スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

浅野いにお 『ソラニン』 

初のマンガ紹介は悩みましたが浅野いにお『ソラニン』(全2巻)に決定。
 (←全2巻)
「・・・逆らってみるかぁ。流れに。
    ・・・でももう、『次』は無いぞ、俺。」
(作中より)


私の本棚には数少ない「青春ラブロマンス」です。作者の持ち味でかなりの部分に小ネタが入っているせいでところどころ「ラブコメ」化してますが、本筋的にはかなり青~い、ズバリな青春路線です。

学生時代特有のお馬鹿な生活を空気レベルで再現させたら、現時点でこの人の右に出るものはないんじゃないだろうか。
実は地続きだった「学生時代」と「社会人である現在」、その狭間で揺れる主人公とヒロインの恋愛は後先を考えない学生時代から後先が見えない社会人時代へと移り、不安定なものになっていく過程が切実に描かれていくさまに同世代ならば確実に共感するところがあると思います。
ただし、同世代以降で迂闊にも共感してしまうとアンデッドにホイミをかけるようなダメージが降りかかること必至。映画『アイデン&ティティ』でも同質のダメージを体験できます。


ちなみに私の好きなバンド『ゴメスザヒットマン』もコレと同じく「大学生気分」を想起させてくれるので『ソラニン』みたいな雰囲気が好きな人にはオススメ。

←ゴメスザヒットマン『omni』


FC2ブログランキング参加中
[ 2007/11/09 21:11 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/5-5c58b0f3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。