スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花輪和一 『刑務所の中』 

一時期センセーションを巻き起こし映画にもなった獄中マンガ、花輪和一『刑務所の中』


「銃砲刀剣等不法所持 火薬類取締法違反で
 チョー役三年 誰が? おれが えっ うそみたい」
(作中より)

青林堂でも大御所といえる地位にある花輪和一。趣味が高じての改造銃所持が銃刀法違反のカドで逮捕・起訴され懲役刑となり、その獄中生活を克明に綴った価値ある一冊。

逮捕懲役といっても別に誰かに危害を加えたわけでもないので当然被害者も存在しない単なる法律違反なわけで、懲りはしたけど自責の念などまったく感じられない。刑務所内部を純粋な興味から取材した、非常に楽しめる内容。

獄中は自由の制限と厳しい規律によって管理されるとはいえ、思った以上に衛生的だし飢えることもなく健全そのもの。作中でも呟かれるように、確かにこれでは犯罪被害者は報われないかも。
しかし客観的に眺めると刑務所独特のルールや登場人物が興味深く、下手なギャグマンガよりも面白い。

最近は無差別殺傷事件も多発し、いつ被害者になるかわかりませんが、逆に「チカン捏造事件」のようにいつ加害者にされるかもわかりません。
そんな世の中ですから、周防正行監督の映画『それでもボクはやってない』とあわせてこの『刑務所の中』を一度読んでおくのが現代人の嗜みではないでしょうか。


FC2ブログランキング参加中
[ 2008/03/29 22:09 ] マンガ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oldskool.blog38.fc2.com/tb.php/85-fcf6aad6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。