スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

丸尾末広 『パノラマ島奇譚』 

先日ヴィレッジヴァンガードへ立ち寄った際に丸尾末広『パノラマ島奇譚』を発見しました。


大君は逝く よき世は逝く 我も逝く いざ楽園へ(作中より)

原作は言わずと知れた江戸川乱歩。コミックビームに掲載されていたのは知っていましたがいつのまにか単行本になってました。

綺麗な装丁で結構な厚みもありながら価格を980円に抑えたエンターブレインに拍手。
丸尾末広の絵柄が絶妙な時代感・雰囲気を醸し出しています。しかし正直なところ、普段の丸尾末広のアングラな内容に慣れてしまっているせいか、『パノラマ島奇譚』は内容的にちょっとパンチが弱く感じてしまいました。

江戸川乱歩ファンや、丸尾末広の絵は好きだけどグロ描写が苦手という人にはオススメです。


FC2ブログランキング参加中
[ 2008/03/09 20:56 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/73-3a77da18













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。