スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX 

年明け早々にオーラル学園メンバーで集団自決する計画だったが日程の都合上ご破算になったカルト映画鑑賞会。
そのとき選ばれたタイトルがHDリマスタリング上映されたアレハンドロ・ホドロフスキー監督による1973年の作品、
だった。


 『【送料無料】アレハンドロ・ホドロフスキー DVD-BOX

あらすじを読んだだけで「錬金術」とか「不老不死」だとか「賢者」だとか、オカルティックで大好物なキーワードがゴロゴロしているじゃないの。これは観たかったなぁ…と思っていたらやっぱりDVD化したのである!

しかも『エル・トポ』も一緒になったDVDボックス!単品でも発売されるらしい。
ながらく廃盤になっていたDVDだけに、今回は欲しがるコレクターも多いんじゃないだろうか。

 

こ…これはもうポチるしかねえッ…!



って思ったんだけど、どうやら過去にリリースされた『アレハンドロ・ホドロフスキー デラックス DVD-BOX』なる完全受注生産(廃盤)があるらしいじゃないか!とりあえずジャケットの絵が最高だと言っておこう。



もちろんこっちはリマスター版じゃないので映像的には劣るかもしれないが、こっちにはタロットカードコレクターとしても名高いホドロフスキー監督が監修したタロットカードが特典として付属しているらしい。

よりオカルティックな雰囲気のするデラックス版のほうにフラフラと引き寄せられるものがあるが、いかんせんプレミア価格が付いているので手が出ない。
今回のリマスター版のリリースで首尾よくプレ値が崩壊したら伊藤(仮)は断然コッチを狙う構えってことで夜露詩句。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2011/01/28 23:04 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)

『G'zOneスマホ』登場? 

G'zOne Type-X』がリリースされたし、どうやら『G'zOne Brigade』の国内リリースはなさそうだ…と思って諦めがつきかけた頃になってカシオめ、またやりやがった。ミルスペック(?)スマートフォン。

またしても北米でのリリース(予定)。ニックネームはまだ不明だが型名「C771」、FCC ID「TYKNX9320」という機種らしい。

NEC_CASIO G'zOneスマートフォン

さすが『G'z』。最初からゴツさを許されているメーカーはデザインからして違うな。docomoの『Xperia arc』の反り返ったようなデザインは新鮮だと思ったが、こっちはもう完全に目指してる未来が違う感じ。

現状では国内スマホに興味はなく、Type-Xも端末が安くはないので急いで機種交換する気にならない。
万一この端末が日本でリリースされるにしてもまだまだ先の話なので、とりあえずはCASIOもちゃんとスマホ開発してるのがわかっただけでも良しとしよう。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2011/01/09 19:48 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)

G'zOne Type-X 

キター!ウワサの新型『G'zOne』は北米版の「Rock」でも「Brigade」でもなくコレでした。

G'zonetype-x

それにしてもモビルスーツ的というかモーターヘッド的というか、全キャリア合わせても最近珍しいゴリゴリのデザイン。痺れるぜ!
はやく実機に触ってみたいものだ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2010/10/18 14:23 ] 番外企画 | TB(0) | CM(6)

G'z One Brigade 

チクショウ…チクショウッ…!
納得いかないや!なんでCASIOはこういう端末を北米でしか出さないんですかッ!


 【CASIO G'z One Brigade】
G'zOneBrigade

耐水はもちろんのこと、G-SHOCKのノウハウを全部ブチ込むMILスペック(米国国防総省規格)準拠の耐衝撃・耐塵・耐振・耐湿・耐塩害・耐日射仕様。

日本のガラパゴス携帯は中身に余計なコストをかけまくってるけど、やろうと思えばこういうハード面での「全部入りケータイ」も作れるんじゃん。
SIMロック撤廃されたらメーカー直販で売ってくれるようにならないかなぁ…
[ 2010/09/15 14:03 ] 番外企画 | TB(0) | CM(3)

ニューバランス 『MT703XG(MT703GH)』で登山。 

先日、登山用の靴を新調(※元記事)したので試し履きに行ってきました。
ニューバランス製『MT703XG(MT703GH)』のレビュー。

MT703XG使用 ニューバランス『MT703XG』

とにかく軽い!登山のイメージが変わるほど軽い。
そしてクッションがまさにニューバランスのスニーカー的な抜群の履き心地。今回は登山道の大半が腐葉土でフカフカだったけど、アスファルトや岩など堅い地面の上ではヒールから着地するとグニャっと沈み込むような感触。これはたまらん…。

三段山
山頂にて。天気は曇りだったのでもっと寒いかと思ったが速乾素材の長袖二枚重ねで事足りた。

三段山山頂遠景
奥(中央)にあるのが上ホロカメットク山。

富良野方面
富良野岳方面にターンライト。わかりにくいけど下の方で煙を噴いている所が「安政火口」。

美瑛方面
十勝岳方面にターンレフト。下から雲がわいてきてこの後マヌーサ状態に。硫黄臭がする。


実際に使ってみての感想は、軽くて履き心地もいいけどソールが柔らかいので何となく頼りない感じはある。今回は特に問題なかったのでそのうち慣れるかも。細かいところではこの太さに波のあるシューレース。決めたところでビシッと縛ることができ、まったく緩まないので調節しやすくていい感じ。

トゥの補強パーツは頑丈だが、アッパーメッシュ(赤紫の部分)の耐久性はやっぱり若干不安。刈られた笹の先端がこっちを向いているとちょっと気を使う。

あと、これは試着段階でわかると思うけど足首のくるぶし周りのホールド感が独特です。下り坂では干渉するのでこの感触が苦手な人は気になるかも。またソールが柔らかいので指の付け根部分にアッパーが触る感じも少々ある。まあ擦れて赤くなったりするわけでもないので気にしなければそれまでだが、厚みのあるソックスにしてみたり、来年は色々試してみようかと思う。

  ブログランキング・にほんブログ村へ 
ブログランキング参加中
[ 2010/09/13 23:13 ] 番外企画 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。