スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

島本和彦 『アオイホノオ』 

楽屋ネタだって大好物な伊藤(仮)です。今回の獲物は今までピックアップしなかったのが不思議なくらいの大作家、島本和彦『アオイホノオ』。久しぶりに大笑いしたので早速レヴュー。

 ←アオイホノオ(1)
「漫画業界全体が甘くなってきている!」(作中冒頭より)

『紙の砦』に始まり『まんが道』、『サルまん』、『燃えよペン(吼えろペン)』、『げんしけん』、『刑務所の中』、『失踪日記』などなど、いつのまにかマンガ製作現場側の人生や生活そのものがひとつのジャンルになってきていますが、その系譜に連なる最新作。マンガ界が大きく胎動する80年代を回顧する内容のため、当時をリアルタイムで体験しているオールドファンのほうがより楽しめる内容。

本作を読んでいて何が楽しいかって、サンデー系列で現在大御所になっている作家が実名でガンガン登場するところです。今でこそ島本和彦も作品が映画化したりする大家ですが、当時学生だった島本が単なるイチ読者としての視点であだち充高橋留美子へ向ける評価があまりにも「おまえ何様だ」ってくらいに偉そうで、このシーンだけでも一読の価値はあり。

単行本のオビには引き合いに出されたあだち充高橋留美子から熱烈なコメントが寄せられています。


あだち充 「放課後、体育館ウラにおいで。」

高橋留美子 「ショックです。そんな目で見られていたなんて。」


一応冒頭に丸々1ページ使った大文字で「この作品はフィクションです」との注意書きが付いていますが、読者は誰一人としてそうは思っていないでしょう。ここは暗黙の了解ってことで。
主人公が『新世紀エヴァンゲリオン』で名を馳せた庵野秀明や後のガイナックス社長と同窓である点も凄く興味深いです。エヴァがいかにして生み出されたかという資料的なものに期待してはいけません。ただただかなりの変人だったことが窺えるのみの内容となっています(笑)


オーラル学園内でもはちみつ伊藤(仮)は初期段階から島本和彦の洗礼を受けております。伊藤(仮)にとってはアスキーから出ていたオムニバス短編集『ワンダービット』で衝撃を受け、次いでサンデーの『炎のニンジャマン』における破堂大のオリジナル忍法「恐怖!カラダ手裏剣!」で完全にノックアウトされました。授業中にこっそり回し読みしていて数人が噴き出して結局没収と相成った罪深い作品。
 ←(まさか復刻するとは・・・。)

『アオイホノオ』を読んで島本和彦の初期作品に興味を持ったら是非手にとってみていただきたああああい(モズグズ)。


FC2ブログランキング参加中
[ 2008/02/20 01:25 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/64-2b8c0923













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。