンダム F91』を鑑賞したところ「今観ると案外面白いじゃない、ということでオーラル学園本校に週7日勤務する視野狭窄気味の熱血教師はちみつ氏より劇場版の後日談が語られるこのコミック版を借り受けた。長谷川裕一『機動戦士クロスボーン・ガンダム』ぺす。


機動戦士クロスボーン・ガンダム(1) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(2)
機動戦士クロスボーン・ガンダム(3) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(4)
機動戦士クロスボーン・ガンダム(5) 機動戦士クロスボーン・ガンダム(6)
「木星のあやまった指導者クラックス・ドゥガチを倒すこと!
それが甦ったクロスボーン・バンガードの目的なのです!」

(作中より)

劇場版「F91」で描かれたコスモ・バビロニア建国戦争から10年後を舞台にした正統な続編…いやむしろこっちが本筋といった趣。戦乱を生き抜いたシーブックとセシリーがその後どのように生きていったのかが語られますが、コミックでは新たな主人公としてトビアという少年が宇宙海賊クロスボーン・バンガードに身を投じる場面から物語がスタートします。

それにしても前作の主人公がサブキャラとして登場するという状況は何故こんなにも燃えるのか…。ガンダムシリーズ以外にも『ロードス島戦記』でも味わった感覚です(←懐かしい…)。
※ガンダムSEEDディスティニーの旧主人公が新主人公を食うという快挙は記憶に新しいが、あれは笑うしかない。


さて、コミック版でまず目を奪われるのはその絵柄です。80年代後半~90年代初頭、といった感じのオールドタイプのアニメ絵です。線もペンの引っ掛かり具合がわかるほどで、トーンの削りも荒々しく、ホワイト修正もそこだけ浮いているかのように場所がわかります。アナログ絵の見本市として、マンガの描き方・手順を知りたい人には勉強になるかも…。

使われているトーンもちょっと古い感じで竹宮恵子のSFやあさりよしとおを髣髴するようなハッキリした階調を多用する印象があります。そういえばSFブームで『トップをねらえ!』が流行った前後にSFマンガも多産多死した時期があったような…。だから当時のテクニックを帯びてるのかも。
あと笑わせるコマでのキャラのディフォルメが吾妻ひでおっぽいと感じたのは私だけでしょうか?

絵は確かに好みが分かれますが、古い絵柄とは裏腹に見せ方が巧いのか何なのか、なかなかどうして読ませる作家です。期待以上でした。

物語は宇宙開発のフロンティアである木星が突如反旗を翻し、木星帝国を打ちたてて地球を滅亡させる野心を抱くというもの。これがなかなか思った以上によくできたシナリオで、アーサー・C・クラークの古典SFに通じるテーマを含んでいます。主人公トビアのガンダムパイロットらしからぬポジティブさが無ければ非常に重たい作品に仕上がったことでしょう。

はちみつ氏クラスのガンダムファンじゃければこの作品を知る機会もあまりないと思いますが、本作からさらにあとを描いた続編も出たことからファンの間では評価が高かったんだと思います。機会があれば一読をオススメします。





FC2ブログランキング参加中
[ 2008/01/19 04:25 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(2)

俺にも語らせてくれっちゃ☆

長谷川先生は漫画が上手い。

ガンダムを題材にした漫画は腐るほどあるんですが、ここまでスピード感があるガンダム描けるのは先生だけなのでは?と思ってます。

ストーリーも読ませる!
映像化作品の隙間を埋めつつ、長谷川節全開♪

惚れた女の為に全てを捨てて戦う漢達・・・
泣けるぜ☆

是非アニメで見たい。あとユニコーンも。
[ 2008/01/20 01:55 ] [ 編集 ]

ネオニートさん、コメントありが‥‥あれ?はちみつか。

そう、クロスボーンは少年誌的なアッパー感は確かにあったし、結構読みやすい。

他のガンダム系コミックって何だっけか?オレが思い当たるのは安彦ガンダムと美樹本エコール‥‥。たしかにどっちもイラスト畑だしなぁ。

確かに映像化して欲しいが、『F91』の興行成績不良もあるし、難しいだろうなぁ・・・。
なるとしてもユニコーンのほうが先だろう、おそらく(笑)

もしユニコーンのサイドストーリーを描くマンガが出るならミリタリー漫画の神、「小林源文」にマンハンターや袖付きの話を描いていただきたああああい(哀号)。
[ 2008/01/20 14:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/49-b933a8fb













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。